スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

操りではないのですがちょっと作品紹介

2015.08.16

 こんばんは。がるこじです。
 操りではないのですが、最近読んだエロ小説で個人的につぼに入ったのが2冊ありましたので記載します。ともに同じ作者(高岡智空さん)で、二次元ドリームノベルです。
 
 「陽菜とママのラブハメエステ」
 「性感淫魔エステ」

 ともにマッサージ物で女性上位物です。主人公の少年が誘惑され責められ、エステの気持ちよさに溺れるという感じの作品です。で、男受けなので射精だけでなく前立腺責めとかもあります。前半の作品は人間(主人公)対人間(エステティシャンの母娘)なのですが、後半の作品は人間(主人公)対淫魔(サキュバスとかアルラウネとか)になります。
 
 以前のサイト時代から当サイトを見られている方はご存知と思いますが、私はマッサージネタが大好きです。受けるのも相手にするのも大好きです。マッサージを受けてとろんとした表情の人の顔を見るのが大好きです。AVとかだと催眠ネタよりもマッサージネタの方をよく見ます。で、これらの2作品ですが、主人公も女性陣(エステティシャン)も気持ちよさそうで非常に興奮しました。

 両作品ともよかったのですが、どちらが好きかと言いますと、「性感淫魔エステ」の方をおします。特にアウラウネのクローディアさんとの赤ちゃんプレイがよかったかなと。我慢しているはずなのにクローディアさんが主人公のアレをにぎにぎしながらカウントダウンされるだけで腰が勝手に動いてしまい射精し、さらに潮吹きするシーンはいいんではないでしょうか(操りっぽかったですが)。

 あと、ちょっと思ったことなのですが、あまり他の人って官能小説は読まないのでしょうか。今日、小説、漫画、同人誌やゲームの専門店を覗いて、官能小説で何かいいものないかなと探しました。で、15分ほど官能小説売り場にいたのですが全く客が寄り付かない。その後、軽く漫画とか覗いてみてちらっと官能小説売り場の方を見ても誰も客がいない。ほかの売り場には大勢の客がいたのですが、そんなに人気がないのでしょうか(もしかして、私の体臭がやばいのだろうかと思いました。それだったら申し訳ないです。気を付けます)。個人的にはエロ漫画やエロアニメよりも官能小説が興奮できるのですが。

 さて、明日から仕事再開です。日本にもどって1か月半たち、ようやく仕事場に慣れてきましたので、早く知識・実務を習得できるよう頑張ります。 
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。