R.O.D -READ OR DIE-

2013.03.10

2001年から2002年にかけて放映されたOVA作品。全3話。公式サイトはこちら

【あらすじ】
 読子=リードマンは神田神保町に住み、非常勤教師をしながらも寝るとき以外は本を放さない重度のビブリオマニア(読書狂)。しかし、その裏の顔は紙を自由自在に操り、“ザ・ペーパー”と恐れられる大英帝国図書館特殊工作部の秘密エージェントでした。
 ある日、アメリカ議会図書館が襲撃され、数冊の稀購本が盗まれてしまいます。その盗んだ犯人が「偉人」となのる特殊な能力者軍団であることを知った大英帝国図書館特殊工作部は読子に本の奪回を命ずるのでした。

【操りのポイント】
 その偉人たちがたとえば、ファーブルだとかリリエンタールとか玄奘だとか歴史上の人物なわけなんですが、3巻ではヴェートーベンが登場します。彼の作曲した「自殺交響曲・楽園」を聴いた人間は自殺をしたくてたまらなくなり、手に持ったカッターナイフで頚動脈をきったり、銃で頭をぶち抜いたりしてしまいます。

 全部で30秒くらいのシーンですので期待せずに見るのがいいかと思います。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する