スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

催眠エステ

2017.03.05

原作者:松任知基(作者ブログ
レーベル:G-WALK社ムーグコミックス ピーチシリーズ「催眠エステ ~いつも間にかハダカに!?」に収録

【あらすじ】
完全予約制の1日1組限定の催眠エステ「ヒュプノス」を開く男性・阿玲(ほとき れい)と彼のもとにやってきた悩みをもつ女性の姿を描いた作品。全3話。

【操りのポイント】
(第1話)
 結婚まであと半年と準備に忙しいOL西野春香さんは、何も手伝ってくれない婚約者の隆にストレスを感じます。そんな中、ネットで見かけた催眠エステの存在を知った彼女はプライダルエステも必要かなと試しに応募してみることに。そこで阿が調合した特殊なマッサージオイルで体中をマッサージされ、彼の口調に合わせてゆっくりと呼吸していくうちに彼女は阿の言葉に逆らえなくなり、彼のいわれるがまま自慰をはじめ、彼のアレが中に入り膣内射精されると、隆としたときとは比べ物にならないほどの絶頂と幸福感に襲われ気を失います。
 その後、彼との性交の記憶を消され家に帰った西野さんですが、阿の催眠暗示は彼女の中に残っており……。

(第2話)
 大学の入学式の帰りの電車の中で爆乳を男たちにもてあそばれ、それ以降家にこもっている水上早紀さんは、偶然スマホで見た催眠エステの広告をみて痩身エステをしてもらって胸を小さくしたいと思い切って応募します。
 しかし阿は彼女にみられれればみられるほどそこが乳首やクリと同じ感度になるという暗示をかけてしまいます。その後水上さんはノーパンノーブラで大学の構内を歩き男たちに見せつけ、濃厚なHをしてしまいます。その気持ちよさに溺れた水上さんはさらなる快感を求めほぼ裸同然の姿で駅のプラットホームに立ちますがそこに阿が現れ……。

(第3話)
 温泉にやってきた女社長・富田志乃と彼女の配偶者で副社長の直哉。直哉は志乃の不妊治療のために部屋に阿を呼びマッサージを依頼します。全身オイルマッサージをうけ瞳がとろんとした志乃に対し、阿は催眠をかけ、彼女を盛りのついたメス猫に変えてしまいます。志乃は頭の中ではわかっているはずなのに鳴き声しか話せなくなり、阿にお尻を向け誘ってしまいます。そして阿の言葉に導かれるがまま排卵していることに喜びを感じる志乃に対し、阿は主人に協力願いましょうと彼女の目の前に手をかざし暗示をかけます。すると彼女の前に直哉が現れますが実はその直哉は……。

全体的にバットエンド気味の作品です。3話は上記の文章のあともしばらく続くのですがオチが結構好きでした。
あと、催眠エステの別の話のプロットが作者のPixivで読めます。
 
スポンサーサイト

陰陽夜話SEIMEI

2016.10.17

原作者:黒岩ヨシヒロ(作者ブログ
レーベル:双葉社アクションコミックス

【あらすじ】
ちゃらんぽらんなインチキ祓い師・安倍清明が偶然ご先祖様の式神「銀狐」を目覚めさせてしまった事から色々な怪事件に巻き込まれるという話。全1巻。

【操りのポイント】
第7話
 清明の下に娘が謎の居眠り病にかかってしまいお医者様も匙を投げた状態なのでなんとか助けて欲しいと依頼が入り、清明と銀狐は依頼者の所へ向かうのですが、そこに待ち受けていたのは1ヶ月以上の眠り続けているという女の姿でした。で、清明はしばし観察した後、肌がきれいな所から依頼者に「食事とか、トイレとかはどうしているの」と聞きます。すると、なぜか眠ったまま食事やトイレに行ったり、また監視の目をぬけてふらりと外に言ったりするとのこと。これを聞いた清明は、彼女を泳がせて犯人の居場所を探ろうとします。そして彼女が立ち上がり歩き出すのを見て2人は後を着いていきます。
 すると彼女はあるおんぼろアパートの一部屋に入って行きます。そこには見かけ25歳くらいの男が待ち構え、「脱げ」と口にした瞬間女は眠ったまま服を脱いで裸になり、「お尻をこちらにむけろ」との言葉のままにあそこを男に見せて男はねちっこく女の身体を触りまくるのでした。それを知った清明と銀狐は部屋に乗り込みますが、男は二人の存在に気づいた瞬間手に持っていた護符を突き出し、清明に見せると清明は突然眠くなり、気を失ってしまいます。
 男は女にフラれた悔しさから、偶然であった祓い師・芦屋道満から妖怪・えんらえんらの力を封じ込めた護符を買い、女を淫夢の世界に連れ込んで操っていたわけです。えんらえんらの淫夢の世界にとらわれた清明は銀狐をはじめ、今までであった美女達が次々と裸になって迫る夢を見て操られそうになります。

歩き巫女九尾

2016.10.02

原作者:大杉ゆきひろ
出版社:日本文芸社NICHIBUNコミックス(作品紹介ページ

【あらすじ】
 1582年3月。織田信長により殲滅された武田家。その中で武田信玄により創設されたという伝説の女忍者集団・歩き巫女たちは生き残った武田家の末裔・武田信道を守るとともに、妖艶な秘術・房中術を使い仇敵・織田信長に挑むのでした。連載前の読み切りが1話と、連載されたときの8話を合わせた全9話で全1巻。

【操りのポイント】
 歩き巫女たちが使う忍術(房中術)が操りネタ。ひとまず操りに関係する房中術を書いていきます(ネタバレありなのでご注意を)。

 淫術・茎おこし&房中術・無限回廊(序章)
 歩き巫女・九尾の術。特殊な淫薬を自分の体に塗り付け、それに触れた男性を血をある一か所に集中させることで、アレを勃起させ九尾を抱かずにはいられなくさせるという術。そして、この術におぼれ九尾を抱いたものは使命を忘れ九尾を抱くことしか考えられなくさせるというもの。

 房中術・二輪葬(第2話)
 つるぺたで幼い姿をした双子の歩き巫女・獅髏猫(しろねこ)と吼髏猫(くろねこ)の房中術。相手の前で特殊な舞・竿立の舞を舞いつつ、媚薬・亀立散(きりつさん)をふりかけることで相手を欲情させます。そして二人は息の合った愛撫にて相手に最高の快楽とともに精を出す直前までに導くのですが、その時に相手のアレに糸を巻きつけ射精できなくさせます。そして、二人はそれぞれ男のアレと顔の上に自分のアレを密着させ、今まで味わったことのない至福の快楽を与えつつ射精させることで相手を意のままに操ってしまうのでした。

房中術・絶頂舌&誘蛾の舞(第3話)
 九尾や双子の姉妹のお姉さん的存在のむっちりした歩き巫女・吻福(ぶんぶく)の房中術。彼女の接吻をうけた相手は舌どころかマラをはじめ自分の体が溶けるような強烈な快楽に耐えられず、体の中からあらゆる体液を吐きだし気を失ってしまいます(絶頂舌)
 吻福の豊満な裸体から繰り出す舞と、彼女の有する媚薬の相乗効果により彼女の周りにいた男たちは周りのもの(それがたとえ仲間であっても)を殺してでも吻福を抱きたいという思いに突き動かされ同士討ちを始めるのでした(誘蛾の舞)

房中術奥義・桃源郷(第7話)
 房中術の奥義を極めた九尾の術。相手に幻を見せる幻珍香と慈愛の心を持った愛撫により相手に九尾を今までの人生の中で最も愛した人の姿に見せてしまうというもの。

あと、7話の前半で九尾が男をたぶらかすシーンがあります。他に操りではないかもしれませんが、特殊な糸で相手を固定し、鍛えたあそこで相手の精を吸い取り1月以上も動けなくさせる房中術・女郎蜘蛛(第1話)、特殊な淫薬を塗った鞭を振るうことで相手に苦痛と快楽を与える甲賀忍者・滝川蛇魔羅之助の忍法・八股悪露恥(やまたおろち:第3話)、優しい愛撫で相手を蕩けさせ、特殊な生薬を混ぜたバイブをアレに差し込み交わることで心の苦しみを解放させる伝説のくノ一・望月千代女の房中術・輪寝天昇なども出てきます。

 九尾をはじめむちっとした女性たち(双子の姉妹はガリガリだけど)が房中術で相手を虜にするシーンが多くいい感じです。
 ただ、連載がさくっと終わってしまったのが残念です(話としては打ち切りとかではなくきれいに終わらせているのですが)。個人的には信長の配下の忍者たちとのエロバトルものになる(山田風太郎先生の忍法帖のように)ことを期待していたのですが。
 あと、この作品、単行本にならないだろうなと思っていたのですが(雑誌的に)、刊行されてびっくりしています。

 いい作品ではないかと思います。

彼女コレクション

2016.05.29

原作者:鷹那優輝(作者ブログ
出版社:竹書房バンブーコミックス(作品紹介ページ

 【あらすじ】
 スマホのHゲームに課金をつづけ、ついにオールクリアした大学生・藤原海斗くん。多分全国でもクリアしたの俺だけだろと灌漑にふける海斗でしたが、画面を見ると特設SRモードの案内が。まだ課金を続けるのかと迷う海斗ですが、ここまでやったんだからとSRモードに挑戦します。すすると画面上に攻略したい女性の顔写真を登録してくださいとのガイダンスが。海斗は思い切って同じ学園に通う令嬢の東条麗奈の写真を撮り登録します。
 海斗はスマホの画面に現れた麗奈に対し何度もタップを繰り返し今まで攻略してきたゲームに登場した女性キャラと同様に好感度を上げていきます。すると現実の麗奈もいつのまにか海斗のことが好きになり……。

 【操りのポイント】
 操りの方法はあらすじにも書いた通り狙った人の写真を撮り、スマホに登録してゲームで好感度を上げていくというもの。ゲーム内で好感度を上げられた女性はいつの間にか海斗のことが好きでたまらなくなり、彼に触ってもらうだけで幸せな気持ちになり、Hをするとあまりの気持ちよさで彼から離れなくなってしまいます。
 作中の攻略対象は麗奈の他に、麗奈を尊敬するあまり彼女の親衛隊を勤める西ノ宮由佳、学園内の男性の声を独り占めしている麗奈をねたむあまり、彼女と付き合っている噂のある海斗を寝取ってやろうと近づいたグラビアアイドル・北御門ゆかり、ゆかりのグラビアアイドル仲間で、海斗の容姿を徹底的にバカにした南雲榛名の4人。あと、海斗の妹・南にもスマホの力を使おうとします。

 ただ、このスマホ、タップに触れた女性に同じ感覚を与えることおよび好感度(恋心)を操ることはできるのですが、肉体や記憶操作はできません。
 そのため、作品の途中から女性陣が海斗のことを取り合いし、他の女性に嫉妬したりけんかしたりするシーンが出てきます。また、海斗も責任逃れまたは自分の欲望のままにスマホを使って逃げ続けようとするので最後は修羅場になっていきます。

 ハーレムものによくある女性陣がみんな仲良くという感じの作品ではないので、その辺を期待されると違うかなと。でも海斗のことを何とも思っていない、または嫌悪感を持っていた女性がスマホの力で感情を変えられ蕩けた表情で彼に迫るのはいいのではないでしょうか。あと、最終回のあのシーンは賛否両論あるとは思いますが、個人的には結構好きです。で、作者があとがきにも書いていたのですが、妹さんをどう扱うつもりだったのか気になります。

淫魔の日々

2016.05.15

原作者:神保ひとで(作者サイト
出版社:ジ-ウォーク社ムーグコミックス「純情淫汁」に収録

【あらすじ】
 学年でも1,2を争う成績を持ちつつも、お高く澄まさずみんなに優しく対応するため、人気の高い眼鏡をかけた少女・志村絵里さん。しかし、彼女には誰にも話せない秘密が。そう、彼女は代々続く淫魔の一族の末裔だったのでした。通常は、落ち着きながらも眼鏡を外した時には魅了の力が周りにはたらいてしまうのでした。全5話。

【操りのポイント】
 第1話
 淫魔としての体の疼きに耐えられない志村さんは、近くで働く作業員たちを誘い、Hをし精液をたくさん浴びてしまいます。もうへろへろになった男たちに対し、志村さんは「まだ足りない」とあそこを手で広げ男たちに見せた瞬間、男たちがふらふらと立ち上がり、Hをやめられなくなってしまいます。 

 第2話
 風邪で寝込む志村さんの家に同級生の高木くんが見舞いに行きます。志村さんは高木くんを部屋に入れますが、高木くんが「志村さんと男たちのHを見てしまったこと」を伝えた瞬間、赤面し、しばしだんまりの後、自分の正体を明かします。そのことを聞いて、高木くんが「分かった。信じるよ」との言葉を言ったとき、その思いに思わず志村さんは涙を流し、眼鏡を外して目頭を押さえます。その瞬間高木くんは魅了されてしまい…。

 第3話
 前のこともあり、親しくなり、昼飯を一緒に食べる志村さんと高木くん。それを横で見ながら「私も絵里のおいしい弁当食べたいなあ」とうらやむボーイッシュな中本美樹さんとクールな加藤智子さん。だめもとで、2人は彼女の家で夕飯を一緒に食べようと頼み、志村さんは了承し、喜んで腕にふるいをかけご飯を作ることに。しかし、中本さんが持ってきた飲み物にアルコール成分が入ってしまったため、志村さんは倒れてしまいます。いそいで2人は志村さんを介抱しますがその際眼鏡を外してしまったとこから、2人の体の中に急激に熱いものが走り、お互い見つめあい、キスを始め、服を脱ぎだし抱き合うのでした。

 4話、5話は志村さんが淫らになっちゃうシーンがありますが、操りという感じではないので省略します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。