スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆音ダイナマイトメロンズ

2013.11.03

【あらすじ】
 女性だけのロックグループ・サファイアガールズはプロモーターのベン・ターナーに海外公演してみないかと話を持ちかけられます。その話にのったサファイアガールズは、彼の家に打ち合わせと称し1週間ほど滞在する事になります。しかし、彼の裏の顔は兵器売買を行う死の商人で、彼は彼女達を使い武器の密輸をさせようとしていたのでした。しかし、サファイアガールズたちはそう簡単に彼の意のままに動くわけではなく、彼は最後の手段として知人のワーナー博士が実験用に作った催眠薬を試す事に。今まで彼にたてついていた生意気なサファイアガールズのボーカルは、催眠薬入りのワインを飲み、暗示を埋め込まれた結果、彼に忠誠を誓う忠実な僕になってしまうのでした。彼女の変貌振りに驚いたサファイアガールズのほかのメンバーはベンに何かされたと彼の部屋への潜入操作をする事に…。

【操りのポイント】
 無味無臭の薬による操り。ただ飲ませるだけではダメで、その後「あなたは私が指をならすと~したくなる」というように一定のキーワードを埋め込まないと催眠薬の力は発動しません。ただ、催眠の力は強大で、精神操作・記憶操作・肉体操作なんでもありで、人殺しまでもさせることができます。

 作品の内容としてはB級・C級のおばかなポルノ作品で、登場人物の頭のネジが何本も抜けているという感じです。個人的には催眠薬の特性を使ったサファイアガールズの逆襲シーンがなかなか面白かったと思います。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。