スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケてる刑事

2014.05.02

原作者:佐野タカシ
レーベル:少年画報社  ヤングキングコミックス(全9巻)

【あらすじ】
 念願の刑事になれた近藤武が配置されたのは、上司の甘糟美貴刑事をはじめとしてほぼ全員が美人女性という愛浜署。そんな中、彼は数々の(Hな)トラブルに巻き込まれるのでした。

【操りのポイント】
 2巻
 食べることが大好きなため最近お腹の周りに肉が付き始めたことが気になった鈴本まゆ刑事は、武と街中のパトロール中、TVですごくCMを流している有名なエステサロンを見つけ中に入ります。無料体験を申し込んだまゆは、女性エステティシャンから体の脂肪分を燃焼させるというドリンクを出され、それを飲み干します。すると体が熱く敏感になり、エステティシャンのヒールで踏まれてもそれがとても気持ち良く感じてしまいます。その後、悶えまくるまゆに対し、エステのオーナー(男性)が現れて彼女を襲おうとするのでした。
 媚薬ネタです。最後のオチが好きなのですがその後が見たかった。

 4巻
 武は修行に行っている警察メンバーを捜しに台湾(香港だったかも)に旅立ちます。しかし、武は島で最強の格闘軍団の抗争に巻き込まれ、四天王(内3人は女性)に目を付けられます。なんとか1人を陥落させたあと武は四天王が1人・ミーシャと対決します。ミーシャは人の体にあるツボを押して肉体を操ることを得意とし、武は体のツボを押されその場から動けなくなる代わりに体中の触感を増幅させられ、ミーシャからアレを摩られこの世で一度射精したら永遠に止まらなくなるほどの最高クラスの快感を与えられてしまいます。

 もしかしたらほかに媚薬ネタがあったかもしれません。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。