VANPIRE MASTER ダーククリムゾン

2017.10.01

原作:高瀬美恵
画:うるし原智志(作者サイト
レーベル:講談社マガジンZコミックス

【あらすじ】
 世紀末、突然世界を覆い始めた霧。この霧と共に、人間世界に「高き者(クライアント)」と名乗る存在が現れます。人間は彼らには勝てず、食料になってしまったり、慰み者になっていきます。そんな中、人間とクライアントの混血児でヴァンパイアのシオンは相方の少女・レインと共に、旅をしながら2人の持つ力で次々とクライアントを封じていくのでした。全3巻

【操りのポイント】
 第1巻
 ある町のレコード屋を通りかかった2人はガラスの割れる音を聞き、店を覗いてみると、ヘレンという少女があるレコードのジャケットを地面に叩きつけていました。「何でこんなことをしたの」と尋ねるレインでしたが、ヘレンはなにもしゃべりません。ひとまず彼女が身を寄せている教会に彼女を連れて行き、神父さんに事情を聞いてみると、以前ヘレンは誰もがうらやむほどの美声の持ち主でしたが、ある日彼女の両親が何者かに殺され、自身も精神的ショックを受け声が出せなくなってしまったとのこと。しかし、ヘレンはショックではなく「魔物に声を盗まれた」と伝え、そしてそのレコードのジャケットに描かれているアシュリンがその魔物だとのこと。そこでシオンとレインは数日後に行われるアシュリンのコンサート会場に乗り込もうと打ち合わせをしますが、コンサートの行われる日にレインは何者かに連れ去られてしまいます。シオンはレインを探すも見つからず、アシュリンのコンサートが始まる時間が近づき、急いでコンサート会場に向かいます。

 そのコンサート会場では、大勢の観客が今か今かと熱狂の渦。そこにアシュリンが現れ、いよいよ待ちに待ったコンサートが始まります。そして、アシュリンが歌いだすと共に、観客をはじめ、街中の大型スクリーンを見ていたOLが、学園内の女子高生が、通勤途中のOLが、病人を看護していた看護師が、そして保育園の保母さんたちの目がうつろになり、まるで裸でいる事が当然のように大勢の人のいる前で服を脱ぎだします。そして、それを周りの男性達は、それをほほえましく見ています。その後、アシュリンの合図と共に周りの男達に抱き付き合い、歓喜の表情を見せHをする女の子達。それを横目にシオンはアシュリンのもとに駆け寄りますが、そこには身体に何かを埋め込まれて操り人形になってしまったヘレンの姿が。彼女は心の中では嫌と分かっているはずなのに、命じられるがまま手に持った剣をシオンに突き刺そうと襲い掛かるのでした。

 歌声に操られる街中の女性達の姿が凄くシュールでつぼに入ります。全員が裸になっているにもかかわらず何も気にしないシーンとか。二次元ドリームマガジンで催眠特集があった時にうるし原先生のポスターがついていたのですが、同様のシーンが描かれていて結構興奮しました。

 第3巻
 シオンたちが訪れた街。そこはクライアントに支配された街。その街に住む住民達はクライアントがならす鐘の音により人の行動が制限されているのでした。食事をはじめ、談笑、家事、そして性交までも。つまり、鐘の音がなるとどんな清純な人でも身体が疼きHをせずにはいられなくなるのでした。

 今見てもあまりの肌色の多さによお青年誌でもやれたなあと思いました。
スポンサーサイト

淫慾外道退魔伝 百鬼姫推参!!

2017.10.01

原作者:河本ひろし
レーベル:桃園出版TOENコミックス

【あらすじ】
 日本を恐怖のどん底に落すためにたまげた教の教祖・僕=イヤーンが数々の刺客を日本に送り込みます。そんな中、内気な覇王高校の2年生・神代蓮香の前にもその刺客が現れ、彼女は恥ずかしい姿をまわりの人達に見られそうになります。「いやぁーー」と叫ぶ蓮香の元に、突然古い本が落ちてきて、その本の文章を読んでみると、本の中から日本の危機に立ち上がるという守り神・百鬼姫が現われます。百鬼姫は、その刺客を倒すのですが、その後先考えない行動のためにまわりに迷惑がかかるのでした。ギャグ漫画。全1巻。

【操りのポイント】
 第2話
 百鬼姫を封じるためには百鬼姫が封印された本を持つ蓮香を虜にすればいいと、たまげた教は覇王学園に雨枝蘇牙郎という絶世の二枚目教師を送ります。そのハンサムぶりに色めき立つ蓮香のクラスメート達。雨枝は蓮香を虜にするために、体から特殊なフェロモンを発しどんな女でも思いのままに操ることができる「フェロモンタイフーン」を繰り出します。フェロモンの力にメロメロになり、猫のように先生のもとにやってきて甘えるクラスメート達。しかし、蓮香には何も変化なく、ならば「グレートフェロモンタイフーン」を繰り出し、男子生徒たちをも操るフェロモンを繰り出しますが、それも全く効きません。実は彼女には想っているひとがあって…。

 第5話
 百鬼姫の戦闘能力を解析し、それを基にたまげた教の研究者が作った少女・千鬼姫。彼女は、百鬼姫の数十倍の戦闘能力を有しているにもかかわらず、百鬼姫に勝てなかったため、百鬼姫や蓮香のことを調べ上げ、ある弱点を見つけ、蓮香の想い人・成瀬くんの家に向かい、玄関のチャイムを鳴らします。成瀬君は「どなたですか」と玄関に出てくるのですが、千鬼姫は「あなたのご主人様よ」と眼力で催眠をかけてしまい、僕に変えてしまいます。その翌日、目の前で、グラマラスな女性(当然千鬼姫)に向かい、「女王様~~っ」といちゃいちゃする成瀬くんの姿をみた蓮香は涙を流して、そとに出て行きます。データから、蓮香と波長を合わせれば合わせるほど強くなる百鬼姫は、蓮香と連携がとれなくて大苦戦になるのでした。

 第7話(あやつりじゃないけど雰囲気が好きなので)
 いつものように百鬼姫の前に刺客が現れます。今回の刺客はかわいい女の子の姿をしていました。その女の子・むっちゃんβのかわいらしさにびっくりする百鬼姫。しかし、彼女は戦闘能力はないものの、女性をその性技で骨抜きにしてメロメロにさせる対女性専用刺客だったのです。むっちゃんβの常識外のスピードから繰り出されるキス、乳吸い、性感のツボをおさえたマッサージなどの前に陥落寸前の百鬼姫。しかし、負けたくないと百鬼姫は切り札を繰り出すのでした。

D-Medal

2017.09.24

原作者:アシオミマサト
レーベル:ティーアイネット MUJIN コミックス「D-Medal」に収録
      (作品紹介ページはこのページからアシオミマサトのページをクリックしてください)

【あらすじ】
 7月4日、窓から女子高生たちのパンチラをみてよろこぶかねあき。そんな彼に対し少し前から付き合っている関西弁なまりのスポーツ少女・高田ましろは手に持ったカバンで頭を叩いてたしなめます。小言を続けるましろに対しかねあきは「なら1回やらせろよ」と言い放ちますが、顔をあからめたましろは別の話をしようとします。そんな態度にかねあきはもういいと学校から出ていきます。
 その日、不思議なアンティークショップにはいったかねあきは店員から「相手に渡すと性的関係を結べる」メダルとをもらいます。一度試しにましろに渡してみるのですが何も彼女の様子に変わったところがなくがっくりするかねあき。それと同時にメダルを落としてしまい廊下に転がるメダルを追いかけます。そこで彼は学園内のアイドル有未桃香がメダルを拾うところを見るのですが、彼女からの「これくれるの?」との質問に「あげるといったら」と返答した瞬間、彼女は微笑んでかねあきをあいている教室に連れ込み、上着を脱ぎだし彼を誘うのでした。

 そしてかねあきは桃香のほかに水泳部の未来碧と水着Hしたり、生徒会長と生徒会でHしたり、チアガールの2人と3Pとか、英語教師で爆乳のマーガレット先生と濃厚Hや保険医の先生と赤ちゃんプレイ、放送委員の女の子を寝取りとか欲望のままにHをしていきます。
 しかし、もらったメダルを使い切った瞬間彼に不思議なことが起こり……。

【操りのポイント】
 メダルをあげるとその相手は彼のことをよろこんで受け入れてくれるというもの。ただしましろには効かない(作品中にその理由は記載されています)。で、効果は1メダルにつき1回射精するまで。で射精後さらにメダルを出せはさらにもう1回喜んでHをしてくれます。また効果が効く女性は学園内の人に限る(作中で外のコンビニのバイトに使ってみるも効果がないシーンあり)。
 で、一番のポイントは「よろこんで受け入れる」というところでしょうか。メダルを渡した瞬間に彼とHするのが当然でうれしいことと思ってしまうのはいい感じではないでしょうか。

 この作品のあともう1つ重要なところはメダルを使い切る前と後ろでがらりと話が変わる点でしょうか。操り的には後半は厳しい(何点か操りはあるのですが)です。ずっと前半のノリを期待されるとガクッと来るかもしれません。個人的には後半の話も結構好きですが。

 女の子たちの変わりっぷりが好きなので良作だと思いました。

催眠エステ

2017.03.05

原作者:松任知基(作者ブログ
レーベル:G-WALK社ムーグコミックス ピーチシリーズ「催眠エステ ~いつも間にかハダカに!?」に収録

【あらすじ】
完全予約制の1日1組限定の催眠エステ「ヒュプノス」を開く男性・阿玲(ほとき れい)と彼のもとにやってきた悩みをもつ女性の姿を描いた作品。全3話。

【操りのポイント】
(第1話)
 結婚まであと半年と準備に忙しいOL西野春香さんは、何も手伝ってくれない婚約者の隆にストレスを感じます。そんな中、ネットで見かけた催眠エステの存在を知った彼女はプライダルエステも必要かなと試しに応募してみることに。そこで阿が調合した特殊なマッサージオイルで体中をマッサージされ、彼の口調に合わせてゆっくりと呼吸していくうちに彼女は阿の言葉に逆らえなくなり、彼のいわれるがまま自慰をはじめ、彼のアレが中に入り膣内射精されると、隆としたときとは比べ物にならないほどの絶頂と幸福感に襲われ気を失います。
 その後、彼との性交の記憶を消され家に帰った西野さんですが、阿の催眠暗示は彼女の中に残っており……。

(第2話)
 大学の入学式の帰りの電車の中で爆乳を男たちにもてあそばれ、それ以降家にこもっている水上早紀さんは、偶然スマホで見た催眠エステの広告をみて痩身エステをしてもらって胸を小さくしたいと思い切って応募します。
 しかし阿は彼女にみられれればみられるほどそこが乳首やクリと同じ感度になるという暗示をかけてしまいます。その後水上さんはノーパンノーブラで大学の構内を歩き男たちに見せつけ、濃厚なHをしてしまいます。その気持ちよさに溺れた水上さんはさらなる快感を求めほぼ裸同然の姿で駅のプラットホームに立ちますがそこに阿が現れ……。

(第3話)
 温泉にやってきた女社長・富田志乃と彼女の配偶者で副社長の直哉。直哉は志乃の不妊治療のために部屋に阿を呼びマッサージを依頼します。全身オイルマッサージをうけ瞳がとろんとした志乃に対し、阿は催眠をかけ、彼女を盛りのついたメス猫に変えてしまいます。志乃は頭の中ではわかっているはずなのに鳴き声しか話せなくなり、阿にお尻を向け誘ってしまいます。そして阿の言葉に導かれるがまま排卵していることに喜びを感じる志乃に対し、阿は主人に協力願いましょうと彼女の目の前に手をかざし暗示をかけます。すると彼女の前に直哉が現れますが実はその直哉は……。

全体的にバットエンド気味の作品です。3話は上記の文章のあともしばらく続くのですがオチが結構好きでした。
あと、催眠エステの別の話のプロットが作者のPixivで読めます。
 

陰陽夜話SEIMEI

2016.10.17

原作者:黒岩ヨシヒロ(作者ブログ
レーベル:双葉社アクションコミックス

【あらすじ】
ちゃらんぽらんなインチキ祓い師・安倍清明が偶然ご先祖様の式神「銀狐」を目覚めさせてしまった事から色々な怪事件に巻き込まれるという話。全1巻。

【操りのポイント】
第7話
 清明の下に娘が謎の居眠り病にかかってしまいお医者様も匙を投げた状態なのでなんとか助けて欲しいと依頼が入り、清明と銀狐は依頼者の所へ向かうのですが、そこに待ち受けていたのは1ヶ月以上の眠り続けているという女の姿でした。で、清明はしばし観察した後、肌がきれいな所から依頼者に「食事とか、トイレとかはどうしているの」と聞きます。すると、なぜか眠ったまま食事やトイレに行ったり、また監視の目をぬけてふらりと外に言ったりするとのこと。これを聞いた清明は、彼女を泳がせて犯人の居場所を探ろうとします。そして彼女が立ち上がり歩き出すのを見て2人は後を着いていきます。
 すると彼女はあるおんぼろアパートの一部屋に入って行きます。そこには見かけ25歳くらいの男が待ち構え、「脱げ」と口にした瞬間女は眠ったまま服を脱いで裸になり、「お尻をこちらにむけろ」との言葉のままにあそこを男に見せて男はねちっこく女の身体を触りまくるのでした。それを知った清明と銀狐は部屋に乗り込みますが、男は二人の存在に気づいた瞬間手に持っていた護符を突き出し、清明に見せると清明は突然眠くなり、気を失ってしまいます。
 男は女にフラれた悔しさから、偶然であった祓い師・芦屋道満から妖怪・えんらえんらの力を封じ込めた護符を買い、女を淫夢の世界に連れ込んで操っていたわけです。えんらえんらの淫夢の世界にとらわれた清明は銀狐をはじめ、今までであった美女達が次々と裸になって迫る夢を見て操られそうになります。