淫獣教師2

2017.04.23

【あらすじ】
愛液を糧とする植物を愛でていた生物教師の島崎は、ある日植物から蕾を植え付けられ淫獣になってしまいます。その後研究室にこもって体から触手を出している所を、偶然レポートを提出しに来た女子学生に見られ、仕方なく、触手で襲います。その後、数々の女たちを襲った島崎は、女教授の安西も手にかけます。学園内で起こった奇妙な出来事に調査を始める遥は友人の礼子と島崎の研究室に乗り込むのですが……。

【操りのポイント】
まず、島崎がレポートを提出しに来た女子学生に対し、糸をつけた5円玉を揺らすことで催眠術をかけ記憶を消し、また島崎が声をかけたらいつでも研究室にくるよう暗示をかけます。その後、安西先生も襲われた後、記憶を消されてしまいます(術をかけるシーンはなし)。研究所に忍び込んだ遥と礼子ですが、遥は島崎に操られた安西先生にクロロホルムで眠らされます。彼女が目を覚ました時には礼子も島崎の催眠術で操られ(術をかけるシーンはここもありません)、島崎の命ずるがまま遥を襲い、レズプレイをさせられます。

 催眠の扱い自体は少ないですが結構いいかと。残念なのは安西先生と礼子に催眠術をかけるシーンがないこと。あと、最初の女子学生が素面の時に島崎先生が声をかけたら催眠状態に入るシーンがあればなおよかったのに。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する