催眠性指導

2017.10.15

出版社・ブランド:フランス書院 美少女文庫(作品紹介ページ
著者:巽飛呂彦(作者ブログ
原作・画:愛上陸(作者ブログ

愛上陸氏の同人作品のノベライゼーション。私は同人のほうは見てませんので原作とどれだけあっているかはわかりませんが、小説の帯及び作者のブログを見る限り原作にオリジナルキャラとして女教師・朝岡和希やその他女生徒何人かをを加えたもののようです。

【あらすじ】
 ある学園内ではカップルができたら、まず国から認定された性指導員の田中はじめくんに相談し性指導を学ぶ決まりがありました。そしてその性指導において彼のいうことは絶対に正しく、性指導員とセックスしても浮気でもなく、処女もなくならないとの決まりがありました。これは学園内の絶対厳守の決まりでしたが、この決まりは学園内でいじめを受け無登校になり家にこもっていたはじめが夜中の散歩中に偶然みつけた催眠術の本を読み込んだことにより身に着けた催眠能力の力により学園内の生徒・教師たちの常識が捻じ曲げられたものでした。
 今日もまた、はじめは女生徒・小幡優衣(おばたゆい)に相談され性指導を行うのでした。

【操りのポイント】
作品の最初で特殊な音と香り及び眠りを誘うような話し方による集団催眠で学園内の生徒・教師に催眠をかけ性指導員に関する内容を刷り込んで常識変換を行った後はもうすべてのキャラが彼の思うがままに操られてしまうという感じです。

作品で登場するのは上記の小幡優衣と、読者モデルも務める女王的存在の倉敷玲奈(彼女に対しては感度を非常に上げて、はじめのあれが入るたびに絶頂に達するほどの快感を与えたりします)、はじめの幼馴染だけれどもはじめのことは心から嫌っている柊鈴香(はじめとの性指導はいやなんだけれども、催眠で捻じ曲げられてやらざるを得ないと誤認させられます)、お嬢様の椚木詩織(母親もろともはじめの魔の手に。母親に催眠をかけるシーンあり)。そのほかに名前有で何人かの女生徒が出てきて最後は女教師・朝岡和希がはじめの策略に落ちます。

 基本的に独占で寝取り。最初に一気に催眠をかけあとは誤認という感じ。出てくる女性が全体的にむちっとしてエロい。常識変換が好きならいい作品ではないでしょうか。
スポンサーサイト

催眠学園3年生(小説)

2017.10.01

出版社・ブランド:パラダイム社 ぷちぱら文庫(作品紹介ページ
著者:布施はるか
画:大崎シンヤ

筆柿ソフトが発売したエロゲーのノベライズ作品。
あらすじについてはエロゲーと同様のため、エロゲ版の紹介ページ参照

【操りのポイント】
操り方法は原作と同じく催眠銃で催眠状態にした後、催眠状態にするキーワードを教えて発動させるというもの。原作の綾香ルート(初山の姓を絞ることがお仕置きと誤認する)、雪乃ルート(陥没乳首と赤ちゃんプレイ)、琴美ルート(お尻調教)、かおるルート(かおるっちと内診台)を同時にすすめ、それぞれ2つか多くて3つの催眠調教をし、最後はハーレムルートに向かうというもの。原作にあった綾香&琴美ルートは書かれていません。

記憶の限りでは小説に書かれたほぼ全部が原作にもあるもので、オリジナルの催眠シーンはないと思います(もしかしたらハーレムに少しあるかもしれません)。その点は注意でしょうか。あと、全員を1冊で強引にまとめたので1人1人の催眠シーンが異常に薄く残念です。2冊(綾香&琴美編と雪乃&かおる編)に分けてほしかったのですが。


洗脳チートで簡単にハーレムをつくろう!

2017.04.23

出版社・ブランド:パラダイム社 ぷちぱら文庫Creative(作品紹介ページ
著者:愛内なの
画:凪丘

【あらすじ】
バイト先のコンビニを首になり、金欠に悩む鳥川晴敏(とりかわ はるとし)は部屋の中でうなだれるばかり。働こうにも肉体労働は苦手、特殊な資格はなし、そして飲食や販売業についても対人業は精神的にダメとどうしようもなく、今の自分の苦労を世間に責任転嫁する日々を続けます。
そんな彼が部屋の天井を仰いだ瞬間、突然床に紋章が現れ、体が宙に浮き光の奔流につつまれ気を失ってしまいます。石造りの部屋の中で目を覚ました彼の前にもの甲冑に身を包んだ男たちとものすごい美女が現れ彼に声をかけます。彼女はルナティアの第一王女シンツィアと名乗り彼にここが「異世界ミルドガル」で周囲の国に対抗するための国力の増強のために勇者を召喚したと説明します。

しかし、晴敏には勇者と呼ばれるような力は全くなく無能と判断され、打ち首または城外放逐処分になりかけます。放逐されても危険なモンスターの前に死は必定。晴敏はシンツィアの寝室に忍び込み必死に交渉を図ります。しかし、交渉は決裂し、その場で殺されそうになる晴敏。その時、彼の頭の中で彼女の思考が流れてくるのでした。彼の真の能力は相手の思考を読み取り自分の好きなように思考を誘導する力だったのでした。

【操りのポイント】
あらすじにも書いた通り、相手の思考を読み取れ(しかも読んでいる間晴敏の思考速度は通常の数倍になる)、彼の思考を割り込ませることができます。例えば、シンツィアの「あなたのような無能は城にいる価値などないので、今から殺す」みたいな思考を「あなたのような無能(でも、とても素敵な男性)は、城にいる価値などない(けれど私は愛している)ので、今から(セックスして純潔をささげたい)…」と割り込むとシンツィアは自分から晴敏を愛し、自分の体をささげます。

で、この後シンツィア及び王などの思考を捻じ曲げたあと、晴敏はエルフの国シルヴァン共和国の全権大使エルシリアやミルドガルを管理する女神・ジョルジアの心を捻じ曲げ彼女たちの体を堪能します。

どこかの催眠小説サイトで見たことのある感じの操りですが、変わりっぷりがいい感じです。ただ、上にある3人を晴敏の力で落とした後は3人は晴敏の力を使わずとも晴敏に従順(というか彼を熱愛する僕)になり、そのほかのキャラに彼の力を使う時でも、彼の力を使い捻じ曲げたと1行2行であっさりと書かれてしまうので後半はほとんどといっていいほど操るシーンはありません。

リモコンで思い通り! 妹も幼なじみも先生もお嬢様だって

2016.11.13

出版社・ブランド:フランス書院 美少女文庫えすかれ(作品紹介ページ
著者:田沼淳一(作者サイト
画:さとーさとる(作者サイト

【あらすじ】
ある日、学校から帰宅した立花和馬はダイニングルームで一台のリモコンを手に取ります。それは以前テレビを買ったときについていたもののどうしても操作できない異物で、正規とサブのリモコンがあったためそこに置いたままにしていたものでした。近くにあった箱の中に紙片を見つけ、読んでみると「人の心と体を操れるMCリモコン」と書いてありました。あまりのうさんくささにあきれる和馬でしたが、24個あるボタンに食指が動きそうな内容が記載されていたため、一度妹の凛々香(りりか)に試してみるのでした。

【操りのポイント】
 タイトルの通り、リモコンを相手に向けてボタンを押すと相手の心や体を操ることができます。かなりその力は万能です。で、まず和馬は凛々香の親愛度を上げて和馬に好意を持たせた後、動きを止めさせスカートをめくってあそこを触ったりします。さらに乳房の感度をあそこと同等にさせ、胸を揉むだけで絶頂に導かせてしまいます。
 で、和馬がリモコンを使っていろいろ実験している中、和馬に厳しく当たる(といってもツンデレ気味の)幼馴染の園田杏子が彼の家にやってきます。和馬はリモコンを使って杏子の意識を停止させ性感および親愛度を最大までにあげてしまいます。親愛度が上がってしまった杏子は和馬に対する正直な恋愛感情を打ち明け、ラブラブなHをしてしまいます。
 その後和馬はリモコンの力を使って秘密裏に凛々香や杏子と何度も特殊Hプレイを重ねるのですが、ついに二股をかけていることがばれてしまいます。2人からどっちをとるのと責められる和馬でしたが、リモコンのMCボタンを押し、「2人とも和馬を愛しているので奪い合わずお互い愛し合おう」と催眠をかけるのでした。すると喧嘩していたのもどこへ行ったのやら2人は見つめあい、熱い吐息が漏れ柔らかい唇を重ねあうのでした。

 その3日後、遅刻寸前の和馬の前にきれいな黒髪とむっちりしたメロンサイズ乳が美しい厳格な風紀委員・吉永由美が、腰元コンビとよばれるお供の2人を連れて立ちふさがります。由美よりお伝えしたいことがあるので放課後、教室に残るように言われた和馬は、そこで凛々子や杏子との関係についてばらされたくなければ下僕になりなさいと脅迫されます。
 和馬は思わず、リモコンを使い由美の動きを止めるとともに、腰元コンビニを操り教室の外で立って人を入れさせないようにします。そして2人きりになった和馬はながらボタンを由美につかい、説教するときには無意識に裸になるまで服を脱ぐよう命令します。最初、和馬に説教しながら上着、スカートを脱ぎつつもそれに気づかない由美。そして和馬から状況を言われ、いつのまにか服を脱ぎだしていることに気付くも、脱ぐことをやめることができず裸になってしまいます。
 さらに性感を上げられたり、命ずるがままに自慰させられたりする由美に対し、さらに屈辱を味あわせるために腰元コンビの2人を呼び戻し、親愛度ボタンを使って、ボタンを押すたびに和馬に対する感情を嫌い→有象無象→友人→恋人→結婚相手と変えていき最終的に腰元コンビは和馬をご主人様と慕い、彼の命ずることはどんなことでも喜んで従うように変えられてしまいます。

リモコンの力を使って由美と腰元コンビを操っていた和馬でしたが、そこに担任の古平摩耶先生がやってきてしまいます。彼女にもリモコンの力を使いラブラブHを行いますが、その数日後リモコンが……。

 肉体・感情・記憶といろんなパターンで操っており好きな作品です。個人的には凛々香や杏子よりも由美や腰元コンビのシーンがよかったです(とくに腰元コンビの恋愛感情が少しずつ変えられていくシーンが)。ただ、300ページ近くの200ページ以上が凛々香と杏子のシーンで、由美・腰元コンビが60ページで摩耶先生が30ページくらいというバランスなのでそこが残念。
 あと、腰元コンビはいいキャラでした(作中では学園でも平均以上の美少女たちと書かれていましたが、名前はどこにも出てきません)

学園の檻 転任女教師佐由理

2016.10.09

出版社:キルタイムコミュニケーション 二次元ドリームノベル(作品紹介ページ
著者:水坂早希
画:B-RIVER(作者サイト

【あらすじ】
 一条佐由理は人の精神に乗り移り、意識と感覚を保ったまま人を操ることができる能力者。彼女はその力を使って色々な学校に赴任し、生徒達の悩みを解決して来たわけですが、次に赴任した三ツ鉛学園には佐由理と同じような能力者・八神零が能力を使い、女の先生や女性徒たちを凌辱しており、学校にやってきた佐由理も目をつけられてしまうのでした。

【操りのポイント】
 彼は女生徒・新城彩花を捕らえ、佐由理先生に僕の言うことを聞かなかったら彩花を30人の男に犯させると脅し、まず、佐由理先生の体を彩花に憑依させるよう命じ、男達に彩花を犯させ(つまりHの感覚は佐由理先生に伝わる)ます。で、零は佐由理先生にその状態で体育館で大勢の生徒達の前で演説をしてもらい快感に耐え切ったら彩花の記憶を消したあと彼女を開放してあげると提案し、佐由理先生はしぶしぶ彼の提案にのり、必死に我慢するのですがあまりの快感の前に生徒達が見てる前でイってしまいます。
 その後、零は佐由理を美術の授業でモデルにさせたり、ノーパンでテニスをさせたり色々させるのですが、最後、彼はクラスメートの心を操り、生徒達に佐由理先生を犯すよう仕向けるのでした。

 操りというか憑依というか。あと、二次元ドリームマガジンで、漫画版「学園の檻」というのがあり、零が佐由理先生と一緒に屋上で昼飯を食べていた女の子3人を操り、佐由理先生とレズプレイをさせるというシーンがあります。