超光戦隊ジャスティスブレイド2~世界制覇へのカウントダウン~

2012.10.28

ゲームメーカー:MAIKA(ゲーム紹介ページ
 発売月    :2005年7月

【あらすじ】
 超光戦隊ジャスティスブレイドの続編。
 前作で悪の秘密結社「アースシェイド」の大首領に就任した主人公がジャスティスブレイドの面々を洗脳・調教後、さらに世界侵略を進めます。それに対して新しいメンバーを加え再結成された新ジャスティスブレイドが立ちふさがるという話です。

【操りのポイント】
 操り的には前作に比べるとかなり失敗作ではないかと思います。というのも、今回捕えたジャスティスブレイドを調教するシーンにおいては、いろいろな怪人の能力を使って調教するのですが、アナル調教、拷問、触手といった能力を持つ怪人を使ったりするシーンが多く、催眠能力を持つ怪人が前作に比べると少なくなっています。
 とはいえ、アースシェイドの怪人の中でデットバタフライという女キャラがいまして、彼女がジャスティスブレイドメンバーを次々と催眠に掛けていくシーンがあるのですが、このとき、ささやくように暗示を埋め込むバタフライの様子はかなりくるものがありましたし、捕まえたキャラを前作にもあった洗脳装置に放り込んで洗脳するシーンなどもあります。

 ですが、なんと言うか前作より全体的に浅いという感じがしました。1回だけでなく、何度も催眠を深化させていけばかなりのものがあったとは思いますが。操り好きの方には前作の方が楽しめたのではないかと思います。

 おそらく、前作のアンケートなどから、1人のキャラにたくさんの怪人を襲わせられるようにして、MC好き以外にも女戦士好き、アナルフェチ、お漏らしフェチ、拷問攻め、レズスキーなどの客を色々と取り込もうとしたのですが、どれもこれもいまいち中途半端で、何が売りなのか分からなくなったという感じがしました。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する