スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒会長姉妹を毒電波で堕としてみた

2013.02.14

出版社・ブランド:フランス書院 美少女文庫えすかれ(作品紹介ページ
著者:遠野渚(サイト
画:神無月ねむ

【あらすじ】
 月島智也(つきしま ともや)は小さいころから二つの不思議な力を持っていました。それは催眠術のように人を操ることができる力とものをある程度動かすことができる力。ですが、彼はあまり人から注目されたくないと学園でも省エネをモットーに平穏な日常生活を過ごします。
 ある日、そんな彼の前に生徒会長である祁答院庵里(けとういん いおり)が現れ、「月島くんの中の穢れ、滅せよ」と手に持った刀を抜いて襲い掛かってきます。智也は平凡な日々を取り戻そうと彼の能力を庵里に使いますが…。

【操りのポイント】
 操りの方法は、気を集中させて頭から伸びたくせ毛から特殊な電波を発生させそれを当てるというもの。能力は非常に強力で、人前で服を脱ぎたくなるとか、おもらししたくなるとか、ないものをあるように見せてしまう(幻覚)、触手プレイ、オナニーさせるなど。メインは庵里と彼女の妹である八重の2人ですが、途中、力が制御できないまま学園内の生徒たちが智也の毒電波の力で操られるシーンなどもあります。

 どんどんと智也の力でHに調教されてしまう2人の姿はいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。