あまえないでよっ!!

2014.07.28

 ボヘミアンK・原作、宗我部としのり・画の漫画を元に2005年と2006年の2回にわたり放映されたアニメ。1期13話(特別編含む)と2期13話(タイトルは「あまえないでよっ!!喝!!」で特別編含む)の合計26話。アニメの公式サイトはこちら

【あらすじ】
 高校生の里中逸剛はある日、両親から半ば厄介払いに祖母・浄徳と6人の尼僧達のいる尼寺「賽円寺」に出されてしまいます。彼は一見頼りなさそうに見えるも、若い女性の妖艶な姿を見ると覚醒してしまい非常に強力な賽禅上人の霊力を発現させることができるのでした。しかし、逸剛はこの力の暴発を恐れ、自制に励もうとするのですが彼の力を狙って次々と刺客が現れるのでした。

【操りのポイント】
 基本的に逸剛や幽霊たちの強大な力に当てられて周りの人が暴走するという感じの操りが多いです。あと、1期と2期まとめて記載します。

 第1期第4話「怯えないでよっ!!」
 修行に励む逸剛、南部千歳(ヒロイン・人道菩薩の加護を受ける尼僧でホラー映画マニア)、阿刀田結子(修羅道菩薩の加護を受ける尼僧で、口よりも先に手が出る運動神経抜群の貧乳少女)、生稲雛美(畜生道菩薩の加護を受ける尼僧で面倒見のいい太眉少女)、為我井陽(地獄道菩薩の加護を受ける尼僧で、口数の少ない年下の少女)たちの前に「助けて…」と悲しそうに訴える少女の霊が現れ、彼らは幽霊騒ぎで知られる町の洋館へと向かいます。そこで逸剛たちは次々と怪奇現象に襲われて逃げ惑うのですが、少女から「お父さん」と言われた瞬間、逸剛たちの瞳から生気が抜けて
何故か5人が家族として生活をしているという幻覚を見せられるのでした。

 第1期第9話「歌わないでよっ!!」
 録音スタジオにとり憑いた悪霊の除霊を依頼された逸剛と千歳が、問題のスタジオで妖(あや)と名乗る女性の幽霊に出会います。彼女はCDデビュー目前で事故で死んでしまい、どうしてもCDを出したいとの未練で幽霊になっているのでした。彼女を成仏させるために逸剛は千歳の身体を使って妖がCDを出す事を提案し、CDデビューを果たし、ついにはコンサートまで開くことに。しかし妖の未練は残っており、彼女の妖気に当てられたコンサートの観客が暴走しだし……。

 第1期第12話「覚醒(めざ)めないでよっ!!」
 浄徳は大晦日を迎えたその日の夜、町中の煩悩を集めて一気に昇華させる「除夜の鐘」の鐘撞を逸剛に担当させます。しかし、逸剛が鳴らす鐘の音に尋常ではない数の俗霊が集まってきてしまい、その場にいた参拝客たちも俗霊や煩悩に影響され暴徒と化していくのでした。

 第2期第4話「ハニワないでよっ!!」
 逸剛が賽円寺に出されて1年がたち、陽も逸剛や千歳たちの通う高校に入学します。陽は、「ハニワ研究部」という廃部寸前の文科系クラブに入部し、逸剛や千歳、為我井さくら(餓鬼道菩薩の加護を受ける尼僧。陽の姉でメガネをかけた大飯食いの生徒会長)、及び陽目当ての多数の男子生徒らと山中の古墳発掘に出かけます。山中でいざこざがおきてしまい、古墳の中の祠が破壊されてしまい、そこに封印されていた古代の邪霊の影響で、男子生徒たちが暴徒と化して暴れはじめるのでした。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する