最近始まった漫画ですが

2018.04.15

こんにちは。がるこじです。

アクションピザッツDXの5月号から連載がはじまったかわもりみさき「淫欲姫君と催眠王子」が催眠ネタ。

オタクだけれども催眠術を得意とし、自分を馬鹿にした女性を催眠でこらしめていた男性のもとに親友と喧嘩して出て行った女性(見た目痴女)がやってくるという話。タイトルにもある「淫欲姫君」が後ろ姿が出てきたところで1話目が終わります。なお、1話を見る限り催眠誘導は指を目の前で動かし相手を催眠状態にさせるというもの。ただ、作者の傾向からして、話が進につれて彼の催眠が暴走し、ハーレムになっていくという感じになりそうな気が。少なくとも痴女さんも催眠効いていなかったわけではないですし(自分にとってありえない催眠暗示だったので覚醒した)、あの暗示でなければ記憶を消されて主人公の前から去っていったはずだし。

たぶん単行本はでるまではやると思うので、雑誌も買いつつ追いかけていこうかなと思います。

あと、アニメでキューティーハニーが復活しているんですね。催眠ネタないでしょうか。ちょっとたのしみです。
スポンサーサイト

ラブメア♥

2018.04.15

原作者:赤月みゅうと
レーベル:テーアイネットMUJIN COMICS 全二巻(上下巻) (単行本紹介ページ 上巻 下巻

【あらすじ】
プリント回収をしただけでクラスメートに避けられるほど女生徒たちに嫌われている冠木旬(かぶらぎ しゅん)くん。それもそのはず。かつてクラスメートたちのアルトリコーダーを制覇したり(ぺろぺろしたり)、水泳中に更衣室に忍び込んでおパンティーをかぶったりくんくんしたりと前科たっぷり。そんな彼が休み時間中に校内を歩き回っているとそこに見知らぬ少女が学園内のいじめっ子からいじめを受けている光景が。間に入って少女を助けた旬に対し、少女は喜んで旬に感謝の言葉を言い、彼の家についてきます。
ラブメアと名乗る少女と意気投合した旬は趣味で漫画を書くのでそれを見せてあげると禁断の「クラスメートを題材にしたエロ同人誌」を見せます。するとラブメアの頭の上から1匹の羊が現れ、同人誌を食べてしまいます。「俺が長年描いてきたエロ同人を」と問い詰める旬に対し羊が目から光を発した瞬間旬は気を失ってしまいます。目を覚ますとそこは大きなお館でクラスメートたちが明度として彼に尽くす世界でした。

【操りのポイント】
旬が作った漫画の世界が現実化し、まわりがそれを受け入れるというもの。もちろんクラスメートたちがHな世界に巻き込まれます。簡単にどういう世界かを書いていきます。

 第一話
旬が大金持ちの末裔でお屋敷に住み、クラスメートたちが全員彼のメイドとして雇われ、彼に尽くす世界。委員長の山田柑那(カンナ)は旬の目覚めとともに朝フェラするわ、生でHしたり、幼馴染の桜は恥ずかしそうな表情するも彼とHし、アイドルの卵・白木杏は旬に気に入られようと自分からお尻を見せつけたりします。さらに旬は控室に向かい、ほかのクラスメートたちにもHな命令をしたりします。

 第二話
細菌テロで世界の男性が全員死滅し、旬のみがいる世界。担任の早川凜先生の指導の下、世界公認で性行為を題材にしたHな授業を受けるという話。
(ただ、これ以降も男性はまず出てこない世界になっていますが)

 第三話
女性が金を出して買春する世界になったらという話。下級生や凜先生、クラスメートたちが1回3万でHさせてもらえませんかと旬に頼み、最後には杏を通じ人気アイドルの「3CUTE」の3人が抱いてほしいと旬のもとにやってきます。

 ここまでが上巻でこれ以降が下巻です。

 第四話
旬が修学旅行先の温泉やホテルの部屋でみんなから誘われハーレムプレイする話。

 第五話
女性全員が裸あるいは水着で、おはようのあいさつがSEXの世界の話。つまり旬は委員長や杏に朝の挨拶をするたびにHをするという話になります。

 第六話
漫画でよくある女性が壁にはまってしまって抜け出せずHなことをされてしまうというシチュに対し、旬が調子に乗って男がはまるというシーンがあってもいいだろと漫画を描いてしまったところから、旬がトイレの壁にはまってしまってトイレに偶然やってきたクラスメートのみあとのあの2人にアレをしゃぶられ。かつ動けないところにやってきたハーフのアリスに顔面騎乗されるという話。

 第七話
旬の精液が飲み物と誤認される世界のお話。テニス部の朝練をしていた委員長はのどが渇いているのでとしゃがんで旬のアレをなめだし、杏や水泳部の広瀬さんたちにもせがまれ、ついには運動部の女生徒全員がやってきて……。

 第八話
小ネタ集みたいな話。まず、触られただけで絶頂してしまうほどのゴッドハンドを旬が持ってしまった世界の話、次に時間停止世界の話、最後にのあなどの幼めのクラスメートたちがなぜか旬の妹になり、近親相姦してしまう話。

第九話と最終話はラブメアとは何だったのかとかの話に移り、特に常識改変(最後にはありますけど)はなしです。

世界の常識が変わるというネタが好きであればおすすめ。個人的には大好きな作品です。下巻のあとがきで作者の以前の作品の「奴隷兎とアンソニー」でやりきれなかったネタを書きたいということでしたが、確かにそんな感じです(奴隷兎とアンソニーは近いうちにアニメ版も含め紹介したいと思います)。よく見たら男性全く出てきません。旬対複数の女性でハーレムのような感じです。

キャラ的には委員長のカンナさんがすげえエロくて性格もいい。で、この作品エロアニメ化しないのでしょうか。赤月先生の作品結構アニメ化されているのでこれのメイドのやつだけでもいいので見てみたいです。

催眠!!全裸学園

2018.04.07

原作者:奈塚Q弥(作者サイト
レーベル:テーアイネットMUJIN COMICS(単行本紹介ページ

【あらすじ】
かつて祖父が校長をしていたこともあり、校長の死後、元女子高で今でも女生徒が8割を占める星武新宿学園に中途で教師として採用されることになった高田大輔は出校初日、入り口で生徒会長の鷺ノ宮千歳に誘われ学園内に入ります。するとなんと女生徒たちが全員裸。男子生徒と教師(女教師含む)たちは全員着衣していても、女生徒たちが教室に入るなり当然であるかのように服を脱ぎだすその姿に驚愕します。実は亡くなった色ボケの校長(祖父)が学園内の女生徒たちに集団催眠をかけ、学園内では全裸で過ごすのがあたりまえと常識変換させてしまったのでした。
そんな中、学園一の巨乳の持ち主・落合愛から校長室の掃除を手伝ってもらえませんかと言われ校長室に入った大輔はそこで指を見つけ思わずはめてしまいます。しかし、それは学園内の女生徒たちを好き勝手に欲情させる特殊な指輪でした。

【操りのポイント】
全裸が当たり前という常識変換(外部の人は学園に入った瞬間、女生徒たちが全裸でも全然気にならなくなります)と指輪の催淫効果による欲情もの。基本的に1体多数のハーレム乱交になります。
1話では落合さんだけでなく、大輔を辱めようとする女生徒たちを欲情させ、2話では目の前を歩いていた女生徒や清純派の人気女優で学園に通う井草桃と面談H、3話では学園の新体操部の特別コーチとしてやってきた名門校の女生徒たちの純潔を奪い去り、4話では千歳を中心に話は進み、5話と6話は学園内の女生徒が次々と欲情するという話になります。

1冊丸丸このような話です。

ヤ・ラ・セ

2018.04.01

原作者:ISUTOSHI(作者サイト
レーベル:ワニマガジン社 WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL「エロいす」に収録(単行本紹介ページ

【あらすじ】
あるシステム会社にてコピー機でコピーをしている島村さん。彼女の前に同僚の男性社員・柳瀬君が「ちょっと マ〇コやらせてよ」と頼んだ瞬間、島村さんは「いいですけど手短にしてくださいよ」と社内でスカートをめくりお尻を突き出すのでした。
実は大事故で病院に担ぎ込まれ目が覚めた時から柳瀬君が相手にやらせてというと誰も拒まなくなり周りの人もそれが当たり前のように受け入れてしまうようになっていたのでした。そんな柳瀬君は帰宅中の電車の中で女性にフェラさせたり、社内で取引先との電話中にOLさんにフェラさせたり、みんながいる中で立ちバックしたり、OL2人を裸にさせおっぱいで顔を挟んだ状態で仕事をしたりとやりたい放題。
しかし、最初は喜んでいた柳瀬君は次第に結局これってオナニーとかわんないじゃないのかと不満を持ち始めます。そんな中大阪支社に出向していた社内一の美女・佐世さんが戻ってきたことからこの力を使おうとするのですが……。

【操りのポイント】
自分の言った言葉に回りが従ってしまうという作品。相手だけでなく周りの人も影響受けるというのがポイントでしょうか。短編なのであっさりと終わります。で、読んでいるときに思ったのですが柳瀬君の不満って起きるものなのかなあと。私がこの力持ったら満足しきれない気がします。絵柄も含めていい作品だと思います。

催眠学園2年生(小説)

2018.04.01

出版社・ブランド:パラダイム社 ぷちぱら文庫(作品紹介ページ
著者:布施はるか
画:大崎シンヤ

筆柿ソフトが発売したエロゲーのノベライズ作品。
あらすじについてはエロゲーと同様のため、エロゲ版の紹介ページ参照

【操りのポイント】
原作とは以下の点で異なります。
・1年生コンビが全く登場しません。そのため琴美の出番はかなり少ないです。
・千夏ルートは北条さんや伊沢さんまでは出てきますが、それ以上の水泳部集団催眠シーンがありません。
・ほのかルートは友人たちにも催眠をかけるシーンがあるのですが、動けなくさせるくらいです。
・綾香の運動部集団催眠も1シーンのみです。

ということで原作版から千夏、ほのかのシーンに集中させ抜粋させた感じです。
作品の容量からするとこの判断は適切ではないかと思います。