FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドSな生徒会長サマがMノートに支配されました。

2018.01.07

出版社・ブランド:フランス書院 美少女文庫えすかれ(作品紹介ページ
著者:鷹羽シン(作者サイト
画:有末つかさ(作者ブログ

【あらすじ】
 数多くの良家の子女が通う英淑学園。4月のある日、校内放送にて「みんなお昼が終わったら全校集会をするので講堂に集まること」と女性の声がし、生徒たちが講堂に行ってみるとそこには「僕はハレンチなHENTAIです」と書かれたボードを首にぶら下げ正座させられている1年生の毛利早太と祖父が総理大臣で長身にブロンドでかつトップモデルの母の美貌を受け継いだ爆乳の生徒会長・マイナ=マクマホン=姉小路の姿がありました。
 実は他の生徒たちがマイナに羨望のまなざしを向ける中、早太が彼女のあまりの美しさに見とれてしまい性的な視線を向けてしまったことからマイナに目を向けられ、毎日のように性的ないじめをねちねちと受けていたのですがある日彼女の足コキに思わず射精し彼女にかけてしまったことから、全校生徒の前でさらし者になり土下座して今まで起きたハレンチな罪を告白させられたのでした。
 その日の帰り、あまりの悔しさに「彼女は本当はドMでそれを見られたくないからドSのふりをしているんだ」と危ないことをつぶやきだす早太ですが、彼はあるゴミ置き場に「M」とだけ書かれたノートを発見します。早太はついそのノートを取り中を見てみると中にはアイドルに対する妄想が書き連ねてありました。実際、そのアイドルがその内容に書かれたスキャンダルで消えたことを思い出した早太は興味半分にそのノートを家に持ち帰り、思わず「少子化対策のために男が好きな女の子を奴隷妻にして結婚できるM奴隷法が制定され、そのキャンペンガールとして本当はMなマイナが早太にご主人様になってくださいと頼み込む」と妄想を書きます。

 そしてその翌日、早太のもとにマイナが奴隷にしてくださいとやってくるのでした。

【操りのポイント】
 常識変換もの。ただ、この世界が当たり前とまではいきませんが、納得いかない人も多々いるという感じです。作中ではTV局の女性アナウンサーが「女性を踏みにじる法律に賛成できません」ちTVで告発しますが、すぐに画面が止まり数分後には首輪をつながれ四つん這いで土下座して法律のすばらしさを語ったりします。なお、マイナは喜んで奴隷になることが当たり前という考えを持っています。
 
 作中では当初の強気な性格はそのままに、マイナは迫力満点のお尻を突き出し叩かれて喜んだり、本当はMであることを告白したり床に飛び散った早太の精液を喜んでなめたりします。さらに隷属を誓って彼に処女を捧げたりします。さらにマイナは首輪をつけて学校に登校し全校生徒の前で奴隷宣言をし、犬のように四つん這いで学校内を歩き回ります。
 そして学園内ではご主人様と奴隷の姿を見た生徒たちが次々と2人を見習い主従関係を結びだすのでした。

 マイナが喜んで調教を受け入れているので、嫌がるものを無理やり洗脳するというものが好きな人には向かないかなと思います。最後まで結構雰囲気は明るいです。

 で、この作品アニメ化されるとのことです。公式サイトの紹介ページはこちら。どうもアニメにはオリジナルキャラで会長補佐の志乃さんというキャラが出るようです。

 
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。