スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ・小説・ゲームの情報など

2011.07.14

 こんばんは。がるこじです。

 ここ1カ月半ほど、毎週2本づつ、レンタルビデオ屋でアニメの「機甲戦記ドラグナー」を借りて今日、全48話を見終えました。操りネタとかはありませんでしたが(最初からないとは思っていましたけど)、かなり楽しめました。前半のミリタリ風の作風と、後半の少しファンタジー風の作風とかなり途中で作風が変わりますが、個人的には前半の方が好きです。ラスボスの小物っぷりというか、人望のなさが非常に笑えました。
 ここ数カ月、鉄のラインバレル、ギガンティックフォーミュラ、ドラグナーと見てきたので、次は何にしようかと検討中です。ダイオージャ(全50話)あたりいってみようかな(この作品には操りネタがあるらしいですし)。

 では、操りネタ情報を
 
 まずは、漫画。現在発売している漫画雑誌・MUJINの8月号に掲載された、たらかん「いんぷてーしょん」という作品に周りの男を虜にするフェロモンを発する香水が出てきます。また、同誌の荒井アラヤ「逆催眠・妹」にてもっと活動的になって欲しい兄に妹がひもが付いた五円玉で催眠術をかけようとするシーンが出てきます。なお、この荒井アラヤさんは7月に「催眠メス犬学院」という単行本を出しているようです。私はまだ購入していませんが、近いうちに購入しようと思います。

 続いて小説。美少女文庫で「放課後催眠クラブ」という作品が8月に出るみたいです。ソースとしてはエロライトノベルwikiですが、まだ公式サイトには出ていません。そういえば、スタジオちゃれんというメーカーから夏に「放課後催眠倶楽部」というゲームが出るみたいなんですが、関係あるのでしょうか。

 最後にゲーム。
・7月29日にアトリエかぐやから、「禁断の病棟~特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録~」という作品が出るみたいです。どうやら主人公は、人の心を操り、その人間がタブーとして認識している行動を実行させてしまう能力を持つみたいですが、どうでしょうか。
・同じく7月29日に発売されるKAI「ブレイズハート」という作品に登場する、鬼姫というキャラの能力が「麻痺や催眠といった特殊な毒を操る」能力らしいです。
・9月30日発売予定のマリン「おっぱい学園マーチングバンド部! ~発情ハメ撮り活動日誌~」という作品に、写真を撮ると、撮った相手を欲情させてしまうカメラが出てくるみたいです。催淫のみだと個人的には微妙です。
・10月28日発売予定のLiLiM「魔法神姫リリカ」に登場する、帽子屋というキャラクターが、精神干渉タイプの攻撃を得意とし、主人公の回りの人々を操るシーンがあるみたいです。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。