タイの生活についての実感

2015.06.22

 こんばんは。がるこじです。
 
 今週に3年半のタイでの勤務を終え日本に帰ります。
 今日、荷物を航空便で送付しました。
 部屋の中ががらんとしています。

 本については50冊ほど(催眠物が10冊、専門書が10冊、あと子供向け英語の本30冊)売りましたが
 500バーツくらい(1800円くらい)になりました。

 で、3年半のタイ(バンコク)生活を終えて感想なんですが、バンコクは住むにはいい街だと思います。
 食べ物はうまいし、都会だし(東京、大阪、名古屋よりは一段落ちるも、福岡や広島などよりは絶対都会と思います)、日本のものもたくさん売られていますし、飲むところも多いし、女と飲めるところもありますし。物価も日本より安いです。

 ただ、ダメな部分もたくさんありまして、何度もこのブログで書いていますが、渋滞が半端ない。鉄道などの交通機関がまだまだ未発達なため車だらけでイライラします。また、信号のシステムも日本のように自動化されておらず、大きい交差点に小屋がありそこで人が手動で信号を切り替えています。そのため、ひどいときには10分以上も信号が変わらないこともあり腹が立ちます。また、5分以上待って信号が青に変わっても15秒で赤になったときには涙がでそうになりました。
 でもまあ楽しかったです。

 日本に戻りますが、日本に戻ったらここ2,3年の催眠ネタが入ったアニメを見ていこうかなと思います。また、エロゲも少しやろうかなと思います。ただ、もう箱買いとかでなくダウンロード版で購入していこうかなと考えております。

 日本に帰ってネットにつながるまで少し時間がかかると思いますのでお待ちください。

 それでは。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する