スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越し

2011.09.25

 一身上の都合により、9月末を持って引越しすることになりました。で、ここ1ヵ月家の掃除等を行っていたのですが、以前から集めていた操りもの関連の漫画・アニメ・小説がたんまりとあって整理に大変で途方に暮れてしまいました。ひとまず、箱詰めしていったのですが、ああこれもってたなあと懐かしさに浸ったりしてなかなか進みませんでした。
 とりあえず、仕事に必要な専門書、クイズ問題集と最近買った催眠物だけをひとまず新居に持って行って、残りは親戚の家で預かってもらうようおねがいしました。

 段ボールが数十箱あるけどどうしよう……。あまり長くは置いておけないし。整理用の部屋でも借りようか。

 
 次の更新は引越し後の10月になる予定です。少々お待ち下さい。
 
スポンサーサイト

僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!

2011.09.25

 作者:遠野 渚(blog
 挿絵:熊虎たつみ (公式サイト
 レーベル:フランス書院 美少女文庫

 【あらすじ】
 桜蘭学園の生徒会長・秋山風華は容姿端麗、成績優秀、運動神経抜群のけちのつけどころがない完璧なお嬢様。彼女の下で生徒会長補佐として活動する平林和馬は彼女のすごさに頭が上がらず、気後れする毎日。そんな生活を送っている和馬は下校時、人気の少ない路地を歩いている最中に「催眠術でもあって風華を屈服させればいいのになぁ」とつぶやきます。すると、周りから突然「僕と契約して、催眠術師になってよ!」という妙に明るい声が聞えます。和馬が振り返るとそこにはキュゥ太郎と名乗る人の言葉を話す黒猫がいるのでした。
 キュゥ太郎の魅惑的な誘いに、半信半疑ながらも契約した和馬はキュゥ太郎からもらったクリスタルを元に風華に催眠術をかけるのでした。

 【操りのポイント】
 催眠方法は、クリスタルを持って願いを掛けると、クリスタルから黒い煙のような物体(和馬以外には見えない)が現れ、それが人に入り込むことでその人を催眠状態に出来、自由に操る事が出来ます。
 作中では肉体操作(行動制限、敏感化)、年齢退行、集団催眠などが描かれていますが、基本的には催眠をかける相手は風華中心です。
 あと、この作品の最大のポイントは和姦催眠であること。風華は和馬のことを見下しているように見えて実は結構好意を持っているので、嫌いな相手に催眠で復讐したいという作品が好きな人にはお勧めできません。
 
 じっくり読める作品でしたが、和姦ものなので結構びっくり。あと、この作品はソフトハウスパルテノンからゲーム化されるそうです。作品紹介はリンク先からどうぞ。

漫画の操り情報等

2011.09.12

 最近見つけた操りネタを。

 【漫画】
 ピザッツスペシャルに連載されているふぁんとむ「そこフェチ」に女性のある特殊な性癖(フェチ)を無理やり増大させる妖精・モーリーが登場します。もっているステッキで狙った女性を叩くと性癖が増大するのですが、最新の10月号では性癖を増大させるシーンはなく、相手の女性が性癖に目覚めた状態で主人公の前に現れます。

 月刊少年ライバルの最新号にて、松本ひで吉「ほんとにあった!霊媒先生」に催眠ネタあり。ひも付きのコインで催眠をかけるというもの。ただし、2ページくらいで、かつ、催眠が話のメインではないのでご注意を。

 【小説】
 美少女文庫の9月新刊で「僕と契約して幼なじみ生徒会長に催眠をかけよう!」という作品が。
 また、二次元ドリームノベルの10月発売作品で「女捜査官催眠調教 痴女に変えられた私」という作品があります。

高校生クイズ

2011.09.12

 1か月ぶりの更新となります。更新が遅れまして申し訳ございませんでした。

 高校生クイズを見ました。
 感想としては今の傾向(体力・運なしのガチ知力勝負)が4年も続くと、何かあまり感慨もなく、まあこんなものなのかなという感じです。

 クイズやっている人ならば知っているけど、クイズやっていない高校生や視聴者にはわからない問題を数多く出題して、高校生の知識すごいぞと視聴者をけむに巻く方法が4年間続いていますが、それでいいのかなと思う気持ち半分と、高校生クイズに参加し、全国で活躍するために各高校に少しづつながらクイズ研究会が作られて、クイズを楽しむ高校生が増えていることを聞いて、もっとクイズを楽しむ人が増えるといいなと思う気持ち半分です。

 全国1回戦の問題30問(TVで放映していない問題も含む)はこちらのサイトで見る事が出来ます。ちなみに自分で解いてみましたが18問正解でした。

 あと、準々決勝の1対1の早押しの組み合わせの対戦カードは「厳選な抽選」によるそうなのですが、主催側の勝たせたいチームの意図が見え見えの組み合わせでなえます(多分、浦和VS早稲田はどっちでもいいと思っているけど、他の3カードはちょっと……)

 視聴率も15%台と良かったようなんできっと来年も同じような企画が続くのでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。