スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波の奴隷

2012.11.26

ゲームメーカー:スタジオ邪恋(ゲーム紹介サイト
 発売月    :2008年1月

【あらすじ】
 地方のケーブルテレビ・白鳥テレビで働くADの音無順馬(かずま)は、毎日後輩への指導や番組の準備や出演者への対応で大忙し。
 しかし、ある日突然、彼は人の精神を支配し、どんな無茶な要求でも、どんなおかしな価値観でも受け入れてさせてしまう特殊な電波を発する力を習得します。あこがれの女子アナ・早乙女麻莉亜さんに電波の力を試し、その力のすごさを知った彼はTV局内の女たちに悪戯をはたらいてはエッチ三昧をしようとするのですが……。

【操りのポイント】
 操りの方法は体から電波を発して人に浴びせるというもの。彼の電波を受けた人は瞳が虚ろになり、順馬の思うがままに操られてしまいます。ただし、その力はTV局内だけしか使えません。たとえば、ロケで外に出た場合、いくら電波を使おうとしても発することができません。
 そのかわりTV局内であればその効果は凄く、集団を同時に操ることもできますし、欲情・誤認・肉体操作・記憶操作・人形化・年齢退化・レズ化・公開オナニーなどやりたい放題。記憶操作も簡単にできますし、強烈です。

 少し主人公が大人しいかなという感じはしましたが、TV局という限定された範囲でできそうなシチュエーションをこれでもかとつぎこんだ作品で、人を操るシーンが多々あり良作だと思います。あと、個人的に主人公の後輩ADである大戸田さんのキャラ(体育会系のサバサバとした性格)がツボに入りました。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。