操心術0

2013.05.25

ゲームメーカー:STUDIO邪恋(ゲーム紹介ページ
 発売月    :2011年1月

【あらすじ】
 操心術シリーズ第4作。
 誰でも自分の操り人形にしてしまえる不思議なコンタクトレンズ「青目」の存在が街中で噂になっている中、浜ヶ崎学園の入学式に現れた吉峰由宇(よしみね ゆう) は周囲を見回し「可愛い子多いな。楽しくやれそうだ」とうそぶきます。彼はどんな人間でも相手の感情・肉体・記憶その他を自由自在に操ることができる強力なマインドコントロール能力を有しており、彼は目をつけたクラスメートや上級生の先輩、美人女教師を次々と操り欲望を満たしていきます。

 しかし、そんな学園にも青目をつけたものがやってくるとの噂がたち、由宇は自分の楽園を守るためと立ち上がるのでした。

【操りのポイント】
 操り方法は眼力で由宇も青目を付けた人も瞳から光を発しそれを浴びた人が催眠状態になるというもの。かなり能力は強く感情でも肉体でも自由自在に操ってしまいます。また、エロのシチュエーションも人を操らないとできないようなシチュエーションが多く、人を操るという点からみると傑作ではないでしょうか。
 今までのシリーズ作品に比べるとキャラが丸みをおびており、かわいらしくなっております。あと、主人公の苗字からわかるとは思いますが、シリーズ名物のあのキャラが深く絡んできており、シリーズ恒例の催眠対決も描かれます。

 あとつかさ先輩の本性が現れた後のシーンがすごく好きです。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する