みだら催眠術

2016.06.12

出版社・ブランド:竹書房ラブロマンス文庫(作品紹介ページ
著者:庵乃音人(作者ブログ

【あらすじ】
 義兄で専門学校のプログラミング講師を務める花村から喫茶店に呼びだされた26歳のサラリーマン・加納徹は、花村から「素晴らしいものを発明したと聞かされます」。発明に興味を持った徹に対し、花村は実験しようと徹に耳栓を渡し、それを耳につけるよう指示します。そして、花村の教え子で喫茶店でウェイトレスとしてバイトをしている真里が2人のテーブルに近寄った瞬間、花村は手に持ったリモコンを操作します。すると突然東南アジアの民族楽曲のような曲が店中に流れ出します。他の客も騒然としますが、花村が「何にも気にすることないよ」と周りに言った瞬間、客たちは何もなかったかのように会話をしだすのでした。
 そして花村は真里に対し、徹の前でオナニーをするように命じ、真里は言われるがままオナニーをはじめ、ついには店の中で通ると結合するのでした。花村が作ったのは聞いた人を催眠状態にする音楽だったのでした。
 その後、事故に遭遇し、後遺症でインポになった花村はインポが治るような興奮する映像を撮ってほしいと徹にソフトを渡すのでした。

【操りのポイント】
 操りの方法は3種類の音楽を聞かせること。まず、クラシックのような音楽を聞かせて人の脳にプログラムが導入されます。その後東南アジアの楽曲で人は陶酔感を感じプログラムが一気に頭の中に入り、術者の言うことに従ってしまいます。その後、童謡みたいな音楽を聞かせることで記憶を消去することもできます。

 で、徹が対象にしたのは彼の妻の美春と彼女の三姉妹の4人。妻の美春に対しては2人が一緒に働いている広告会社の中で他の社員を全員洗脳し、美春だけを正気に戻して公開H(美春は信じられないことにあわてますが、他の社員は何もないように日常業務を行うギャップがいい感じです)、また後輩社員も正気に戻してHをしたりします。美春の姉で教員を務める理彩は「思いっきりエロエロに授業をすること。エロければエロいほど自分の仕事に誇りに思う気持ちが高まるよ」と催眠をかけられ、正気の生徒たちの前でHな保健の授業を始めるのでした。
 そして美春の姉で前に旦那をなくして未亡人となっている麗子は、徹の催眠術で「銭湯に入り徹に尽くすことが亡き夫の供養になる」と記憶を改ざんさせられてしまいます。そして美春の妹で人気アイドルのまひろは、徹がセッティングしたアイドルイベントで際どい水着をつけさせられ、人前ですべてを脱いでさらけ出してしまうのでした。

 全員を催眠にかけて、対象者だけを正気に戻し(ただし、徹の命令には従う)まわりとのギャップに慌てふためかせるシーンが多いです。また、公衆の面前で辱めるシーンが多いと思います。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する