日記

2017.09.24

こんにちは。がるこじです。

●今日更新したアシオミマサトのD-Medalなんですが、単行本にはもう1作品「Loveless Labyrinth after flower」という作品が入っています。でこの作品も操りっぽいなあとは思っているのですが、ティーアイネットのページ見ていたら同じ作者の「Loveless Labyrinth」という単行本の作品のその後談の模様。この単行本を購入したのち判断してみようと思います。


●で、月間少年チャンピオンの千明太郎「ヨメクラ」の最新話を見たのですが、思わず

 こいつ催眠術を使えるのかよーーーー!

と心の中で叫んでしまいました。1ページだけですけれども。
しかし、単行本も7巻まで出て全巻まではないにしても大半の巻で操りっぽい(正気を失ったり、淫らになったり、洗脳されたり、調教されてしもべになったり)シーンがあるので好きですこの作品。作中の女性キャラの名に数字の1から10がついていて単行本の表紙はその巻の数字の女性(1巻なら一ノ瀬さん、2巻なら二階さん、7巻は七曲さん)がメインに描かれるのですが、9巻は九尾さんを表紙に出すのかな?学園にはまだいるけどメインからは外れているのに。まさか9巻で再び脚光をあびるのでしょうか。ならまたあの特殊能力を生かしてヨメクラの生徒たちを調教してほしいのですが。

あとヨメクラ7巻にはドラマCD付特装版というのも発売されたそうで。私は単行本のみ買い、特装版は買いませんでした。で、公式ページに表紙と声優一覧があり見ていたのですが四倉さんと六道さんがいない。何で?不人気で外されたのでしょうかこの2人。
五十嵐さんとかオーガストさんよりはキャラ的に好きなのですが。

D-Medal

2017.09.24

原作者:アシオミマサト
レーベル:ティーアイネット MUJIN コミックス「D-Medal」に収録
      (作品紹介ページはこのページからアシオミマサトのページをクリックしてください)

【あらすじ】
 7月4日、窓から女子高生たちのパンチラをみてよろこぶかねあき。そんな彼に対し少し前から付き合っている関西弁なまりのスポーツ少女・高田ましろは手に持ったカバンで頭を叩いてたしなめます。小言を続けるましろに対しかねあきは「なら1回やらせろよ」と言い放ちますが、顔をあからめたましろは別の話をしようとします。そんな態度にかねあきはもういいと学校から出ていきます。
 その日、不思議なアンティークショップにはいったかねあきは店員から「相手に渡すと性的関係を結べる」メダルとをもらいます。一度試しにましろに渡してみるのですが何も彼女の様子に変わったところがなくがっくりするかねあき。それと同時にメダルを落としてしまい廊下に転がるメダルを追いかけます。そこで彼は学園内のアイドル有未桃香がメダルを拾うところを見るのですが、彼女からの「これくれるの?」との質問に「あげるといったら」と返答した瞬間、彼女は微笑んでかねあきをあいている教室に連れ込み、上着を脱ぎだし彼を誘うのでした。

 そしてかねあきは桃香のほかに水泳部の未来碧と水着Hしたり、生徒会長と生徒会でHしたり、チアガールの2人と3Pとか、英語教師で爆乳のマーガレット先生と濃厚Hや保険医の先生と赤ちゃんプレイ、放送委員の女の子を寝取りとか欲望のままにHをしていきます。
 しかし、もらったメダルを使い切った瞬間彼に不思議なことが起こり……。

【操りのポイント】
 メダルをあげるとその相手は彼のことをよろこんで受け入れてくれるというもの。ただしましろには効かない(作品中にその理由は記載されています)。で、効果は1メダルにつき1回射精するまで。で射精後さらにメダルを出せはさらにもう1回喜んでHをしてくれます。また効果が効く女性は学園内の人に限る(作中で外のコンビニのバイトに使ってみるも効果がないシーンあり)。
 で、一番のポイントは「よろこんで受け入れる」というところでしょうか。メダルを渡した瞬間に彼とHするのが当然でうれしいことと思ってしまうのはいい感じではないでしょうか。

 この作品のあともう1つ重要なところはメダルを使い切る前と後ろでがらりと話が変わる点でしょうか。操り的には後半は厳しい(何点か操りはあるのですが)です。ずっと前半のノリを期待されるとガクッと来るかもしれません。個人的には後半の話も結構好きですが。

 女の子たちの変わりっぷりが好きなので良作だと思いました。

人妻くずし 淫らなマッサージ(小説)

2017.09.17

作者:本城山羊
フランス書院文庫

【あらすじ】
 小さいころから三人の姉に苛められてきたことから生身の女性を目の前にしてしまうと緊張してしまう体質の志垣貴久(しがきたかひさ)くんは、就職活動43連敗中。実家からも帰ってこいと言われるもどうしても実家に戻りたくない貴久はマッサージ店「愛泉堂」の就職面接を受けます。

 面接中に女店長の鹿島紗千(かしまさち)さんから女の人が苦手なことを見抜かれた貴久くんはどうしてもここで働きたいと懇願します。女性のお客に施術することも多いため紗千さんから一度自分に対しマッサージの練習をし、それで問題なければ採用しますと言われ貴久君は施術室で練習をするのでした。マッサージは初心者ながら心を込めて施術を行う貴久くんは時間がたつにつれ紗千さんの背中をはじめ全身に固いしこりのようなものが見え始めます。とりあえずこの固いものを揉み解そうと手のひらをあて、ゆっくりと揉み解します。すると、次第に紗千さんの体がとろけだし、口から熱い息が漏れだし遂には彼女から貴久くんに疼きを止めてと懇願するのでした。

 実は貴久は女性のとろける部分を特殊なコリの形で見ることができる力を持っているのでした(紗千さんにはそのコリは見えない)。その力を使って、貴久は紗千さんと協力して紗千の後輩で生真面目な女教師・水菜良子、女子高生の雨宮のどかと彼女の母で夫との関係が冷め、離婚を検討している商社の女課長・雨宮陽子、かつて国民的女優と呼ばれたが夫とのセックスレスのため艶がなくなってしまった染島静乃、本番前に夫とセックスをすることで欲求不満を解消し女子陸上100mの五輪代表にもなるも、夫の勃起不全のためセックスできず力を発揮できなくなってしまった陸上選手・篠崎怜香などにマッサージをし、彼の特殊な力で全員をとろけさせ悩みを解決するのでした。

 マッサージによる催淫ですけれども、操りかといわれると少し頭をかしげましたのでその他で記載します。
 最初はマッサージの技術を持たない貴久くんに対し不満を持つも、次第に彼の隠された能力で淫らに悶えてしまう女性の姿がなかなかいやらしいです。

生存報告

2017.09.11

がるこじです。

4か月更新せず申し訳ございません。

今後、更新していきます。

それでは。

バンコクに出張します

2017.05.05

こんばんは。がるこじです。

催眠学園3年生クリアしましたのでデータを更新しました。

さて、バンコク出張ですが、7日(日)の飛行機で出張することになりました。明日、夕方に空港近くのホテルに入って1泊してそれから飛行機に乗ろうと思います。ですので、明日はチェックイン後、どこかの繁華街にいって飲んでこようかなと思います。

今のところ最大3か月の出張の予定ですが、会社の上司からは2か月で戻ってこいと言われております。
何とか仕事をしっかりと終わらせて帰ってきたいものです。

で、以前書いていた「つぐもも」ですが、第6話がギャルゲの話だそうで。あの話のオチが個人的には好きです。後日日本に戻ってきてから確認しようと思います。Dアニメなどで配信されているようですが残念ながら海外からは見れそうもありません。

それでは。