FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブメア♥

2018.04.15

原作者:赤月みゅうと
レーベル:テーアイネットMUJIN COMICS 全二巻(上下巻) (単行本紹介ページ 上巻 下巻

【あらすじ】
プリント回収をしただけでクラスメートに避けられるほど女生徒たちに嫌われている冠木旬(かぶらぎ しゅん)くん。それもそのはず。かつてクラスメートたちのアルトリコーダーを制覇したり(ぺろぺろしたり)、水泳中に更衣室に忍び込んでおパンティーをかぶったりくんくんしたりと前科たっぷり。そんな彼が休み時間中に校内を歩き回っているとそこに見知らぬ少女が学園内のいじめっ子からいじめを受けている光景が。間に入って少女を助けた旬に対し、少女は喜んで旬に感謝の言葉を言い、彼の家についてきます。
ラブメアと名乗る少女と意気投合した旬は趣味で漫画を書くのでそれを見せてあげると禁断の「クラスメートを題材にしたエロ同人誌」を見せます。するとラブメアの頭の上から1匹の羊が現れ、同人誌を食べてしまいます。「俺が長年描いてきたエロ同人を」と問い詰める旬に対し羊が目から光を発した瞬間旬は気を失ってしまいます。目を覚ますとそこは大きなお館でクラスメートたちが明度として彼に尽くす世界でした。

【操りのポイント】
旬が作った漫画の世界が現実化し、まわりがそれを受け入れるというもの。もちろんクラスメートたちがHな世界に巻き込まれます。簡単にどういう世界かを書いていきます。

 第一話
旬が大金持ちの末裔でお屋敷に住み、クラスメートたちが全員彼のメイドとして雇われ、彼に尽くす世界。委員長の山田柑那(カンナ)は旬の目覚めとともに朝フェラするわ、生でHしたり、幼馴染の桜は恥ずかしそうな表情するも彼とHし、アイドルの卵・白木杏は旬に気に入られようと自分からお尻を見せつけたりします。さらに旬は控室に向かい、ほかのクラスメートたちにもHな命令をしたりします。

 第二話
細菌テロで世界の男性が全員死滅し、旬のみがいる世界。担任の早川凜先生の指導の下、世界公認で性行為を題材にしたHな授業を受けるという話。
(ただ、これ以降も男性はまず出てこない世界になっていますが)

 第三話
女性が金を出して買春する世界になったらという話。下級生や凜先生、クラスメートたちが1回3万でHさせてもらえませんかと旬に頼み、最後には杏を通じ人気アイドルの「3CUTE」の3人が抱いてほしいと旬のもとにやってきます。

 ここまでが上巻でこれ以降が下巻です。

 第四話
旬が修学旅行先の温泉やホテルの部屋でみんなから誘われハーレムプレイする話。

 第五話
女性全員が裸あるいは水着で、おはようのあいさつがSEXの世界の話。つまり旬は委員長や杏に朝の挨拶をするたびにHをするという話になります。

 第六話
漫画でよくある女性が壁にはまってしまって抜け出せずHなことをされてしまうというシチュに対し、旬が調子に乗って男がはまるというシーンがあってもいいだろと漫画を描いてしまったところから、旬がトイレの壁にはまってしまってトイレに偶然やってきたクラスメートのみあとのあの2人にアレをしゃぶられ。かつ動けないところにやってきたハーフのアリスに顔面騎乗されるという話。

 第七話
旬の精液が飲み物と誤認される世界のお話。テニス部の朝練をしていた委員長はのどが渇いているのでとしゃがんで旬のアレをなめだし、杏や水泳部の広瀬さんたちにもせがまれ、ついには運動部の女生徒全員がやってきて……。

 第八話
小ネタ集みたいな話。まず、触られただけで絶頂してしまうほどのゴッドハンドを旬が持ってしまった世界の話、次に時間停止世界の話、最後にのあなどの幼めのクラスメートたちがなぜか旬の妹になり、近親相姦してしまう話。

第九話と最終話はラブメアとは何だったのかとかの話に移り、特に常識改変(最後にはありますけど)はなしです。

世界の常識が変わるというネタが好きであればおすすめ。個人的には大好きな作品です。下巻のあとがきで作者の以前の作品の「奴隷兎とアンソニー」でやりきれなかったネタを書きたいということでしたが、確かにそんな感じです(奴隷兎とアンソニーは近いうちにアニメ版も含め紹介したいと思います)。よく見たら男性全く出てきません。旬対複数の女性でハーレムのような感じです。

キャラ的には委員長のカンナさんがすげえエロくて性格もいい。で、この作品エロアニメ化しないのでしょうか。赤月先生の作品結構アニメ化されているのでこれのメイドのやつだけでもいいので見てみたいです。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。