赤い光弾ジリオン

2014.03.16

 1987年に日本テレビで放映されたタツノコプロ製作のSFアニメ。全31話。

【あらすじ】
 マリスと呼ばれる惑星に住む人類に対し、凶悪なノーザ星人が侵略を始めます。彼らの特殊な装甲の前に人類の兵器はほとんど通じず、人類滅亡の危機が訪れます。そんな中、マリス軍は古代文明の中から撃ち抜いたものの分子結合を崩壊させる力をもった3丁の銃を発見。軍はそれを「ジリオン」と名づけスペシャルチーム「ホワイトナッツ」の中の3人・JJ、アップル、チャンプに与えるのでした。

【操りのポイント】
 26話「しのびよる復讐鬼!」
ノーザ星人の研究者が開発した戦闘サイボーグ集団・ノーザウォーリアーのリーダー・ガードックが憑依能力を持っております。マリス星建国記念式典に潜入し、防衛をしていたマリス軍の兵士に憑依するシーンがあります(体の中に入っていくという感じです)。乗っ取られた兵士は青ざめた顔になりマリス軍を攻撃します。

 憑依ですし、そんなに長いシーンではありません。
 操りはこれくらいですが、この作品ホワイトナッツのメンバーを中心にキャラが非常に立っていて好きな作品です。お調子者の熱血漢で何をしでかすかわからないJJ、冷静な凄腕のスナイパーだけれどもJJと同レベルの喧嘩をしたりするチャンプ、お姉さん役(といっても齢はチャンプ、JJの間なのですが)としてバカ2人を取りまとめる格闘・射撃能力も優秀で容姿端麗なアップルの3人をはじめ、部下思いのゴード長官、太っているけどメカニックマンとして抜群の存在見せるデイブ、マスコットガール的存在だけれどもオペレーターの才能も高いエイミなど。キャラ同士の言葉の掛け合いもとても好きでした。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する