スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mon!もん!!悶!!!

2014.01.03

原作者:山口かつみ(公式ブログ
レーベル:少年画報社ヤングキングコミックス

【あらすじ】
1990年ごろに「少年マガジンSpecial」に掲載されていた「悶々 MONJIRO」のリメイク作品。キャラクターの名前とかは変わっていますが、基本的な設定は同じです。話の展開も途中まで(4話)までは前作と同じなのですが、それ以降は異なっています。全1巻です。

 古の中国で後宮と呼ばれるハーレムを持っていた皇帝は性を楽しむがために7人の仙道師を呼び、研究をさせ性に関する秘伝、秘薬、秘術をまとめた秘伝書「陰陽秘宝大全」をまとめさせます。

 そして時は過ぎ、2010年の福岡にて、どうしても女の子にもてたいと高校生・三毛門紋次郎(みけかど・もんじろう)が何度もアタックをかけるのですが、憧れの湖住冴香(こずみ・さえか)にはそのたびに冷たい態度であしらわれ続けます。でも紋次郎はそんなことではへこたれず、絶対冴香ちゃんとつきあうぞと声に出し家(漢方薬屋)に帰った瞬間、父親から本を持ってきてくれと頼まれ書庫に入ります。その書庫の中で偶然「陰陽秘宝大全」と書かれた古い本を見つけた紋次郎は、本の中の男女の絡みの絵や、秘薬とか秘宝とか書かれた文字に興味をもち解読を始めるのでした。

【操りのポイント】
 陰陽秘宝大全に書かれた秘薬・秘宝が操りネタ。作中に出た秘薬を纏めて行きます。

 桃色的魔術手(第1話)
 前作にも第1話として登場したこの秘薬。特殊な漢方を配合した液体に手を一晩漬けると手がピンク色に光る。この状態で女性に触ると、淫らな気が女性の身体を支配し、性の野獣と化すというもの。つまりHな気分になるというもの。通勤時にバスの中で出会ったOLで試した時は、人前にもかかわらず自慰を始め大声でよがります。また、冴香ちゃんに秘薬を使った時は自分から服を脱ぎだしたり、Hなことをして欲しいと紋次郎を誘惑したりします。

 春酔吐息(第2話~第4話)
 前作では第2話に登場(ただし、前作では桃色吐息という名前でしたが)。十六種類の野草に十種類の酒を混ぜ熟成してできるもの。これを飲んで吐息をかけるとその相手は春の息吹に呼び覚まされたような幸福感を味わい、身に付けた全てのものを脱ぎだし生まれたままの自然な姿になりたくなるというもの。一言でいえば裸になりたくなるというもの。なお、解除のためには吐息の匂いを洗い落とすか、おっぱいを3回以上揉むかのどっちかが必要。
 
 前作でも作品中で一番好きな秘薬でしたが、やっぱりいいですこの秘薬。担任の黒塚希里(くろづか・きり。通称クロキリ。元ヤンキーで言葉使いは少しきついものの生徒思いのセクシーな先生)→クラスメートたち(男子・女子生徒全員のストリップ大会)→冴香ちゃんの順番で秘薬を使って行くのですが、吐息を嗅いで幸せそうな表情で服を脱いでいくシーンはエロイです。

 夢毛魂(第5話~第7話)
 この作品オリジナルの秘薬。対象とする人の髪の毛1本を用意し、漢方を混ぜた秘薬の中で溶かす。その秘薬を入れた瓶を妄想画(漫画など)の上に置くと、秘薬を作った人と対象の人は夢の中でその漫画の世界に入り込む事が出来るというもの(なお、妄想画のストーリーはある程度までは秘薬を作った人の思い通りに変える事が出来る模様)

 その後最終話になるのですが、ここでは特に秘薬はでてきません。


 えーっと、かなり多めに書きましたが、実はこの前作の「悶々 MONJIRO」については非常に思い入れがあります。第1話から最終話まで次々と出される秘薬により、女の子達がHな目にあったり、感情を操作されたりと小さい頃にこの作品に出会ってものすごく興奮した記憶があります。今でも操りものがある漫画で好きな作品3つ挙げろと言われたら多分「悶々 MONJIRO」は入れると思います。
 で、この「Mon!もん!!悶!!!」ですが、2008年にヤングキングで新連載の予告を見たときには非常にびっくりしました。自分の思い入れのある「悶々 MONJIRO」をリメイクするんだと。で、連載中は毎号楽しみに読んでました。春酔吐息とかは前作よりもじっくりと細かく書かれてましたし、掲載誌が少年誌から青年誌になりエロさも上がりましたし。ただ、実質打ち切りで終わった時にはショックを受けました。作者のブログを読む限りでは人気が無くて切られたのではなく、1話分のネームが没になった(夢毛魂のときに「有害図書」に反対する内容を織り込んだネームか何かを没にされたらしいです)のと近親者が亡くなって仕事が出来なくなったためやむなく作者の方から打ち切ったようです。

 1巻で終わったのは残念ですが、アイテムを使ってHなことをするという点では良い作品だと思います。


 ※前作の「悶々 MONJIRO」についてはWeb時代にアップしたデータを見直して、近い内にアップしたいと思います。ただし、かなり量は多くなるとは思います(全話の秘薬及びストーリーの紹介とかしていたため)。お待ち下さい。
 

 
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。