おれのキングダム

2013.01.17

原作者:楠桂(サイト
レーベル:小学館ビックコミックス モバMANスペシャル
巻数:現在5巻まで

【あらすじ】
 クリエーター専門学校でグラフィックを学ぶ高橋吐夢(とむ)は、1か月前に母をなくしたばかり。母はいつも小声でしゃべっていた吐夢に対し「腹から声を出して生きなさい」と最期の言葉を残します。

 ようやく身の整理がついた吐夢は学校に通いますが、そこで出会ったのはいつも何かと吐夢につきまとう丸小野唯月(まるおの ゆつき)さん。今日もまたお弁当を持って来て一緒に食べようと誘ったり、ぱんつを洗濯してあげようかと彼につきまといます。そんな彼女のつきまといぶりに吐夢は思わず腹の底から「そんなにパンツ好きなら自分のパンツ脱いでかぶってみろよ」と叫んでしまいます。するとなんと彼女が人前でパンツを脱ぎだしてしまいます。なぜ彼女がこのような行動をとったのかいぶかしがる吐夢でしたが、彼の前にユスリラと名乗るエキゾチックな美女が現れ、彼女から実は吐夢がある王国の王位継承者で、その王位継承者には腹から声を出すことで女性を魅了し操る力を持つことを知らされるのでした。

【操りのポイント】
 腹から声を出すことで女性限定ですが操ることができます。行動操作だけでなく記憶や感情・性癖操作もできやりたい放題。各巻の操りシーンを簡単に記載します。
 
 1巻
 上記に書いた唯月さんのシーンのほかに学園内で思わず叫んだことから学校の女性たちがノーブラになったり、巨乳(?)の天愛先生に胸を隠さないで見せるようにお願いするシーンがあります。

 2巻
 天愛先生との間に起きた騒動により吐夢くんは婦警に取調べを受けるはめになるのですが、天愛先生について侮辱されたことを怒った吐夢は婦警に足上げて下着を見せるよう操るシーンがあります。で、2巻の途中から丸小野唯月さんを狙うレズビアンのお嬢様・安東春夏(とそのお付の凄腕の女SP・新垣さんと金城さん)さんが登場します。唯月さんを連れ去られてしまった吐夢はSP二人の追撃をかわすために二人を街中でストリップさせたり(この時の2人の発言がいい感じです)します。
 
 3巻
 3巻の前半においては吐夢が春夏さんの性癖・感情を操作するシーンがあります。そして後半においては結婚した男性が次々と謎の怪死を遂げる未亡人の藤峰子さんが登場します(ただ、峰子さんの話のときはあまり吐夢くんが声の力を使わないので操りネタ的には薄いかなと思います)

 4巻
 なんとか峰子さんの問題を解決した吐夢は安東さんとSP2人、及びユスリラさんの5人で居酒屋で飲むことに。ちょっと疲れた表情をする吐夢に対し金城さんは「歌えばすっきりするよ」と励まします。なるほどと思った吐夢はその場で心の底から「あなたの身も心もおれに捧げてくれたらいいのに」と歌いだします。すると金城さんはじめ店にいた女性全員が吐夢を誘惑し始めます。店にいた芸能プロダクションの社長・坂本の手によって何とか逃げおおせた吐夢ですが、坂本に脅迫させられ覆面ミュージシャン「歌声王子」としてデビューすることになるのでした。

 5巻
 歌声の力で女性に大人気の歌声王子。熱狂的なファンの行動によりたじたじになる吐夢ですが、次のシングル曲の歌詞を見て真っ青に。なんと死をイメージする言葉が多く含まれているためこのまま人前で歌うと女性たちが次々と自殺することは必至。もう歌声王子を引退しようと行動するのですが…。
 5巻の後半からは日本一のおもてなしと名高い温泉旅館の予約が取れた吐夢くんは唯月さんをさそい2人で温泉に。しかし、その旅館は来た客全員がおもてなしに満足後廃人となる噂のある旅館でした。

 6巻
 旅館の話の続き。旅館の真実を知ってしまった吐夢くんは急いでそこを去ろうとしますが、なんと旅館にユスリラさん、安東さんとSP2人まで来てしまいます。
 作中ではユスリラさんが吐夢くんの体の特殊なツボをついて動けなくさせたり、吐夢くんが女将さんの性癖(人をおもてなしすることに欲情する性癖)を声の力で直そうとするも勘違いして彼女を多感症に変えてしまい、キスをしただけで絶頂に導かせるシーンがあります。
 6巻の後半では、旅館の騒動で機嫌を損なった唯月さんに謝るために吐夢くんは彼女の家に行くのですが、丸小野家の次女で漫画雑誌の編集者を務める睦月さん(ちなみに唯月さんは四女)に連れられなぜか女性エロ漫画家・灰原レイナのもとに。しかし彼女は自分の作った漫画の美形主人公・ヒロトにはまってしまい自作品を無理やり終わらせようとするのでした。吐夢はそんな彼女に声の力で連載を続けさせようとするのですが……。
(なお、6巻については操りシーンは薄いです。安東さんの超絶レズビアンテクニックで女性を落とすシーンは見れますが。)

 いろいろと美女が出てきますが、この作品の真のヒロインはユスリラさんだと思う(というかユスリラさんエンドでいいと思うのですが)。6巻以降については多分電子図書のみだと思います。7巻以降はどうも目力で女性を魅了する男性が出てくるみたいです。

(2014年2月24日 2巻、3巻分内容追加)
(2015年2月8日 文章の構成を変更の上4巻、5巻分追加)
(2015年4月5日 6巻分追加)
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する