スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスノート ~リターン・オブ・ザ・メスノート~

2014.01.30

原作者:岡田正尚
レーベル:双葉社 (単行本未刊行)

【あらすじ】
 同作者のメスノートの後に起こった話。
 かつて、ある容疑者を射殺してしまい周りに迷惑をかけた捜査一課の村山佐和子は、名誉挽回しようと現在街中で起きている連続婦女暴行犯を逮捕しようと必死に捜索を続けます。ある日、都内アパートにてかつて派遣社員だったという男性の変死体が発見されます。捜査に出向いた佐和子はその現場で奇妙なノートを見つけ証拠物品として持ち帰ります。仕事場でノートを眺めてみると女性の名前が書いているだけ。ノートを置き、自分をフォローしてくれたあこがれの上司・高山管理官(既婚)のことを妄想した佐和子は思わずノートに高山の名前を書いてしまいます。
 証拠物品になんてことをとあわてる佐和子の前に高山がやってきて、佐和子の肩を触れつつねぎらいの言葉を掛けます。すると突然高山が佐和子の口を奪い……。
 なお、1話についてはこちらのページで読むことができます。(過去配信作品のページにあります)。

【操りのポイント】
 前作と同じく、本の効力の発動方法はやりたい相手を思い浮かべつつ本に本名を書いて、相手の体に接触するというもの。今回本の持ち主は女ですので男性が欲情し、佐和子に襲い掛かるシーンが中心ですが、ノートの力が発動すると佐和子の体もうずくようになってしまいます。
 で、最初の2話は佐和子がノートの力を知る話で、そののち数話はノートの力を使って婦女暴行犯の状況を聞くために男を誘惑する話で、ラスト数話は暴行犯の正体を知った佐和子が追い詰める話になります。
 また途中の話では、女に対してもメスノートを使い、レズプレイをするシーンもあります。
 
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。