スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淫と陽 陰陽師の怪しい罠

2014.01.01

出版社・ブランド:祥伝社 祥伝社文庫(公式サイト
著者:黒沢美貴(公式サイト

【あらすじ】
 奔放な性格の春野夏美と男性恐怖症の春野冬花は表向きは化粧品や健康食品を経営しているものの実際は泥棒を生業にしています。今日もまた依頼主から依頼を受け、絵画などと盗む日々を続けます。そんなある日、依頼主の1人である中条から彼の妻の麻衣が天龍雨継(てんりゅうあめつぐ)という謎の陰陽師の占いにはまってしまい次々とものを貢いでいる事を聞かされ、もしよければ調査をしてくれないかと依頼します。
 夏美は彼の存在に興味を持ち、コネを使い何とか占いの予約を入れることに成功し、彼のもとに乗り込むのですが……。

【操りのポイント】
 雨継は音楽とお香をつかって人をリラックスさせた後、人の髪や何かを媒体に九字を切ることで能力を発揮するのですが、彼の最大の能力は相手に幻覚をみせる能力で、女性の眼の前に憧れの人の姿を見せたりするシーンがあります。また、夏美に対しては最高の男性がゆっくりと顔、首筋、鎖骨をなで、彼女の豊かな乳房をやさしく愛撫するような幻覚を見せ、雨継は全く彼女に触れることなく気を失うまで何度も絶頂に導くシーンがあります。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。