スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィアードハンター

2014.03.10

出版社:フランス書院 ナポレオン文庫
著者:中笈木六(作者サイト
画:富士参號(作者サイト

【あらすじ】
 妖術師などが存在し、数々の邪悪な出来事が起きていた400年先の世界から、女妖術師・マシーナ・ミゲルとそれを追い詰めるウイアードハンターのキャナリーが現代の世界にやってきます。で、キャナリーは現代で出合ったウイアードハンターの少年・剣と少女・虎紅の2人と組み、マシーナの情報を集め出します

【操りのポイント】
 一方、マシーナは女子高に転校生として忍び込み、正門で出会った女理事長を眼力で操り、彼女の中の心にある欲望を吐き出させ犯します。そののち理事長は首輪をつけられ裸で四つんばいになって生徒たちの前で歩かされます。それ以外にもやさしい女教師が、本来もっていたサド的感情をマシーナによって引き出され、生徒のお尻を定規でたたくことで快感を得るようになったり、学園内で勤務している敬虔な巨乳シスターが、信念をマシーナに変えられ女の子とレズらされたり学校中の人間はマシーナの言いなりになります。
 で、その学校にキャナリー・剣・虎紅の3人は乗り込みますが、剣・虎紅はマシーナの周到な作戦により捕まり、妖術を掛けられ、2人は操られ、オナニーさせられたり、マシーナの操り人形とさせられたシスターや女教師らとHさせられます。しかもマシーナの命令なしではイクことができないままに……。

 個人的には富士参號さんの書いたメインキャラ3人(キャナリー、剣、虎紅)が某アニメのキャラにそっくりというのが非常にいやなんですが、それを除けばお勧めです。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。