スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母娘催眠 〜オヤコサイミン〜

2013.05.25

ゲームメーカー:POISON(ゲーム紹介ページ
 発売月    :2011年4月

【あらすじ】
 幼いころに母を亡くし父に育てられてきた藤本恭介は、小さいころからそのことでいじめられ、次第にネット世界にこもりきりになります。そしてその状況は父は子連れの女と再婚してもかわらないまま。そんな中、チャット上で「催眠術」の話題で仲間たちが盛り上がります。それを聞いた恭介は催眠術に興味をもち誰かに試してみようとするのでした。

【操りのポイント】
 誘導は5円玉等を使って視線を凝視させるもの。あっさりとかかるのでじっくりかけるのが好きな人にはお勧めしません。作品は以下の4つの話に分かれており、それぞれ2人1組(すべて母娘)、計8人のキャラが登場します。

 常識改竄・義母娘編
 恭介の父と結婚した気の強い藤本千奈美とその娘・藤本真希が登場。常識改竄とある通り、一家団欒の方法や正しい親子の付き合い方法などが自由自在に書きかえられいやらしい日常生活(ただし義母娘は正しいと思い込んでいる)が始まります。

 感情操作・幼馴染編
 恭介の隣家に住む姉御肌の幼馴染・秋山亜理紗とその母でレストランを経営する世話好きな秋山静香の話。2人の感情(特に恋愛感情)が操作され、恭介のことを好きなあまり彼の命ずることならどんなに恥ずかしくてもすすんで受け入れてしまうようになります。

 無意識人形化・学園編
 担任の福原麗美から最近の成績低下のきつく絞られた恭介は麗美と彼女の娘でクラスメートの福原愛美の2人に催眠をかけて復讐するという話。タイトル通り人形化が中心です。

 身体強制操作・病院編
 いじめにより怪我した恭介は病院に入院します。そこで担当美人女医・石川美沙に出会いますが、彼女は恭介にきつく当たります。一方美沙の娘で医師を目指している石川奈々は恭介に優しく対応します。恭介はそんな2人に対し催眠を使い、体を操ったり、性感を敏感にさせたりします。

 8人全員胸が大きくむちむちとしており、エロシーンもいやらしいと思います。それぞれ操る内容も異なっておりボリュームもあり楽しめるのではないでしょうか。ただ、不満もあります。それはそれぞれの編が独立しており、女性陣が自分の担当話以外には全く登場しないという点。つまり4つのショートストーリーが1つの作品の中に入っているという感じでしょうか。できれば一度攻略したキャラを他の話で使って複雑に絡み合ってほしかった。そこが残念です。

 個人的には良作かなと思っています。

 
スポンサーサイト

操心術0

2013.05.25

ゲームメーカー:STUDIO邪恋(ゲーム紹介ページ
 発売月    :2011年1月

【あらすじ】
 操心術シリーズ第4作。
 誰でも自分の操り人形にしてしまえる不思議なコンタクトレンズ「青目」の存在が街中で噂になっている中、浜ヶ崎学園の入学式に現れた吉峰由宇(よしみね ゆう) は周囲を見回し「可愛い子多いな。楽しくやれそうだ」とうそぶきます。彼はどんな人間でも相手の感情・肉体・記憶その他を自由自在に操ることができる強力なマインドコントロール能力を有しており、彼は目をつけたクラスメートや上級生の先輩、美人女教師を次々と操り欲望を満たしていきます。

 しかし、そんな学園にも青目をつけたものがやってくるとの噂がたち、由宇は自分の楽園を守るためと立ち上がるのでした。

【操りのポイント】
 操り方法は眼力で由宇も青目を付けた人も瞳から光を発しそれを浴びた人が催眠状態になるというもの。かなり能力は強く感情でも肉体でも自由自在に操ってしまいます。また、エロのシチュエーションも人を操らないとできないようなシチュエーションが多く、人を操るという点からみると傑作ではないでしょうか。
 今までのシリーズ作品に比べるとキャラが丸みをおびており、かわいらしくなっております。あと、主人公の苗字からわかるとは思いますが、シリーズ名物のあのキャラが深く絡んできており、シリーズ恒例の催眠対決も描かれます。

 あとつかさ先輩の本性が現れた後のシーンがすごく好きです。

小夜子

2013.05.19

ゲームメーカー:Black Cyc(ゲーム紹介ページ
 発売月    :2011年1月

【あらすじ】
 同社の闇の声シリーズに登場した妖艶な美女・小夜子を主人公にしたスピンオフ作品。

 絶海の孤島にある洋館に住む妖艶な女主人・小夜子。彼女は島に迷い込んだ人の心を惑わし、堕落させる日常生活を長年続けていました。一方、出生率の低下に対し、数々の対策をうつも成果が上がらない日本政府。その責任者・馬淵陽子少子化担当対策大臣は少子化解消の切り札として小夜子に接触を図ります。
 小夜子のあまりの力のすごさを知った馬淵大臣は レズビアンや不感症、2次元オタクや女性化願望持ちなど、どう考えても子作りしそうもない男女たちを小夜子の力を使って子づくりをしたくなるように変えてほしいと依頼をするのでした。

【操りのポイント】
 馬淵大臣から依頼を受けた小夜子様はまず、あるマンションの管理人となりマンションの住人たちに接触します。そのあとは高級住宅地・田円調布の自治会長として夫婦3組に接触します。

 で、操りのポイントしては小夜子様がその人の心の中の欲望を読み取り、言葉による誘導や人の想像をはるかに超えた壮絶なテクニックで快楽調教し、立派な淫乱に変えてしまうというところでしょうか。しかも心や常識だけでなく、肉体を変えたり(女性化)とか若返りとかまでしてしまいます。
 作品内ででてきた例をあげると、オナニー好き→挿入好き、男性嫌い(レズビアン)→H好き、2次元オタク→3次元もいけるくちになど。

 妖艶な小夜子様がじわりじわりと相手の心を絡みとっていくシーンはいいのではないでしょうか。ただ、不満もあります。ストーリー量が少ないです。1つ1つのHシーンは長いのですが全体としては物足りない。また、闇の声シリーズでは堕落させたキャラをほかのキャラと組み合わせることによって新たなシーンが生み出され、複雑怪奇になっていく点が魅力でしたが、今回は一本道でものたりないです。

 あと、今までの作品ではあまりコミカルな表情を見せなかった小夜子様ですが、今回はマンションの管理人の時に仕事に愚痴を言ったり、攻略対象が相手をしてくれなかった時にはむくれたりとなかなか表情が豊かに描かれています。今までのイメージが崩れるからいやという感想もあるとは思いますが、個人的には好きでした。

恋愛催眠 ~ツンな彼女がデレる催眠~

2013.05.19

ゲームメーカー:C-drive(ゲーム紹介ページ
 発売月    :2010年11月

【あらすじ】
 街で助けた老人から人に催眠術をかけることができるライター「ドミネイト・ファイア」をもらった大川匠は、クラス内での男女間のちょっとした諍いから生じたギスギスした雰囲気を何とかしようとクラスメート全員に「ドミネイト・ファイア」を使って、恋愛感情に素直になるようにと催眠術をかけます。
 クラスメートたちは次第に落ち着いていき、問題は解決したとほっとする匠。しかし彼はなんと女子生徒5人(しかも全員ツンデレタイプ)から一斉に告白されるのでした。

【操りのポイント】
 ライターの人をつけて相手に見せると催眠状態に入るというもの。同社の前作「催眠生活」ではちょっとその人を常識を捻じ曲げるという感じのシーンが多かったのですが、今作では女の子の本心や隠された性癖なんかを引き出すというシーンがほとんどになります。そのため、今作ではかなり甘々で、無理やり人の心を変えて楽しみたい人にはお勧めできません(そもそも主人公の匠がお人好しで人を傷つけることが嫌いという性格です)。
 また、最初はライターの力で相手の素直な感情を引き出していくのですが、話が進むにつれライター使わずとも相手が主人公にラブラブになっていき、あまり催眠をつかわなくなっていきます。

 という感じで催眠・操りという面では人を選ぶとは思う作品です。Hシーン自体は濃厚で、全体的に複数プレイが多いです。個別攻略ルートに入ってもなぜかほかのキャラが乱入して1対2になったりします。

操りネタの備忘録

2013.05.12

こんばんは。がるこじです。


いくつか備忘録代わりに操りネタを書いておきます。

【漫画】
楠桂「おれのキングダム」2巻が出たそうです。漫画感想サイトを見る限り吐夢くんの能力は健在だそうで。

深見真αアルフライラ「ちょっとかわいいアイアンメイデン」。百合にあこがれていた武藤結月がきれいな上級生から部活動にさそわれて行ってみるとそこは拷問を研究する拷問部だったという話なんですが、2巻目で「洗脳部」という団体が登場するみたいです。同作のウィキペディアを見る限り面白そうです。で、映画化ってほんまですか?

超光戦隊ジャスティスブレイド3~アルタード アポカリプス~

2013.05.12

ゲームメーカー:MAIKA(ゲーム紹介ページ
 発売月    :2010年11月

【あらすじ】
 ジャスティスブレイドシリーズの第3作。
 前作・前々作にて正義のヒロイン・ジャスティスブレイドの面々を各個洗脳調教し下僕に変えた悪の秘密結社「アースジェイド」の大首領様。彼はジャスティスパンサーこと豹藤あずみを片腕に世界征服の野心を果たすべく邁進を続けます。しかし、大首領の洗脳から何とか逃れたジャスティスフェニックス・天堂樹梨と樹梨の母・天堂静香は新たなメンバーを加えジャスティスブレイドを再建。ここにアースジェイドとジャスティスブレイドの新たな戦いが始まるかに見えました。

 ですが、なんとそこに別次元から悪魔女王ビューナス・エリュシオン導く「デーモスアバタール軍」と悪の軍団が現れ、人類撲滅計画を始めるのでした。デーモスアバタール軍の力は圧倒的であり、窮地に追い込まれる両軍。大首領様は生き延びるためにジャスティスブレイドとの共闘やデーモスアバタール軍との同盟、または同盟と見せかせて女王やジャスティスブレイドの洗脳など数々の策を練るのでした。

【操りのポイント】
 今までのシリーズと比較すると特殊な力を持つ怪人による催眠・洗脳攻撃シーンは少ないです。ポイントとなるのは一度洗脳調教して下僕に変えたジャスティスブレイド面々を解放したり、さらに強固な洗脳をほどこしたりするシーンでしょうか。
 洗脳方法については今までのシリーズと同様に機械や薬や条件付けによるもの。洗脳により多幸感や快楽を心の中に記憶を埋め込んで解放し対峙中に呼び起こさせ従順にさせたりとなかなかいいです。

 第2作が催眠物としては中途半端で非常に不満でしたので、心配はしていましたがなかなか良作に仕上がってよかったかなと思います。ただ、1つ言いたいことが。ビューナスさん。なんで捕まえたジャスティスブレイドの面々を洗脳しようとしないのですか。ビューナス勝利ルートでのあのオチはだめでしょうあのオチは。

性癖操作~こんなコト、大ッ嫌いなはずなのに…!~

2013.05.12

ゲームメーカー:ディーゼルマイン(ゲーム紹介ページ
 発売月    :2010年10月

【あらすじ】
 都会にある病院・真白病院で清掃員として働く黒井進はある日、人の体に書いた性癖を現実のものにするという不思議なペン「ドロップ」を手に入れます。
その力を試したくなった進は、極度の潔癖症で性行為を不潔なものと思っている女医の真白早苗と早苗の妹でプライドが高く人を見下している看護師の真白凛の2人に目をつけるのでした。

【操りのポイント】
 ドロップを使って人の体に性癖を書き込むとその人の心にしみこんでそれがその人の性癖に変わるというもの。抵抗しつつもドロップの力に逆らえず性癖を書き換えられる2人の姿はいいのではないでしょうか。
 性癖の内容としてはお尻でのHが好きなように変えられたりとか、母乳が強く出るようになったりとか色々ありますが、最終的には淫乱ビッチになってしまいます。

 結局のところ淫乱化になってしまうのが少し微妙です。もっと記憶操作とかできればいいのですが。

魔王の淫具

2013.05.01

ゲームメーカー:ALL-TIME(ゲーム紹介ページ
 発売月    :2010年7月

【あらすじ】
 空気の読めない行動と残念な容姿で罵倒・無視されつづけ学園でもボッチの尾原紀生。つらい学園生活を送る彼でしたが、ある日、大きな屋敷に住む魔王と名乗る謎の女性に出会います。紀生は魔王から「お前には書物から不思議なアイテムを生み出す力がある」と言われ、屋敷内にある特殊な部屋につれこまれ、書物を持ち妄想を始めます。すると書物から不思議な力をもつアイテムが。
 そのアイテムをもって女たちを支配してみよと魔王に囁かれた紀生は、学園内の女たちに復讐を始めるのでした。

【操りのポイント】
 アイテムによる操作もの。アイテムの数は全部で20個くらいで、それぞれに不思議な力があります。操りものとしてみるならば以下のものがあげられます。

・欲求操作:人の欲を操る電話。作品中では食欲(のどが渇く、お腹がすいてたまらなくさせる)を操るシーンが描かれます。また、パワーアップして人の心を操ったりします。
・タブレット状の薬:欲情させます。
・人形:操り人形(人の体を操ります)。

正直言いますと、操りは少ないです。ふたなり化とか、自分の体を液体に変えるとか、相手の服装を変えてしまうとか触手攻めとかありますが、微妙な感じです。また1つ1つのHシーン量が少ない気がします。ちょっとものたりない感じです。

大催眠(小説)

2013.05.01

出版社・ブランド:パラダイム社 パラダイムノベル(公式サイト
著者:春風栞
画:日陰影次・皇裕介・吉野恵子

(筆者注:当小説はLiquid社が発売した同名の18禁ゲームの小説版ですが、私はまだゲーム版を購入しておりません。)

【あらすじ】
 街中で中年男性とぶつかった羽村涼太(はむら りょうた)は彼から「私の開発した催眠導入機を君にゆずる」とささやかれ、鍵を渡されます。
 その後、中年男性が駅のホームから飛び降り自殺したことを知った涼太は気味悪がるも、渡された鍵が駅のコインロッカーの鍵であることに気づき、ロッカーを開けてみます。すると中からドライヤーのような機械と「催眠導入機」と書かれた説明書が。説明書を読むと、この機械を相手に向け、引きがねをひき、光をあてると相手を催眠状態に誘導できるとのこと。
 さすがに信じられない涼太は顔見知りの少女に試してみると、彼女は涼太の思いのままに動いてしまいます。催眠導入機の力のすごさをしった涼太は「この世界を自分の思うがままに動かしたい」という欲望のままに次々と女を手籠めにするのでした。

【操りのポイント】
 あらすじにも書きましたが、誘導方法は機械を相手に向けて引き金をひくというもの。その後キーワードを決めて相手に囁くと相手が催眠状態になるというもの。じっくりと誘導するシーンが好きな人にはお勧めできません。

 小説は、メインキャラを次々と欲望のままに操るシーンが描かれています。順番とその催眠内容としては以下の通りです。

倉橋まゆみ(涼太の隣の家の主婦:涼太を自分の主人と誤認)
小泉亜矢子(気の強い生徒会長:記憶はそのままに肉体のみ操作)
高津めぐみ
 (何事も力づくで解決するスレンダーな体育会系少女:涼太のいうことをなんでも正しいと思わせエッチなレッスン)
松戸葵(博士号を持つドSの涼太の担任。爆乳。:涼太に性教育をすることが自分の使命と誤認させる)
倉橋梨花(まゆみの娘:まゆみともども母娘催眠)
二階堂沙也香・鴫山流奈
(女が街中でストリップするといった変な出来事を調査している女探偵と助手:
 公開オナニー、涼太をご主人としたう奴隷変化、公開調査と称し多くの男たちとエッチ。)

 1つ1つの催眠シーンの量は短く、ざっくりとしていますが、なかなか楽しめました。ゲームの方は上記キャラ以外にもモブキャラがたくさん出てくるそうで、いつか購入して感想を述べたいと思います。

TS魔女(ティーエスウィッチ)りえ×ノルン

2013.05.01

原作者:速野悠二
レーベル:チャンピオンREDコミックス
巻数:全1巻

【あらすじ】
 大魔女ハマリエルの呪いにより彼女と姿が入れ替わってしまった陰陽師・玖珂道満(くが みちみつ)が、玖珂の姿となってどこか去っていたハマリエルを探すために、覇魔(はま)りえと名乗り学園で知り合った聖なる力をもつベルクヴァイン・ノルン・藤原とともに魔を追い払うという話。

【操りのポイント】
 魔が取りついた人間が欲望に忠実になったり、魔を退治してもその体からでる淫気でりえが欲情するとかなどのシーンがあります。
 また、第3話においてミミズなどの蟲を使う蟲術師・土塚丘引が、彼の回想シーンにてあこがれていた担任のマリ先生に術を使って真実の姿に目覚めさす場面が出てきます。ただ、術をかけるシーンはなく、虚ろな瞳をしたマリ先生が裸エプロンになりひざまくらをしている彼を幸せそうに見つめているというシーンが出てきます(1ページもありません)。

 まあ、ちらっと操りのシーンがあるかなという感じです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。