FC2ブログ

指導姦ZERO

2021.01.31

作:BANG-YOU
レーベル:株式会社ジーオーティー GOTコミックス「指導姦 DAY AFTER」に収録(作品紹介ページ

同人・商業誌で掲載していた女性スポーツ選手(全員引き締まった体をしてお腹に筋肉がついています)とその男性コーチのHを描いた指導姦シリーズの1作品。続き作品ではなく、各話完結の短編集です。

【あらすじ】
日本を代表するショートカットの女子陸上選手・神門美郷。鍛えまくって絞りに絞った体ながらも出るところは出ており、人当たりもいいところから絶大的な人気を博す彼女ですが、自分を指導する男性コーチ(短髪の筋肉マッチョ)だけは生理的に受け付けずいつも彼につらい言葉で当たります。コーチは陸上界のホープである彼女の機嫌を損なうわけにはいかず、ストレスで数日寝込んでしまい、後日体調が回復するも声の調子がおかしいことに気づきます。現場に復帰したコーチに対し美郷は機嫌の悪そうな表情で「なんだ。辞めたと思ったのに」と言葉をもらします。その言葉に腹を立てたコーチは思わず女子更衣室に入って、美郷の下着のにおいを嗅ぎ、自慰を始めるのですが、その自慰を美郷に見られてしまいます。首だと思ったコーチは思わず「これはお前のコンディション把握に必要なことで」と子供でも引っかからない出まかせを言いますが、美郷はその言葉を信じてしまいます。

更衣室を急いで出たコーチはその後原因を考えいろいろ試してみた結果、自分の言葉を聞いた人の常識や認識を変換できる力を持ったことに気付くのでした。

【操りのポイント】
声による常識変換物。コーチはその後、コンディション把握として美郷に椅子に座らせ、脚を広げさせるとともにセパレート型のユニフォームの上着をめくらせおっぱいをさらけ出させます。さらにトップアスリートはコーチのあそこからたんぱく質を摂取していると認識を変換させ彼女にフェラをさせます。さらに特殊なマッサージと称して、コーチは彼女にあそこをくぱあと開かせるよう命じ、自分のアレを美郷のあそこに挿入して彼女の初めてを奪うとともに、世界に勝つためには激しく動かさないといけないと誤認させ彼女の中に中出しします。そして訓練の名がついた調教は続き、スタートの練習と称してバックから犯したり、ストレッチの効果を上げるためと称してバイブを挿入しながらストレッチさせたり、ドーピング検査の練習と称してユニフォームごしにお漏らしさせたりします。そして、電話越しやら録音でも認識を変えられることを知ったコーチは野外調教をさせますが、彼女の痴態が世間に知られることになり、コーチは記者会見を開くことになります。しかし、口元はにやりと笑っており……。

指導姦シリーズの他の作品を上げると、女性リレー選手にローターをあそこに入れさせながら走らせる話(指導姦ORIGIN),、成績が伸びない女性陸上選手が成績を伸ばすために凄腕のHな調教に耐える話(指導姦FUTURE)、水泳選手に対しコーチが体をほぐすためと称し催淫ローションでマッサージする話(指導姦AFTER)、箱根駅伝往路を制した陸上部の女生徒5人が温泉旅館内で凄腕のコーチに訓練として個別にHさせられたあと5人が並んでバックでやられる話(ゆけむり指導姦)、クラウチングスタート方式ではなく後ろから男にやられ男を膣圧で射精させたものからスタートできる短距離走に挑む女性陸上選手の話(指導姦CROUCHING)、ノーブラの上にあそこにローターを入れさせられ野外調教させられる女性陸上選手の話(指導姦OUTDOOR)、世界的指導者に指導してもらいたいために指導者の言いなりになり自分の裸を見せる羽目になった女性陸上選手の話(指導姦面接)など常識改変っぽい話もありますがこの作品だけ記載します。興味があったら読んでみてください。

あと、表紙裏のスペシャルゲストのAsh横島氏の1P漫画(指導姦ZEROの話の後のコーチの日常話)も操り的には面白かったです。また、2021年4月にピンクパイナップル作でエロアニメ化されるようです。1巻目は美郷の話のようです。
スポンサーサイト



ソードスクールハーレム 三大剣姫を催眠征服!

2021.01.24

作者:上原りょう
画:さとーさとる
レーベル:フランス書院 美少女文庫(作品紹介ページ

【あらすじ】
生まれながら剣や刀、槍など自分に見合った武器・守り刀を有し、その守り刀を鍛えたものにしかなれない王国きっての憧れの職業・騎士。その騎士を育成するための学園に通う木瀬航は先祖に王国建国の志士を持ち、知名度も抜群で非常に優秀な身体能力・状況判断能力を持ちながら、彼の出す守り刀は鉄や瓦どころか板すら切れないため「劣等刀」と周りから呼ばれ軽蔑されます。彼は自分に置かれた状況を理解し、おちゃらけた態度で学園生活を過ごします。そんな彼の前に現れたのは赤い髪をポニーテールにし、鳶色の瞳に、鼻筋が通り、唇は薄く、白のジャケットにミニスカートという制服を優雅に着こなした美少女、「龍頭の剣姫(ジャック)」ことシェアラ。シェアラの祖父と航の祖父が友人同士で二人とも幼馴染同士。学園内の生徒たちの中で彼女だけは彼を軽蔑せず、もっと真面目に鍛錬したらどうと説教しますが、航はそれをはいはいとかわし続けます。

そんなある日、以前シェアラにしつこく絡み乱暴しようとしたところを返り討ちにされ停学処分を食らった男子生徒たちが逆恨みとばかり剣を抜いてシェアラに襲い掛かる事件が生じます。それを知り合いから聞いた航はシェアラのもとに駆け付け助けようとしますが、1対複数ではあまりにも不利で、ついにわき腹を斬られてしまいます。自分のことを気にかけてくれたシェアラすら守れないことを恥じた航の頭に「どんなことをしても彼女を助けたいか」との声が響き、それを受け入れた瞬間、航はすくっと立ち上がり男たちを斬ります。すると男たちはなぜか航の思うがままに動いてしまうのでした。

【操りのポイント】
航の守り刀は、物を斬れない代わりに人の心を斬ることができ、斬られたものは彼の操り人形になってしまいます。最初は肉体操作中心で心や記憶は操作できませんが、作品の後半になると進化かなんかで操作できるようになります。また、航も何者かに操られたかのように人が変わってしまいます。主な攻略相手はシェアラと、目の覚めるような赤いルージュを引いたぽってりと肉厚の唇にざっくりと開いた胸元からあふれるココナッツのような爆乳にベージュのストッキング包まれた足も見事な保健医「闘槍の剣姫(パルチザンセミラミス)」こと鳳雅、金色のロングヘアに澄み切った青の眼差しを有し、学園一位の成績を有する生徒会長「登極の剣姫(キング)」ことユリスの3人。作中で操りがあったシーンを紹介します。

●男たちから助けてくれた航にお礼を言おうと近づいたシェアラに対し、航は刀で心を斬り、「俺を慰めてくれよ」と頼みます。するとシェアラは嫌なはずなのに「いいわよ」と口が勝手に動いてしまい、ジャケットを脱ぎ、90cmGカップの巨乳を彼の前にさらけ出してしまいます。そして航の嬲るような言い方に対しても、なぜか「うれしい」とスカートをめくり航の手をとって自分のあそこに誘導してしまいます。さらにパイズリを命じられ嫌々ながらもしているうちに、航が喜ぶ反応を見て体の中に不思議な熱と喜びがあふれ、自分の初めてをささげてしまいます。

●たまたま二人の絡みをみた鳳先生は彼の刀の能力に興味を持ち、研究したいと彼に薬をもって拉致します。目が覚めた彼はまた頭に聞こえる声に導かれて刀をだし先生のスキを見つけ斬った瞬間、鳳先生は彼の目の前で100cmJカップの爆乳をさらけ出し、まるで痴女のように彼を誘い出します(肉体のみ操作なので心では抵抗しますが)。彼の言葉に導かれ先生はスカートの中から下着だけ剥いで、下着を彼の目の前で開いて見せた後、スカートをめくり肉付きのよい膣肉を彼の目の前にさらけ出してしまいます。その後、フェラをしたり、あそこだけでなくお尻の穴をほじられたり彼の攻めに不思議な快感を味わいだした先生は、ついに彼のあれを後背位で受け入れ全身が痙攣したような快感を味わって気絶してしまいます。

●ユリスはシェアラの身にに起きたことを知り、手袋を航に投げつけ決闘を申し込みます。何とか彼は抵抗するも、ユリスの学園1位の実力は伊達ではなく、さらに殺す気で襲い掛かってくる彼女の迫力に死を覚悟します。しかし、彼が最後のあがきとして剣を打ち合わせた瞬間、剣から特殊な力がユリスの体を通り、ユリスはひどい倦怠感に襲われ、航から「今日からお前は俺の女だ」と言われた瞬間、心では全く思っていないにも関わらず、誰にも見せたことのない笑顔を見せ、彼の言葉を受け入れ、彼に媚びてしまうような回答をしてしまいます。その後、キスや素股を命じられ、自分から喜びの声を上げてしまいます。そしてあまりの気持ちよさに潮を吹いてしまったユリスは騎乗位で初めてを捧げ絶頂してしまいます。

●鳳先生の命で体育館に呼ばれた学園内の女生徒20人に対し航は刀をふるい、「何があっても自然に受け入れる」と暗示をかけます。そしてシェアラ、雅、ユリスの3人に女生徒20人の前でパンツを脱ぎ、自慰をさせるように命じ(心は操っていないので必死に抵抗はします)、3人はみんなの見ている前で嫌なのに自慰をして、彼に抱かれてしまいます。

●生徒会の全員を操り、皆が見ている前でユリスはお尻の穴をいじられ、疼きに逆らえず絶頂します。そして同時間に別の場所にいたシェアラや鳳先生もなぜか突然お尻の穴がうずきだし欲情してしまいます。

●最後、航の頭の中に何度も問いかけてきた謎の人物の正体が明かされるのですが、その人物の力により学園内の多くの人物が突然集団乱交を始めだすというシーンがあります。

嫌なはずなのになぜか勝手に動いたりするということで心の反応と実際の動きのギャップを楽しむ作品だと思います。ただ、後半は航の催眠調教からもたらされる人外の気持ちよさに乱れてしまうという感じになりますが。

海の闇、月の影

2021.01.24

作:篠原千絵
レーベル:小学館フラワーコミックス 全18巻

【あらすじ・操りのポイント】
 双子の姉妹、流風(るか)と流水(るみ)。彼女らはピクニックで出かけた海辺の海岸である特殊なウイルスに感染します。ウイルスに感染した二人は月の満ち欠けで力を発揮し、空を飛んだり物を通り抜けたりしますが、その中で流水は人を自由に操れるウイルスを発せられるようになります。感染後豹変した流水は愛している当麻克之(克之は流風に告白済)を得るために人々を操っていきます。全18巻の作品です。アニメにもされました(全3巻のOVA)があまりあやつりはなかったです。

スプリンガルド異聞 マザア・グウス 

2021.01.17

原作者:藤田和日郎
レーベル:講談社モーニングコミックス「黒博物館スプリンガルド」に収録

【あらすじ】
19世紀のロンドンを舞台に世間を震え上がらせた連続殺人事件や謎の怪奇な事象を取り上げたシリーズ。今回取り上げる「スプリンガルド異聞 マザア・グウス」はその中で取り上げられた全3話の短編です。

大きなお屋敷の庭で本を読んでいた少年アーサーの前に破れまくった服を着た少女・ジュリエットがお屋敷の塀を乗り越え現れ、「どうしてもアーサーの家の屋根裏部屋に置いてあるものが欲しいので屋敷の中に入れてほしい」とお願いします。使用人の目をかいくぐり、お屋敷の屋根裏部屋に入った2人。アーサーはジュリエットに言われるがまま部屋にある山積みの鞄をあけ、ついにジュリエットは自分が探していたばね足がついた特殊な機械を探し出します。アーサーはジュリエットになぜこんなものを探していたのと尋ねますが、ジュリエットは自分を辱めた写真家ウィリアム・ホルムに復讐するためと伝えるのでした。

【操りのポイント】
ウィリアム・ホルムが催眠術使いです、ジュリエットがアーサーに話した彼女の過去のエピソードの中で嫌々ながら親の命を受けホルムに写真を撮られることになったジュリエットは、いつのまにか自分からだんだんと服を脱ぎだし、嫌なはずなのにカメラを撮っているホルムの瞳を見つつ彼のオーストリアなまりの言葉を聞いているうちに何故か彼の言うとおりにしないといけないと思うようになってしまうというシーンがあります。そしてジュリエットが周りをみると彼女と同様にぼーとした表情の少女たちがいるのでした。

バネ足の力でホルムのアトリエに飛び込むことになったアーサーとジュリエット(変装済み)。最初有利に進めていたジュリエットですが不意に言った一言でホルムに正体がばれてしまい、にやりとわらったホルムが「服を脱がなくっちゃねえ」と囁いた瞬間ジュリエットは抵抗をやめ、指が自分シャツのボタンに向かい、ボタンをはずし裸になろうとしてしまうのでした。

うしおととら

2021.01.17

原作者:藤田和日郎
レーベル:小学館週刊少年サンデーコミックス(全34巻(本体33巻+外伝1巻)

【あらすじ】
恩施山覇風寺に父とともに住む蒼月潮(母はもう亡くなっていると父の紫暮から伝えられる)は勉強は国語以外不得意ながらも正義感が強く曲がったことが大嫌いのきっぱりとした性格でまわりからはいいムードメーカー。しかし、ある日、家の倉の中を掃除している最中、地下室の入口があることをしり、その扉を開けます。すると、そこには体に大きな槍を突きさされ、壁に張り付いてしまった人間の言葉を話す一匹の獣が。その獣はかつて、この寺に封印された凶悪な妖怪で、「この槍を抜いてくれたら、1つだけ願いをかなえてやるよ」と潮に言いますが、その言動から人を食べ物にしか思っていない様子に潮は扉を閉めます。しかし、妖怪の体から発せられた妖気により家の周りに他の妖怪が集まり、潮の家にやってきた幼馴染の中村麻子や井上真由子に襲い掛かります。それを見た潮は封印された妖怪に「槍を抜いたら助けてくれるか!」と問いうなずいた妖怪を見て槍を抜きます。しかし、その妖怪は、「誰が助けるか」と潮に襲い掛かります。が、潮の抜いた槍は人の魂を力に変え妖怪を封ずる「獣の槍」だったのでした。その後、色々あり、潮はその妖怪を「とら」と名づけ、人にあざなす妖怪と戦うのでした

【操りのポイント】
 第10巻
 獣の槍の正体、および死んだと伝えられる母のことを知るために、潮ととらは北海道のカムイコタンに向いますが、その途中で杜綱悟と名乗る、人間に災厄をもたらす妖退治を使命とする仏門の一派・光覇明宗で育てられた獣の槍伝承者候補に出会います。彼は伝承者候補の中で能力・法力ともにNo1の成績で、誰もが認める実力者なのですが、小さな頃、妹・純を自分の力のコントロール不足のせいで怖れさせてしまったことがあり心に隙があり、そこを妖怪につかれ、体をのっとられてしまいます。

 第20巻
 潮の通う学校に四国の香川から設楽水乃緒と名乗る少女が転校してきます。彼女は「お外堂さん」と呼ばれる箱に入った妖怪を使役する能力を祖母より受け継ぎ、人に祭られずはぐれたお外道さんを探しにきたのでした。最初、そのもつ能力により人から特別視されて育った孤独感から他人を拒絶していたものの、友人として接してくれる潮や麻子たちに出会い、少しづつ少女らしい感情を取り戻します。しかし、はぐれ外道が学園内のある人物に取り付いており…。のちに水乃緒や潮もはぐれ外道にとりつかれます

 第26巻~第27巻
 わだかまった陰の気より生まれた邪悪の化身・白面の者(九つの尾を持つ巨大な異形の白狐)は自分を封じる恐れのある獣の槍を持った潮が人間や妖怪の協力者を少しづつ増やしだし、脅威になってきたため、その関係を崩壊させようと、特定の記憶を食い尽くす婢妖をばらまき、人間や妖怪の記憶の中から潮ととらについての記憶だけを食いつくさせます。作中において、公園で潮と仲よく話していた麻子が、まわりに風が吹いた瞬間、潮の顔を見て「あなた、誰?」と問いかけたり、「えっ」と思った潮が、偶然そこを通りかかった友人に自分のことを聞きますが、彼らは潮のことを忘れてしまいます。さらに、一緒に戦ってきた妖怪たちも潮たちの記憶をなくしてしまいます。

 それまで順調に行きだし、あと少しで戦いが終わるといわんばかりのところでこれなんで衝撃は大きいです。しかも数秒前まで普通に会話しているはずなのにいきなり「誰?」ですから。

テレビアニメ版全39話はまだ見ていません。設楽水乃緒の話はないようですが。いつか見たいと思います。