肉体操作ネタですが

2015.11.15

こんばんは。がるこじです。

 イブニングに連載中の山田恵庸「DEATHTOPIA」ですが、ここ数号に登場するチーター(シリアルキラーのこと)のリバースさんが肉体操作能力者です(最新号でどのように操るかは説明されております)。リバースの能力にて下着姿でお尻を突き出すポーズやワンワンポーズをとらされるを取らされる結衣さんはいい感じです。
 そういえばこの作品。指令官の村雨さんの能力も操りっぽい(というか毒注入により幻覚を見せる能力)。

それでは。
スポンサーサイト

ウチのムスメに手を出すな! 母娘ヒロイン奮闘す

2015.11.15

原作者:環望(作者ブログ
出版社:少年画報社ヤングキングコミックス(全3巻)

【あらすじ】
 20年前、ブロウジョブと呼ばれる怪人集団が世界を渾沌に導く中、エイスワンダーと呼ばれる未知なる力をもった美しきスーパーレディが現れます。彼女はブロウジョブと壮絶な戦いをつづけ、勝利した後、どこかへ去っていきます。
 そして20年後、平和が続いた世界に突然ブロウジョブが復活。ロボットや謎の怪人たちが暴れる中、現れたのは自らエイスワンダーと名乗る少女でした。TVにてその少女の活躍をみたある美熟女は防衛組織NUDEに向かいそこの司令官・ハンナに戦いをやめさせるよう懇願します。実はその美熟女は遥アテナといい、20年前に活躍した初代エイスワンダーで、今エイスワンダーとして戦っているのは彼女のムスメ・遥クララだったのでした。
 クララのピンチに20年前のスーツをきて駆けつけることになり、クララに知られぬよう再び戦場に立つアテナでしたが、そこに数々の怪人が現れるのでした。

【操りのポイント】
 第1巻(第2話)
 街中に突然現れた謎の植物。防衛部隊が必死に交戦するも、そこに虚ろな瞳をした女性たちがふらふらと植物に向かって歩きだします。植物は近づいてきた女性たちを丸呑みし、吐き出します。すると女たちは裸に植物のツタが巻きつかれた姿で現れ、男たちに襲い掛かるのでした。実はその植物は女性をフェロモンで誘惑し操り、男を襲わせ、エクスタシー時に生じるエネルギーを集めていたのでした。

 第2巻(7話、8話)
 猛暑の中、突然人が暴れだす事件が生じます。これは人に特殊なマイクロマシンをつけその人を凶暴化させるブロウジョブの女怪人・パペットマスターの仕業でした。今までに暴れだした人物の共通点からマイクロマシンの破壊を行うとするNUDEの面々ですが、実はクララにも……。
 また、NUDEの司令官・ハンナが一目見すえただけで相手を魅了し自由自在に操る力を持っていることがわかります。

 第3巻
 2巻の後半から登場する女怪人・アルテミス。アルテミスはアテナの後輩でアテナをお姉さまと慕い、私たちのいる場所に戻ってきてほしいと懇願します。きっぱりとアテナから断られてしまったアルテミスは、自分たちの世界に帰ろうとする最中にブロウジョブの首領・ゼノビアに捕われ肉体改造させられ操り人形(というか肉体改造を含めた快楽調教による操り人形化)となります。ゼノビアの配下になったアルテミスはアテナの隙をついて彼女をさらい、ゼノビアの前にアテナを運び込みます。そしてアルテミスと同様に肉体改造されたアテナは女怪人ディープスロートとなりクララの前に現れるのでした。

 作者の趣味満開の作品。クララも悪くないのですが何といってもアテナさんのむちむちっぷりがたまらないです。あと、怪人たちもなかなかいい感じです。操りの力は持っていませんが、影となって人の生活を覗き見する「ザ・リフレックス」(1巻)、一度カメラに収めた人の恥ずかしい過去を念写する「パパラッツォ」(2巻)、クララの同級生でクララへの密かな恋慕のために暴走する「ハニー・ザ・ハガー」(1巻、2巻)などなかなか魅力的です。
 作者のブログ等を見る限りまだまだやりたかったようですが、確かにまだまだ見たい作品です。
 操り的にはまあ良作と思います。

 アニメ化しないかなあ……。

操りネタというか幻覚ネタらしい

2015.11.02

こんばんは。がるこじです。

どうやらアニメの「ヴァルキリードライブ マーメイド」4話にて幻覚攻撃をする女性キャラが登場しているようです。

後日レンタルとか出るようになったらじっくり見てみます。
それでは。

ちょっと気になる作品を

2015.11.01

 ちょっと新作の官能小説情報を見てたらこのような作品が。

 竹書房ラブロマンス文庫 庵乃音人「催眠(仮)」 (情報源はこちら

 11月28日発売のようですが、どのような感じなんだろう。
 作者名で検索する限りディーゼルマインの「催眠、好きですか」で脚本を担当されているようなので多分悪くはならなそうですが。

ウォーキング

2015.11.01

こんばんは。がるこじです。

6月末に日本に帰って4か月になり、もう日本の生活に慣れてきてバンコクの日常が遠い昔に感じます。
日本に帰ってきてだいぶ生活が変わりました。

具体例をあげますと、以下のような感じです。
ゴルフをしなくなった
 日本に帰ってきてからコースどころか打ちっぱなしも行ってません。ゴルフクラブも引っ越し時に入れていた箱から開けておらず埃をかぶっております。
マッサージに行かなくなった
 タイでは毎週のようにフットマッサージに行ってたのですが、日本では全くいかなくなりました。理由としては高いからなんですが
 (タイでは1時間250バーツ(850円)前後でできるので毎週行っていました。)
毎日のように本屋かコンビに行って漫画雑誌や一般紙を覗くようになった。
 バンコクでは毎日は行きませんでした。
 (漫画喫茶があったり(トンローとプロンポンに)とか日本人がよくいく食堂に雑誌が置いてあったりするのでそこで日本の本が読めたことは読めたのですが、毎日はいけないので)

で、一番今の生活で大きく変わったのは
毎週ウォーキングを行うようになったことでしょうか。
 バンコクでは非常に暑いためウォーキングをやらずに昇降台運動やゴルフで体を鍛えていました。日本に帰ってきたときも最初昇降台運動で鍛えようとしたのですが、どうも今の住んでいる家では防音マットなどをひいても音がうるさいようで周りに迷惑がかかりそうなので他の運動に変えようと考えました。
 で、思いついたのがウォーキング。最初5kmくらいのコースから慣らしていき、距離を伸ばして15kmくらいは歩けるようになりました。それで、今までは適当に買った3,000円程度のシューズで歩いていたのですが、さすがに毎週やるとするならば専門店で足にフィットしたものをみつくろってもらおうと、昨日ウォーキングシューズ専門店で足を測定してもらいました。そこで初めて自分の足のサイズが今まで履いていた靴のサイズより1.5cm短いことを知りました。普通の人よりも足の甲の横幅がかなり広くまた高いので実際の足のサイズではきついから大き目のものを買っていたようなのですが、店員の方から足にぴったり合う靴を探してもらって購入(16,000円)。今日、ためしにそのシューズを履いて歩いてみました。すると、15kmでも全然疲れない。20kmで少しきついなあという感じです。靴を変えるだけでこんなに変わるとは思いませんでした。
 今の目標は来年の春に30kmのウォーキング大会に参加、秋に50kmに伸ばし、再来年に100kmに挑戦することです。

それでは。

英雄伝説Ⅵ 空の軌跡

2015.11.01

ゲームメーカー:日本ファルコム(作品紹介ページ
発売月:FC:2004年6月(PC)、SC:2006年3月(PC)、The 3rd:2007年6月(PC)

 【あらすじ】
 導力機(オーブメント)と呼ばれる技術が発達した架空の大陸ゼムリア大陸。その大陸西部にあるリベール王国を舞台に大陸に4人しかいないS級遊撃士カシウス・ブライトを父に持つ、エステル・ブライトとヨシュア・ブライトの姉弟(但し、ヨシュアは小さいときに孤児としてカシウスに拾われているので養子)は正遊撃士(ブレイザー)をめざし旅をするのでした。旅をする中、いろんな人に出会い、数々の事件に巻き込まれ解決していく2人でしたが、リベール王国では「身喰らう蛇(ウロボロス)」と呼ばれる謎の組織が暗躍しており……。
 FCとSCがエステルとヨシュアを主人公にした前後編作品(SCで物語はひとまず完結します)で、The 3rdがSCで登場した神父ケビン・グラハムと彼の幼馴染で女従騎士のリース・アルジェントを主人公にした外伝的作品です(エステル、ヨシュアをはじめFC・SCで登場したキャラたちも仲間になります)。

 【操りのポイント】
 FCで登場した某モブキャラが実は人の記憶や感情を操作できる能力持ちです。空族の首領や町のごろつきたちがそのキャラによって秘密裏に操られて暴走するというシーンがあります(ただし、誘導シーンとかはありません)。また、FCのラストで、ある重要なキャラも実はそのキャラの操り人形となっていることがわかります。そのキャラは自分の記憶がないままにそのモブキャラに情報を報告させられていたことを暴露されます。
 また、SCではそのモブキャラが実はウロボロスの幹部で、事件を起こした張本人であることが判明するのですが、エステルの先輩遊撃士たちも攫われた後洗脳させられ虚ろな瞳でエステルたちに襲い掛かるシーンがあります。

 ただ、誘導シーンとかはなく、操られた状態で登場するシーンが多いです(SCに1シーンのみあるかなという感じです)。
 虚ろな目のキャラたちはいいなと思います。

 なお、このシリーズ、1作1作が長く、私は3作クリアするのに170時間かかりました。ちなみに昨年12月末にPC版3作をを日本で購入しバンコクに持ち帰りちょこちょこやっていたのですが、先週ようやく三部作をクリアし終えました。この次のシリーズについてもPSVita版で購入しているのですが、まだ手を付けていません。4作あるのでクリアするのは多分来年夏くらいになりそうです。