お久しぶりです

2017.02.12

こんばんは。がるこじです。

2017年になって初めての更新です。

昨年末に買った「炎の孕ませおっぱいエロアプリ学園」ですが
またクリアしておりません。回想シーンも今50%くらいです。
今のところの感想は、催眠ものとしてみると物足りないかなと思います。
全部終わってから更新したいと思います。

というかゲームも全然できてません。
軌跡シリーズもようやく昨年末に「碧の軌跡」を終わらせて
「閃の軌跡」に取り掛かったのですがまだ初めて5時間くらいです。
3Dの画面に慣れません。
「碧の軌跡」に催眠シーンがありますので後日書き加えたいとは思いますが
もう少しお待ちください。

あと、最近見た漫画での操りというかそういうねたを。

月間少年チャンピオンの千秋太郎「ヨメクラ」の最新話。
九尾さんの能力が操りっぽくていい感じ。
九尾さんにたらしこまれるシーンが書かれたのは四倉さんくらい
しかないけど、他のキャラが九尾さんの能力に落ちていくシーンが見たい。

コミックヘブンのKAKERU「天空の扉」の最新話のフィースさんの
隠された能力というのが洗脳としてみるとなかなか面白い。
(といってもこの作品自体に洗脳ネタが何度も出てきますけど)

あと、ゴラクスペシャルの佐野タカシ「今宵、妻が」に出てくる
長谷寺さんの言葉攻めを兼ねたレズエステシーンが結構好き。
吉田課長が長谷寺さんの言葉通りに妄想をはじめ、悶え、気を失うシーンはエロい。

それでは



スポンサーサイト

淫獣の運命 女教師→隣人妻→秘書→兄嫁【調教連鎖】

2015.07.26

出版社:フランス書院 フランス書院文庫(作品紹介ページ
著者:天海佑人

 【あらすじ】
 今までマルキ書房から4冊の官能小説を発行した二階堂乱雨という官能作家をこよなく愛する男たちが出てないはずの5冊目の官能小説を見つけそれを読んでみると作中で自分の名と憧れの女性の実名が書かれており、その女性が現実世界でも小説の内容通りに動いてしまうという話。短編集みたいな感じです。

 【操りのポイント】
 やはり、小説の内容通りに女性が動いてしまうシーンがポイントでしょうか。しかも女性たちは小説のことを知りませんので無意識にその行動をしてしまいます。
 簡単に作品の内容を書いていくと、親のクレジットを使い官能小説を読んでいた学生の榊原良太は本で読んだ通り、憧れの女教師・花田由香里先生から呼ばれ個人面談で2人きりになりアレをしゃぶられます。さらにその翌日には由香里先生が際どい服を着て生徒たちの前に立ったり、良太の命じられるがままローターをあそこに入れて授業を行ったりします。
 次に、30代の営業マン・正村隆史は隣人の高島陽菜が小説の内容通り家に彼を誘いHしてしまいます。さらに竹内俊一は同期で現在は秘書課に勤め、御曹司と婚約した桐谷恵梨香と小説の内容通りトイレで痴漢プレイをします。最後に田尻裕次は義姉で未亡人の亜沙美の字いシーンを覗いてしまい、最後には流れでHをしてしまいます。