魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL

2013.10.12

ゲームメーカー:バンプレスト
 発売月    :1996年

【あらすじ】
 スーパーロボット大戦シリーズにオリジナルキャラとして登場し、人気を博した「魔装機神サイバスター」のキャラを使い、単独でゲーム化された作品。

 地球内部にある世界「ラ・ギアス」。ここは地上とは異なる文明・科学が発達している異世界。この世界にある大国「神聖ラングラン王国」に『巨大な魔神がラングランを滅ぼし、ラギアスに大きな災いをふりまく』との予言が発せられます。それを恐れたラングラン王国の科学者たちはプラーナと呼ばれる人の精神能力で動く人型汎用兵器「魔装機」を開発します。しかし、ラ・ギアスの世界の人間には大きなプラーナをもつものは少ないことを知ったラングラン王国は地上界から高いプラーナを持つ人間を召喚しようとします。

 ある日、日本人の安藤正樹(マサキ=アンドー)は神聖ラングラン王国に召喚され、ラ・ギアスのために力を貸してほしいと請われます。最初、戸惑うマサキでしたが、サイバスター強奪事件をきっかけに風の魔装機神・サイバスターの操者と認められ、闘いや仲間たちの交流のなかでラ・ギアスに自分の居場所を見つけていくのでした。

【操りのポイント】
 水の魔装機神・ガッテスのパイロット・テュッティ=ノールバックはかつて殺人鬼ルビッカ=ハッキネンに両親を殺されて心にトラウマを持っておりまして、ルビッカに再会した時にそのトラウマを突かれ催眠術をかけられてしまいます。虚ろな目の画面もあり悪くないのですが、ひとつ疑問なのはどうやって術をかけたのか。作品の中では、ルビッカが言葉攻めで押して、眼力の形で術をかけているようなんですが、お互いに魔装機にのった状態で会っている筈なんですよね。不思議だ。

 で、上記はSFC版のシーンですが、この後のリメイク版ではどのように表現されているのでしょうか。テュッティが操られるシーンがあるとは聞いているのですが、どのような表現になっているのでしょうか。リメイク版はしたことがないので見ておりません。
 
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する