スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迎撃商店街

2011.06.30

 作者 :堀博昭(サイト
 単行本:全2巻(少年画報社・YCコミックス)

 【あらすじ】
 6年ぶりに笛山商店街にもどってきた男・高橋克也。彼の目的は商店街の地上げ。彼には、自分の精液を浴びた女性を怒りと快感といやらしさに支配させ意のままに操ってしまう特殊能力が有しているのです。この力により、彼は地上げに反対する商店街の女性店員や巫女さんたちを次々と意のままに調教してしまいます。この危機に笛山商店街では緊急の女子会を開き、彼に対抗するのでした。

 【操りのポイント】
 口汚く相手を罵り行為をリードしているかに見える女性の方が、じつは行動をマインドコントロールされているというのはなかなか珍しくて、結構くるものがあります。ただ、何というか、すげえおバカな内容で、ばかばかしいのですが。
 2巻目になるとおバカ度合と洗脳ネタがさらに増していきます。マインドコントロールされた商店街の女性たちが克也に喜んでもらうためにむちむちのお尻を突き上げたり、ののしられてよろこんだりします。さらに商店街側でも克也対策の切り札として、魅了能力を有する魔眼をもった女性が登場し、克也を僕に変えてしまいます。
 その後もまだまだ話は続き、何の力か克也は最終形態に進化するのですが、もうそうなると彼の能力は人知の力を超え、彼の指で体を触れられた女性は信じられないほどの幸福感を与えられ克也に逆らえなくなってしまいます。また、彼に見詰められた女性は二度と元の世界に帰ってこれないほどの幸せな幻覚を見てしまいます。

 後半ぽかーんとするシーンもありますが、ほぼすべての話で女性たちを操る(調教する?)というシーンがありますので話のノリさえ合えばおすすめです。

 
スポンサーサイト

独占おっぱい学園

2011.06.30

 原作者 :羽沢向一
 イラスト:ひなたもも(サイト
 レーベル;フランス書院 美少女文庫

【あらすじ】
 500人もの選ばれし巨乳少女だけが通う宝果(ほうか)学園。この女だらけの園に、ごく普通の17歳の少年・布施芳喜くんが転校してきます。彼は、宝果学園を運営する実宝一族の中でも数少ない男の子孫で、彼に胸を触られた女性は頭が真っ白になるほど気持ち良くなり、乳首からお乳を射乳してしまうという「不滅の精霊」という特殊な能力を受け継いでいるのでした。
 しかも、射乳させられた女性はその後強運を授かるという事で、宝果学園の女生徒や女教師たちは芳喜くんに胸を触ってもらおうと積極的にアプローチを掛けるのでした。

【操りネタのポイント】
 まず、上記の能力が操りっぽい。どんなにすました女性でも芳喜くんに胸を触られるだけでメロメロになってしまいます。
 他に、途中から、第三図書館を本部とする魔術結社「黄金の黄昏団」の首領で、通称・不名誉な妖術師こと文月早香が登場するのですが、彼女は魔術で芳喜くんの肉体・記憶を操ったり、薬で芳喜くんの周りにいた女生徒たちの行動をのろくさせるシーンがあります。

 作品の中では操りがメインというわけではないです。ちょこっとでるかなという感じです。
 あと、個人的に胸を触ると女の子たちが絶頂するというと、某小説を思い出すのですが…。

Jコミにドールガンが…

2011.06.29

久々にJコミをのぞいてみたら、出口竜正先生のドールガンが全巻公開されているではありませんか。

出口先生はJコミの主要スタッフの1人らしいので、いつかは公開されるかなとは思いましたが、もう公開されるとは。この作品、すべての巻に操りシーンがあって、連載中楽しみに読んでいました。

無料でいつでも見られるから、もう一度操りがあるシーンをきちんとまとめておこうと思います。

帯状疱疹(その後)

2011.06.24

 今月の中旬にかかった帯状疱疹について、かさぶたができ、ようやく取れました。今日、皮膚科の担当医に診てもらったところ、もう大丈夫ということでしたので、禁じられていたビールを飲む事が出来ました(帯状疱疹は身体のストレスなどで生じるため、身体に負担を与えないように禁酒を命じられていました)。

 で、操り情報を。

 「マガジンイーノ」7月号の赤井丸歩郎「ゴルフ13」に洗脳ネタ。
 ただ、残念なことにマガジンイーノは今月号にて休刊とのこと。連載中のサクラ大戦、redeyes、QEDの三作は新雑誌に引き継がれるようですが、他は終了の様子。上記のゴルフ13だけでなく、メテオさんストライクです、維新のKAGURA(この作品で操りネタは実際にありました)、宮ちゃんの科学人生など結構好きな作品が多かったのに残念です。

 今週の「週刊少年チャンピオン」に読み切りが掲載された佐藤健太郎(本人のtwitter)の「私立アサシン学園」に機械による操りネタ有。結構面白い作品であったが、連載するとするならば作品が広がるかどうか疑問。

淫術魔闘学園 外法帖

2011.06.21

 原作者 :おくとぱす
 イラスト:cherrypin
 レーベル;オークス社 ヴァージンノベル

 島原の乱の際に、人の精を喰らう魔人と化した天羽咲良。彼女は不老不死の身体のまま、黒幕である密教立川流に復讐を続けていた。そして時代は現代。彼女は立川流の秘儀を受け継いだ志士堂竜一と竜一に尽くす4人の女性立川流後継者がいる私立四堂学園に目を付けるのだった。

 エロバトル物。咲良が4人の少女を1人1人洗脳して自分の手駒にしていき、最後は竜一に立ち向かうという話ですが、立川流というのが人の男女交合に基づく喜悦により人の記憶を改ざんしたり、洗脳したり、あるいは人格破壊をすることを目的にした密教の流派のため、操りシーンがこれでもかという感じででてきます。

 4人の少女にもそれぞれ得意技があります。
神流月真冬
剣道娘。手に持った剣で魔を斬るとともに、マッサージ技術で法悦状態にさせる
風蓮院千秋
巨乳娘。呪符使い。呪符に書いた文字により物を破壊したりするとともに記憶を書き換えたり、思いのままに操ることができる。
綾鳥部夕夏
貧乳娘。眼術と言霊により、幻覚を見せたり、自由自在に操る事が出来る。
花御門美春
天然娘。身体から芳しい香りを放ち、周りの人を虜にする事が出来る。

 一方、咲良さんも、眼術で教師たちを洗脳したり、偶然通りかかった女性徒の肌に触れるだけで、気が狂いそうになる位失禁絶頂に導いたりとかなり美味しい能力の持ち主。その力で上の4人の少女を虜にして洗脳していくシーンが登場します。

 個人的にはエロバトルが好きなので、かなり面白く、満足いく作品でした(もう少し量があってもいいなとは思いましたが)

 で、この原作者のおくとぱすさんって、操心術シリーズとかのシナリオを書かれたあのおくとぱすさんなんでしょうか。
  

くノ一忍法帖 影の月

2011.06.21

 現在、東京・大阪などの映画館で山田風太郎の「忍者月影抄」をモチーフにした映画「くノ一忍法帖 影の月」という映画が公開されているそうです。 公式サイトはこちら

 原作からかなり話は変わっているようですが、忍法女人花は出てくるようで、操りフェチの私としては楽しみ。ただ、映画館までは遠いので出張等で東京・大阪に行く用事があれば見に行きたいなとは思っていたのですが、残念ながら出張はなし。

 7月6日にレンタルが開始されるそうですので、それを楽しみに待とうと思います。

 監督の話だと、他の風太郎忍法帖を映画化する予定とのことですが、ぜひ「信玄忍法帖」を映画化して下さい。

第一〇七生徒会記録

2011.06.14

 原作者:むつきつとむ(サイト
 レーベル:零式コミックス(シュベール出版刊) or マンサンコミックス(実業之日本社刊)

日本にある由緒正しい学園の第107代目生徒会長(眼鏡がりりしい女生徒会長)には大きな悩みが。それは学園内に封印されている伝説のお宝を求めて学園内を跳梁跋扈する二人の生徒・金ちゃんとすずめの存在でした。全1巻。

 操りネタとしては、第55代生徒会長と死闘を繰り広げた裏番が来ていた伝説のガクランにかけられた呪いの力で、ガクランを着た人が生徒会長を愛するようになってしまうシーンがあります。
 また、途中から学園の理事長の娘・笑美子(えみこ)が登場するのですが、彼女は人の心を真っ白にし、自分の思うように記憶・感情を操る力を持っています。作品中では、その力を使って、生徒会長やすずめを操ってしまうシーンがあります(笑美子のささやきで、彼女の術中に落ちてしまう生徒会長の表情がいい感じです)。

 この文章を書くにあたって、もう1度読みなおしてみたのですが、生徒会長の名前ってどこにも出てないのですね(作品中はずっと「会長」と呼ばれてます)。また、金ちゃんの本名もどこにもない(金の字や金などとは書かれてますけど)。

スパイレディ・ロワイヤル

2011.06.13

 2010年のアメリカ映画。映画紹介サイトはこちら

 アメリカ諜報機関のセクスィー・スパイ、タニアに新たな指令が下される。それは、マダム・ゾラと呼ばれる娼館の女主人の調査。彼女は敵国の諜報員を使い、アメリカのスパイ活動をしているらしい。早速タニアはマダム・ゾラの娼館に潜入する。まずはマダムからの濃厚な面接を受けるが、百戦錬磨のタニアは難なく合格。無事に娼婦となったタニアは、同僚の娼婦たちに“催眠ローション”を塗りながら聞き込みを始めるが…。

 上記にもある催眠ローションを使って、娼婦を操るシーンがあります。催眠ローションを口に含むと、その人は目の前の人のいう事を何でも聞くようになるのですが、催眠状態になった娼婦がロボットのように虚ろな表情でタニアの命ずるままに動くシーンはなかなかいい感じです。

 ただし、残念なのは催眠ローションが登場するのが話の後半、しかも結構終盤のため、使用頻度が少ないという事でしょうか。また、話がかなりコミカルで、キャラクター全員おバカ(アメリカのお色気映画には良くある話ですが)な部分があります。

ラジコン○学生~究極プロポで気になるあの娘を自由自在に強制ハレンチコントロール~

2011.06.12

 2011年4月にV&Rプロダクツが発売したAV作品。

 どんな女でも自由に操る事が出来るラジコンのプロポを手に入れた学生たちが女教師や同級生達にハレンチないたずらをするというお話。

 操る方法は操りたい女の耳に受信機を取り付けて、プロポで操作するというもの。 

 肉体操作(ロボット化)だけでなく、感情・記憶操作(恋人化やイヌ化など)もありなかなか面白い作品になっていました。ただ、演技が少し足りないという気がします(AV作品に演技を求めるというのもどうかと言われればそこまでですが)

帯状疱瘡

2011.06.11

今週の水曜日くらいにお腹と右わき腹に赤い腫れが生じ、最初あせもかなんかかなと思いましたが、昨日になりお腹から右わき腹、背中まで帯状に水ぼうそうのようなぶつぶつが一面に出てきて気色悪い状態に。しかし、昨日は仕事後人と朝まで呑んでいたので、今日の昼に家に帰ってきてネットで調べてみたらどうやら「帯状疱疹」に掛かっている様子。

最初、自然治癒にまかせようかと思いました。しかし、ネットで見る限り、ぶつぶつは2週間くらいで消えるようですが、治療の仕方が甘いと神経痛に悩まされる恐れがあるようなので、病院へ。医者に診てもらった結果、やはり「帯状疱疹」とのことで、ウイルスを退治するための呑み薬と、塗り薬をもらい、治療を始めることになりました。

現在、痛痒い状態で苦しんでいますが、完治できるよう療養したいと思います。

Jコミ

2011.06.09

 今年、4月にできたサイトで、「Jコミ」というサイトがあります。このサイトは「ラブひな」や「魔法先生ネギま」などで知られる漫画家の赤松健氏が、絶版された漫画に広告を付けて共有し、その広告収益を漫画家に還元することを目的にしたサイトです。で、ここ1カ月ほどに公開された漫画が結構ツボに入っています。

 6月9日現在、公開されているのが42作品で、このうち私が読んだことがあり、かつ操りネタがあるのは以下の作品

・里見八犬伝(よしむらなつき)……1巻に操りネタあり
・天然戦士G(松森 ナヲヤ)……1巻に操りネタあり
・魔童タイガ(井荻寿一)……1巻と2巻に操りネタがあったはず
・ラブひな(赤松健)……憑依ネタ

 他に猫でごめん(永野のりこ)やベルモンド(石岡ショウヘイ)などにもあった気がしますが、もう1回読んで見ようと思います。

 あと、That'sイズミコが見れるんなら、2003年に連載された「That'sイズミコ おかわり」をいれてくれないかなと思いました。

 まあ、無料で見られるので、あいている時間に全作品を読んで見ようっと。

ブログ始めました

2011.06.09

当ブログは2001年から2008年まで存在したサイト「情報礼讃」のblogです。

催眠・操りといった分野の情報について、自由気ままに記載していきたいと思います。

更新につきましては不定期になると思いますのでご了承ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。