スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おねがい・アンナ先生

2015.08.13

原作者:松山せいじ(作者ブログ
出版社:少年画報社YCコミックス

 【あらすじ】
 都市伝説で、童貞にしか見えないというサイトにアクセスしそこで「SEXYZ」と入力すると、身長並のバストを持つ超爆乳の咲良アンナ先生(童貞カウンセラー)がやって来て童貞をもらってくれるという話。全1巻で、そののち続編の「おねがい・アンナ先生P(プレミアム)」が全1巻で発売されました。

 【操り?のポイント】
 作品の後半にてアンナ先生に次ぐ2人目の童貞カウンセラーでツルペタ幼女体型の鍔木ハルナが登場します。彼女は今までの研究データと人の体にある特殊な性のツボを押すことでに、どんな男(女)でも快楽に導く事ができ、彼女とお相手した童貞の少年は身体の中から精液が出切るほどの快楽を与えられしばらくの間再起不能になります。また、アンナ先生はハルナと対立しますが、彼女からの爆乳への愛撫を受け絶頂に導かれあそこから愛液を垂れ流しの状態にさせられます。

 また、続編のPでは3人目のカウンセラー・朝顔うららが登場します。彼女もアンナ先生に負けない胸の持ち主で、相手を攻める事を得意としていますが、攻められると暴走し手に鞭をもちボンテージ姿になる機能を持っています。このときに手に持った鞭で相手のアレを叩くと、体中の体液が勝手にあそこに集まり、最後には射精してしまいます。

 なんでしょうか。操りというと微妙なのでその他で記載します。あと作中では童貞カウンセラーからせまられると童貞はカウンセラーのHな頼みを断れなくなってしまう設定があると記載されています。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。