スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EROSサバイバル

2014.01.22

原作者:赤坂一夫(作者サイト
レーベル:秋田書店 ヤングチャンピオンコミックス

※この作品、1巻のあとがきを読む限り、小学館の「モバMAN」に掲載されていたそうですが、あまりのエロさに単行本化はできないといわれ、秋田書店に拾ってもらって単行本化したとのこと。

【あらすじ】
 一目で女性のバストサイズを当てることができることのみが取り柄のニート青年・設楽楽(したら・らく)は、コンビニで出会った美人女子大生・胡桃沢明日香(くるみざわ・あすか)にパートナーになってほしいと頼まれます。
 思わぬ美人の告白に驚く楽でしたが、よくよく話を聞いてみると男女のペアがHなゲームを勝ち抜けて優勝すると100万ドルの賞金がもらえるインターネット番組「EROSサバイバル」に一緒に出場してほしいとのこと。楽はあまりの胡散臭さに詐欺かと躊躇しますが、必死に頭を下げてお願いする明日香の熱意に負けて出場することにするのでした。現在2巻まで。

【操りのポイント】
 操りネタが出てくるのは2巻から。数々のHなゲームを何とか勝ち抜く楽・明日香コンビ。2人はいよいよ優勝そして100万ドルがちらりと見えてくるところまでやってきます。次の相手は何と前回優勝者で、日本とフランスのハーフである美人令嬢・小鳥遊(たかなし)シルヴィと彼女の執事で長身の美男子・渡蒼(わたり・そう)コンビ。
 そして今回の勝負内容は「EROS5番勝負」。5つのセクシーな対決で先に3勝した方が勝ちのルール。その2つ目の勝負は男性が相手チームの女性を攻め、どれだけ興奮させるかというもの。楽のシルヴィアへの攻めが終了し、次は蒼が明日香を攻めることに。これから起こることに緊張している明日香に対し、蒼は「目を閉じてください」とつぶやき、明日香の肩をゆっくりと揉みしだきます。するとあまりの気持ちよさに明日香の意識は次第にぼやけだし、体中の力が抜けていきます。実は蒼はシルヴィアに仕える前までは整体師の仕事をしており催眠術を掛けることができるのでした。
 蒼に導かれるがままゆっくりと眠りの世界に落ちていった明日香は、蒼の「私の言葉しか聞こえません。そして私の言葉には絶対に従ってしまいます」との言葉に「はい……」とうなずき、彼の言うがままHな言葉を言わされたり、Hなことをしてほしいとおねだりを言わされたりします。そして蒼の催眠術を使ったHな攻撃がまだまだ続くのでした。

 2話分まるまる催眠誘導と催眠Hのシーンが続きます。どちらかというと清純なタイプの明日香さんが、催眠術で淫らな姿に開発されていくシーンはかなりいいです。3巻以降もまだシルヴィア・蒼コンビとの対戦がが続くようなのでもう1回くらい催眠シーンがあってほしいところです。
 あと、1巻の後半から出てくる罰ゲーム用キャラとして登場する全身タイツの男・ドクロマンの能力もなかなか。彼はタイツから微量の電気を発することができ、その電気と女性の性感を知り尽くした攻めによりほとんどの女性を絶頂に導くことができます。ドクロマンの攻めを受けた明日香の表情もいいです。
 
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。