スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UN-GO

2014.11.27

坂口安吾の小説「明治開化 安吾捕物帖」を中心に大胆なアレンジをして2011年に放映されたアニメ。全11話と劇場編「因果論」があります。公式サイトはこちら

 【あらすじ】
 終戦を迎えた戦後の東京。その東京で「結城探偵事務所」を営む探偵・結城新十郎はお供の少年・因果とともに推理力と行動力を生かし数々の難事件を解決します。しかし、事件の真相は表向き通信会社「JJシステム」会長・海勝麟六の推理通りの内容となっており、真実を知らない世間からは「敗戦探偵」と言われているのでした。

 【操りのポイント】
 まず、因果くんは事件の真相が高まると体の疼きが抑えられなくなり、大人の女性の姿になります。そして彼女に質問された人は、どんな質問でも必ず真実を答えられずにいられなくなってしまいます(ただし、その人に対し1つだけしか質問できません)。この問い詰めシーンはほぼ毎回登場します。

 あと、7話以降別天王という少女(?)が登場します。彼女は言霊使いで、持ち主としてみなした人が発する言葉を現実のように思わせる(幻覚・記憶操作・肉体操作なんでもあり)力があります。

 まず、7話で新十郎は刑務所にいる自称・小説家と名乗る男に面会するのですが、彼が発する言葉によって新十郎は映画カメラマンと思いこまされ、映画を撮り始めます。また8話でも小説家は新十郎を追いかけて刑務所にやってきた海勝梨江(海勝麟六の娘)と虎山泉(女検事)に対して囁き、梨江をお嬢様刑事、泉を梨江に仕えるメイドの助手と誤認させるシーンがあります。虚ろな瞳で小説家の言葉に堕ちていく2人の表情がいい感じです。
 また、別天王は最終回までちょこちょこ出てきますし、新十郎と因果の出会いを書いた劇場版「因果論」でも登場しその力を発揮します。

 作品の感想としては良作です(ただし推理物してみると微妙です)。毎回因果の力で真実を語らせるシーンもありますし、操りものとしてもいい感じではないでしょうか。
スポンサーサイト

アルジェントソーマ

2014.11.25

 2000年から2001年にかけて放映されたTVアニメ。25話と特別編1話の全26話。

 【あらすじ】
 2054年、地球に飛来した金属生命体・エイリアン。エイリアンは巡礼ポイントと呼ばれる謎の地点を目指して進行すること以外は全く謎の生物で、地球人はエイリアンと交戦した結果、多数の死者を出すという甚大な損害を受けたのでした。
 それから5年後、ユニバーサル大学の学生タクト・カネシロは恋人のマキ・アガタとともに、生体工学教授・ノグチのエイリアンの死体をつなぎ合わせた実験複合体フランクの蘇生実験に立ち会うことになります。しかし、フランクは突然暴れだし、マキやノグチ教授は死亡、タクトも重傷を負ってしまいます。
 
 最愛の恋人を失ったことからフランクへの復讐に燃えるタクトは謎の男と出会い、彼の協力の下、リウ・ソーマと名を変えエイリアンに対抗するため結成された特殊組織・ヒューネラルに入隊し、フランクを追い続けます。一方、フランクはある森でハリエット・バーソロミュー(ハティ)と名乗る少女と出会い……。

 【ポイント】
 9話
 ハティはのちヒューネラルの管理下に置かれるのですが、かつて彼女の親しい人が銃により殺されたことから銃声にトラウマを持っております。そのトラウマを解決するためにヒューネラルの基地司令ラナ・イネスは基地内のセラピストとともに彼女に催眠療法を試すのでした。ただ、実際に催眠療法を掛けるシーンはなく、イネス司令とセラピストの会話だけです。

 18話
 ヒューネラルの女パイロット・ギネビアの乗る戦闘マシン・ザルクが突然彼女の手を離れ暴走しだすというシーンがあります。ただ、操りかというと少し疑問があります。なぜ暴走したかは重大なネタバレになりますので記載しません。ただ、自分の思うがままに動かないザルクの様子にあわてるギネビアの表情はいいかなとは思いました。

 上記のように操りかというと微妙な感じがしましたのでその他で記載します。
 作品自体はきれいにまとまっており、途中で散らばった謎とかが最後できちんと解決されているのがよくて面白かったと思います。

EAT YOUR ON THE KILL! KILL!

2014.11.10

原作者:上高野御池
レーベル:エンジェル出版エンジェルコミックス「おしゃれ秘先生」に収録

 【あらすじ】
 私立糺の森学園に転入してきた吉本レナさん。そのかわいらしいお顔に男子生徒は大喜び。で、レナはクラスメートの女の子に学校内を案内してもらっている最中、学園の奥にある塔を見て、「あの塔は何ですか」と聞くのですが、その女の子は怪訝そうな顔で「近寄らない方がいいよ」と答えます。同じ時、その塔の中では銀の星同士会と呼ばれる一風変わった生徒たちがレナに注目しだすのでした。全2話。

 【操りのポイント】
 銀の星の誘いを受けるも謎の美女の手により何とか逃げ去ることが出来たレナ。しかし、教室に戻ると、銀の星に関わりたくない生徒たちが集団でレナを非難し、レナは涙を流してその場から逃げ去ります。校庭で泣きじゃくるレナの前に、スーツにマントを付け、シルクハットをかぶった格好の男が現れ、レナの不安定な心理状態を突き、レナに銀の星のすばらしさを雄弁に語ります。次第にそれに聞きほれていったレナは、その言葉にうなづいていき、男の愛撫を抵抗なく受け続け、恥ずかしいポーズをとらされていくのでした。

 途中にレナの瞳が虚ろになり、聞きほれるというコマがあるのですが、操りなのかどうか微妙なので「その他」に入れました。全部で2話しかないようで中途半端なところで終わってしまっているのが残念です。

妹でいこう!

2014.11.10

 OVERFLOW社が出していたエロゲーをアニメ化した作品。全2話。

 【あらすじ】
 数年前に母親をなくした吉住久志はクラスメートの美織と自分の部屋でHをしている最中、何かが墜落してきたような物音を聞きます。何事かと久志が外に出てみるとそこには見知らぬ女の子が。久志は少女の腰につけていた銃を取り出し、色々いじってみると、銃から何か光が飛び出し、光が美織に当たり、美織は気絶してしまいます。久志は急いで美織の下に行きますが、目を覚ました美織は目を輝かせて久志を「お兄ちゃん!」と呼ぶのでした。

 【操りのポイント】
 実はこの銃は人を好きな設定どおりに洗脳することができる銃で、少女・麻由美はこの銃を使って久志を洗脳して同居しようとたくらんでいたのですが、そのことを聞いた久志は洗脳銃を麻由美に向け、自分の本当の妹と思わせるように洗脳するのでした。

 洗脳シーンはあっさりしてます。ゲームの方は体験版しかしてませんでしたが麻由美の洗脳が解けかかってあわてて再洗脳するシーンとかはありました。

バンコク生活(3年目)

2014.11.09

 こんばんは、がるこじです。

 バンコクに来て来年1月末でちょうど3年間になります。日本本社の代表取締役社長より任期は3年間という約束で赴任したのですが、新規プロジェクトを始めるのでそれが落ち着くまでということで赴任延長になりました。多分あと2年延びて任期は5年になるでしょう。私と同時期にタイに赴任した日本人が3年の任期を終え日本に帰っていくのを見てちょっとうーんと思ったのですが、5年は覚悟したので仕方ないかなと思いました。

 まあ、バンコクの生活については結構楽しくやれているのではないかなと思います。そりゃあいくつか不満もありますが。特に1つ上げるとすれば交通事情(車の渋滞)でしょうか。世界三大渋滞都市とはタイ・バンコク、メキシコ・メキシコシティ、インドネシア・ジャカルタだそうですが(誰が決めたとか何で定義づけられているのかは知りませんが)、確かにひどい(ジャカルタには出張で行ったことがあるのですが、個人的にはジャカルタの方がひどかったと思います。メキシコシティには行ったことはありません)。1時間以上全く動かないときもあります。

 信号のシステムが貧弱(大きな交差点にミニハウスがあって警察官がその中で手動で信号を切りかえしていてひどいときには10分信号が変わらなかったり、変わっても10秒ですぐ信号が赤になったり)だとか、主要道路の道が狭いとか色々あるとは思いますが、個人的には交通公共機関(鉄道)が貧弱だからなんだろうなと思います。
 日本人向けのフリーペーパー「DACO」という雑誌があるのですが、2、3ヶ月前の記事でバンコク都内の将来の鉄道路線予定図が掲載されていました。それをみるとかなり広い範囲まで鉄道(高架鉄道、地下鉄、モノレール)ができるみたいで、これが完成されたら渋滞は少し改善されるのではないかと期待はします。ただ、記事では全路線完成まであと5年以内とかかかれていますが、タイの公共工事がすんなり終わったためしがない。多分10年はかかるのでしょう。

 そういえば先日記載した「今際の国のアリス」のクラブサンデー掲載分を見ました。催眠術を掛けられた人の表情がいい感じです。ただ、話の流れ上、あの催眠術師さんの生存勝ちはなくなった気がします(催眠術師さんが勝つとしたら、最期に生き残った時に正体を明かす流れになると思うので)。
 
 

いもーとコントローラー

2014.11.09

原作者:流一本
レーベル:ヒット出版社セラフィムコミックス「ちゃーむ・ぽいんと」に収録

 【あらすじ】
 いつも何か変なものを使っては妹に迷惑を掛ける兄。彼は今日もまた部屋にこもっては何かを作っている最中。料理が完成した妹は兄を呼びに行きますが、兄に変な首輪をつけられてしまいます。「これ、何?」とあきれた表情で兄に問いかける妹に対し、「これは人体操縦装置だ!」と力説します。しかし、妹は全く信じる気がない様子。そこで兄は見てろよとコントローラーを作動させますが、その瞬間、妹の頭の中がぼ~としだし、あそこがジンジンと疼き、しがみこんで自慰を始め、ついにはお漏らししてしまいます。兄は予想外の結果に頭を抱えますが、妹の痴態及び誘惑に理性が耐えられずおもわず抱きついてしまうのでした。

 機械による催淫ものです。

解放区~痴漢ハーレム

2014.11.09

出版社:フランス書院 美少女文庫(作品紹介ページ
著者:黄支亮
画:よし天

 【あらすじ】
 ある私鉄の新西東京市を6時40分、あるいは6時57分に発する電車の6両目で痴漢をされた女性が次々と行方不明になるという噂話が名門・白風館の女教師・槇原詩織にも伝わります。当然ながら彼女はそんな噂を一笑に付しますが、教え子の堀口真理菜の母から真理菜がここ数日行方をくらましているとの相談を受け、真里菜の部屋のパソコンの履歴をみると、そこには牝奴隷として見るからに肌もあらわな真理菜の姿と彼女をはじめ、数々の美少女たちが奴隷として商売されるアングラサイトがあるのでした。詩織は、このサイトや色んなところから聞き込みをして、噂にあった痴漢電車の存在が本当である事を知り、真里菜を連れ戻そうと乗り込むのですが…

 【操りのポイント】
 この後奴隷調教組織との話になるのですが、そのメンバーの1人(老紳士)が天才的な催眠術士です。彼が女の子に催眠をかけ、記憶を消して現実社会に戻したり、暗示を埋め込んであるキーワードとともに牝奴隷に戻したりするのですが、その催眠誘導方法は、まず、他のメンバーがそのテクニックやバイブ機などで、女を何度も頭の中が真っ白になるくらいいかせて、その間に特殊なお香をかがせて夢心地の中で暗示を埋め込むという形です。しかも、誘導は無理やりというわけではなく、「お漏らしをすることはとてもいいこと。あなたにとってはとてもすばらしいこと」というように自発的に行為を行わせるような感じです。詩織も暗示を埋め込まれ、キーワード(ある曲を聞くと)、人前でお漏らししたり、公衆面前で肌を露出したりするのでした。

 本著は270Pくらいあるのですが、その後半100Pくらいが催眠話です。キーワードが発動した後の、~したいという強い気持ちと、人前で~するなんでだめぇという気持ちが戦うシーンはなかなかのもの(当然前者が勝ちますが)。かなりお勧めです。

 なお、この小説作品ですがアニメ化されています。作品中では学園の入り口で真里菜が詩織先生とお話をしている最中に真里菜の携帯のアラームが鳴り、その瞬間彼女は瞳から生気が失われ、うつろな瞳で「行かなくっちゃ」つぶやいてふらふら歩くシーン(後催眠のようなシーン)がありますが、詩織先生の催眠調教シーンとかはカットされてただの痴漢物になってます。

イナカナかれっじ

2014.11.05

原作者:法田恵
レーベル:双葉社 アクションコミックス(全6巻)

 【あらすじ】
 桐山和樹は成績は優秀なれど、風邪を引いたり事故にあったりで大学受験に失敗し、唯一合格した科野大学に入学することに。楽しい大学生活を夢見て科野大にいった和樹の目の前に広がるのは見渡す限りの田園風景。いやいやながら生活を始める和樹ですが、学校や下宿先で数々の女性に出合う日々が続きます。

 【操りのポイント】
 2巻18話「学祭でどっきり」
 科野大でも学祭が近づき、和樹は準備に大忙し。そんな中、和樹は同じく科野大に通う地元の名物娘・田之上みづきと一緒に過ごします。お互いに相手のことを思ってはいるのですが奥手のために告白できずもじもじする二人、そこに知り合いでもあるオカルト研究会の女性(占い師)がやってきてみづきに催眠術(術は顔を両手でつかんで目を術者のほうに向けて凝視させる方法です)をかけます。
 催眠状態に落ちたみづきの前で占い師は彼女の写真を取り出し、みづきの前に出して「これがアナタの性的な心です。ほ~らこの中にはいっちゃいますよ」といって50音が書かれた箱の中にみづきの写真をいれて和樹に手渡します。占い師は和樹に何か50音のうち一つ言ってみてといい、和樹は試しに「あ」といってみます。するとみづきは「あっ。あそこを触る~~」といいつつあそこを触りだします。それをみた和樹は「じゃあ、い」と言うと「いっ。いじるぅ~」といいつつみづきはオナニーをはじめます。いつも清純なみづきのめったにみられない姿に興奮した和樹ですが、彼もまた占い師により催眠をかけられみづきに抱きついてしまうのでした。

 あっさりしていますがいい感じです。ぼーっとした表情のみづきさんがいいと思いました。

1分16秒08

2014.11.05

原作者:村生ミオ
レーベル:小学館 ヤングサンデーコミックス(全3巻)

【あらすじ】
 大学生の杉本陽一は早漏で、どんなにがんばっても1分16秒08までしか持ちません。そこで、大学で性を研究するサークルを見つけ性について勉強をすることにしますが……。

【操りのポイント】
 操り的にはその研究会に青山みどりさんという女性がいるのですが、彼女のお父さんは官能小説家で、なおかつ自分の書いた本を読む事によって人に快感を与えることができます。陽一と共にクラブのママに会いに行ったときは、お父さんが官能小説を1行読んだだけで、陽一は射精し、2,3行でママたちが悶えだし、1ページでみな失神します。

 ちなみにこの漫画、後半からは青山さんともう一人の女性の観客をどれだけ興奮させられるか勝負(リングをつくり、周りに観客を集め、解説者までいたり)とかあったり、その中で、握手をすることで相手の女性の指の性感帯を刺激して欲情させたりするという青山さんの秘技がでたり、他にも掌で枯れていた桜を喜ばせ満開に咲かせるじいさんがいたりとかなりおバカな漫画です。でも私はこういう話大好きです。

レズ催眠でちょっと思ったこと

2014.11.03

 こんばんは。がるこじです。

 レズ催眠でちょっと思ったことなんですが、女催眠術師が主人公のレズ催眠エロゲーって出ませんかね。

 といいますのも、先日18禁ゲームで「催眠パラノイア」というゲームの体験版をやってみました。
 この作品、痴漢を生きがいにする主人公が、電車のグリーンアテンダントをしている女催眠術師・サソリの弱みを見つけ、彼女の協力の下、女たちに催眠をかけて痴漢をするという作品なのですが、体験版ではサソリが電車内で出会った派手な服をきた女性を催眠で辱めるというシーンがありました。それが個人的には結構よかったのです。
 まあゲーム感想サイトによるとゲーム自体は痴漢が主体でそこまで催眠という感じはないようですので買おうという気はないのですが。

 ただ、女術師でいえば操心術シリーズの吉峰とか、MAIKAのゲームの女催眠使いとかありますけど、あれは作品中の一部でした(主人公は男)。ですので、女術師が次々と街中の女性を催眠で操る(調教する)とかあればちょっとやってみたいなと思いました。

アラド戦記 スラップアップパーティー

2014.11.03

 同名のネットゲームを元に2009年にテレビ東京系で放映されたアニメ。全26話。
(テレビ東京の公式サイトはこちら

 【あらすじ】
 アラド歴981年、ダークエルフの女剣士・ロクシーは、剣士アガンゾ、格闘士バライン・ランカ、ゼロス帝国からのお目付け役として派遣された少年剣士イルベクの4人で女魔物シロコ退治に成功しますが、シロコから発生した光を受けた人間が次々と鬼化する「カザンの呪い」という呪いが生じてしまいます。
 そのカザンの呪いから13年後、シロコ退治で力を失い謎の大剣に憑依したロクシーはその剣の持ち主となった鬼剣士バロン・アベル、バラインの孫でスタイル抜群の女格闘家リュンメイ・ランカ、天界からやってきたナルシストガンナー・カペンシス、まだまだ未熟な魔法使いの少女・イクシアらとともに鬼化を治す方法を探す旅に出るのでした。

 【操りのポイント】
 第四話 「陰謀!? エルブンガードシャッフル」
 この話からイルベクが組織した鬼騎士軍団がバロンたちの前に立ちふさがるのですが、鬼騎士軍団の三幹部の1人・ハルセンは横笛を吹くことで少年少女を操る力をもち、実際に街中の武器屋の少女を操り攫おうとするシーンがあります。虚ろな瞳でハルセンに向かって歩き出すシーンはなかなか。ただ、ハルセンのこの能力はこの話しかでてきません。

 第十六話 「ときめき!二人の距離は・・・」
 ゼロス帝国の皇女で鬼騎士軍団の三幹部の一人・ヒリア。彼女はリュンメイの幼馴染でかつてはバラインの下で格闘を学んでいた仲だったのですが、現在あることがきっかけで仲たがいをしております。で、彼女は同じ鬼騎士軍団のイルベクのことを密かに思っているのですが、それを影から見ていた彼女の使い魔・ブラックキャットはそうはさせじとヒリアお付の女性・ポーラを眼力で操りイルベクとヒリアそれぞれにお見合いをさせようとするのでした。
 ブラックキャットの赤く光る瞳を見たポーラの瞳も一瞬赤くなり、それ以降ポーラは抑揚のない話し方になります。この話のポイントはシリアスなキャラのイルベクやヒリアが騒動に巻き込まれキャラが崩れる(ギャグキャラになる)ところ。

 あと11話のバロンたちが夢の世界に入る話も操りっぽい感じです。
 90年代の夜6時や7時に放映してもいい感じの少し古臭いアニメとどこかの感想サイトで書かれていたのですが、確かにそんな感じがします。でもお気楽に見れて好きな作品でした。操りとは関係ない個人的な感想ですが、リュンメイさんってヒロインなのにあまり目立たない気がする。キャラとしては立っているはずなんですがなんでなんだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。