近況

2016.04.24

こんばんは。がるこじです。

1つ作品を更新しました。

で、QC検定の3級に受かりました。
受けたことがある人からすると「3級かよ」と嘲笑するかもしれませんが、
会社からできれば2級最低でも3級はとってくれと言われましたのでほっとしています。

とはいえ試験後の自己採点で100問中94問正解していたので大丈夫とは思っていましたが。
で、次の試験が行われる9月に2級をとろうと思います。
テキストを見る限り3級とは段違いの難易度のようですが。

ただ、1級は挑戦しないだろうなと思います。
1級に挑戦するくらいなら英語の勉強を再開させたいです。

 それでは。
スポンサーサイト

アイドル強制操作 スマホで命令したことが現実に

2016.04.24

出版社:フランス書院 美少女文庫(作品紹介ページ
著者:河里一伸(公式ページ
挿絵:クリムゾン(作者サイト

 【あらすじ】
 クリムゾン原作の漫画を小説にした作品。挿絵は作者自身が行っています。
 爆乳アイドル・笹宮麻美(ささみや あさみ)の写真集を入手し、口がほころぶ鎌田紐男(かまた ひもお)は街中である女子校生・五條聖美(ごじょう きよみ)にぶつかってしまい、倒れてしまいます。地面に落ちた彼女の生徒手帳を拾おうとする鎌田ですが、お腹がぽっこりとした体型に眼鏡をかけジャージを履いている姿のため聖美から「触るなキモオタ」とののしられます。
 その後、電車内でスマホのゲームを始めだした鎌田ですが、近くにいた読者モデルをしている持田あずさから「私の写真を撮ったでしょ」と因縁をつけられます。反論する鎌田ですが、あずさの近くにいた黒髪大学生・黒羽みつに取り押さえられ、本当に写真を撮っていないか確認させられます。彼のスマホの中にあずさの写真はなかったものの、エロ画像が保存されていたためあずさとみつは軽蔑した目で彼をののしります。
 家に帰りながら今日は厄日だとつぶやく鎌田ですが、そこでおかっぱ頭のミステリアスな雰囲気をかもしだす謎の女性に出会い、相手を自由自在に操ることができるスマホをもらうのでした。

 【操りのポイント】
 スマホで操りたい相手の写真を撮り、その相手にメールを送ったりスマホのマイクを使って話すと相手はその通りに動いてしまうというもの。相手の肉体のみ操ることができ、記憶を消す、主人公を好きにさせるといった心を操ることはできません。また、操ることができるのは鎌田の好みの女性のみ(つまり男はもちろん好みでない女性もダメ)。
 
 で、彼が狙いをつけたのがあらすじにも出てきた4人。彼はどのように彼女たちを調教するかというとスマホの力を使った快楽攻めによる調教です。感度を上げられ今までのHとは比較にならない快感を味わったり、彼のアレを自分の中に挿入されると今までに味わったことのない幸福感を味わうとか(心が操れないのになぜ幸福感を与えられるのかは作中で説明されています)。この気持ちよさによって今まで彼に嫌悪感を持っていた女性たちは彼なしでは生きていられないようになってしまいます。

 作者の河里氏も今までの作品で快楽攻めを使った作品をを書いてきているので彼女たちの堕ちっぷりはいい感じ(特にそれまで罵っていたのにH後は彼をご主人様としたうようになってしまうシーンなど)です。
 ただ、4人とも同じような堕ち方になってしまっているかなとは思いました。
 あと、個人的な感想ですが、挿絵のクリムゾン氏は堕ちてとろんとした女性の表情はかけないのかなと思いました。全体的に鎌田の攻めに耐える女性の表情が多かったので。