スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総攻撃TAC!

2014.03.31

原作者:ひんでんブルク(公式サイト
レーベル:松文館エースファイブコミックス

【あらすじ】
 数々の怪獣・宇宙人が地球を征服しようとする中、魔物に対抗するために背は低いが元気いっぱいの赤池正義、長身でスタイル抜群の青柳愛、おっとりしているがで成績優秀で力持ちの黄瀬友蔵、眼鏡をかけた少女・白川智慧らの学生達で結成された組織・TACの活躍を描いた作品。全2巻で一度販売された後、数年後に同社から1冊にまとめた総集編が販売されました。なお、操りがあるのは1巻だけです。

【操りのポイント】
 第1話
 街中で暴れる怪獣を特殊な兵器で倒して、一息休憩を入れるTACのメンバーたち。そんな中、智慧が「公園で怪獣があばれています」と伝えにきます。急いで公園に向かうTACのメンバー。すると、公園内のベンチで女の子2人がレズっていてそれをカメラ型の怪獣が撮っている場面に出会います。正義は怪獣に石を投げてすぐやめるように忠告しますが、怪獣は「おれが来たときにはすでにレズっていた。俺は金を出すからビデオ撮らせてくれないかと頼んで了承を貰っている」と反論します。なるほどと納得する正義達ですが、カメラ怪獣が「まあ無理やりやらせることもできるがな」とカメラを愛に向け光を発射させます、その光を見た愛は目を虚ろに息を上気させ、やめろとの正義の忠告も聞く様子もなく、制服を次々と脱ぎ、素晴らしい巨乳を正義達の前で露にしてしまいます。そして怪獣は愛にさらにあくどいことをさせようとしますが…。

 第4話
 ある休日、友蔵と智慧は2人で映画館で映画を楽しみ、その帰りに公園内を散歩します。そんな中、智慧はジュースの自動販売機を見つけ、ちょっとのどが乾いたからと自動販売機にかけよりジュースを1つ買い、飲みます。それを見ていた友蔵ですが、周りから性交している多くの男女のあえぎ声が聞こえるのを聞いて、もしかしてこのジュースのせいかと智慧に飲まないように言いますが、ときすでに遅し、智慧は体をもじもじさせて、友蔵に「Hしてください」と抱きついてきます。実は、これは人に多くの赤ちゃんを産ませ、人口を急激に増加させ、食料や資源を枯渇させることにより人類滅亡を図るというある怪獣の非常に気の長い作戦だったのです。

 第7話・第8話
 学園祭真っ只中、TACのメンバーも学園祭を楽しみ、皆で体育館で行われる演劇(ヒーローショー)を見に行きます。そこにいる怪獣のリアルな造型ぶりに驚く正義達ですが、その怪獣が口から触手を出し女の子を縛るのを見て、本物の怪獣だと気づきます。正義は愛に「ここは俺と友蔵でおさえるからひとまず何か兵器を持ってきてくれ」と忠告し、「わかった」と愛は体育館から駆け足で出て行きます。しかし、愛の目前には裸で倒れている女生徒たちの姿が。その姿に驚く愛の後ろに怪獣が現れ、愛を後ろから羽交い絞めします。何とか怪獣の姿だけでもと顔を振り向こうとしますが、怪獣の光る目を見た瞬間からだが動かなくなり、怪獣の「裸になって股を開け」との言葉に従ってしまいます。

 1巻はこれ以外にも愛が蟲の幼虫にあそこを噛まれてHな気分になる話とかあります。なお、2巻には人体切断とかグロイシーンもありますので注意を。

 で、ひんでんブルク氏は漫画家家業を辞められるようです(参考 togetterまとめ)同人等を含む絵描きの仕事はもうしないようです。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。